あまりにも私的な少女幻想、あるいは束の間の光の雫。少女少年・映画・音楽・文学・絵画・神話・妖精たちとの美しきロマンの旅路♪


by chouchou
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

タグ:阿久悠 ( 3 ) タグの人気記事

b0106921_2315594.jpg★『日本人はなぜ「さようなら」と別れるのか』という竹内整一氏による著書(ちくま新書)を昨年読み、たいそう感動いたしました。引用されている作家の言葉や作品に好きなものが多いのも嬉しく感じながら、またまったく知らない作家の言葉にも考えさせられ、やはり新書好きもやめられないと想いました。覚え書きとして留めておきたい箇所を幾つか。

先ず、「はじめに」という序文から一気に惹きつけられたのですが、それは昭和の歌謡曲史に多大なる功績を残してくださった作詞家、作家の阿久悠氏の言葉を引用されていた、その言葉が私の心に強く響いたのです。

「さよならは有能で雄弁な教師であった」
「人間はたぶん、さよなら史がどれくらいぶ厚いかによって、いい人生かどうかが決まる」


生活の中で、もう少し大仰にいって人生の中で、別れということに無自覚なら、感性をヒリヒリ磨くことも、感傷をジワッと広げることも、それに耐えることも出来ない。

人間の心というのは、いつも少し湿りけを帯びていなければならないのに、カラカラに乾かしていては味気ない。心に噴霧器で水分を与えるには、切なさや、哀しさや、寂しさの自覚が不可欠である。(中略)人の心にはさよならによって湿りが加わるのである。

阿久悠 『ぼくのさよなら史』 より

この阿久悠氏の言葉は、「さよなら」が孕んでいる重い意味を語っているものであり、同時に、時代に対する危機認識が阿久悠氏の根底にあり、なぜ「さよなら」を云わなくなったのか、それは「別れ」を自覚することもなくなったという現代人の悲劇を問うているようです。

そして、著者の竹内整一氏は、『日本人はなぜ「さようなら」と別れるのか』、なぜ、日本人は別れに際して「さようなら」と云ってきたのかと考察してゆくのです。私は今でも「さようなら」と会話の中で使っていることにも気づきました。「バイバイ」と気楽に別れのことばにすることもあれば、「それではまた」とかメール等では使うことも。けれど、子供の頃から、日常会話の中、学校の中で、例えば「先生、さようなら」とまた明日お会いするけれど、今日のお別れのご挨拶として何の抵抗もなく自然と云ってきた。でも、私の感覚は大いにして世間とズレていることも多々あるので、阿久悠氏の嘆きの如く、いつの間にか次第に「さようなら」は死語へと進んでいるのだろうか。そうであるならば、やはり寂しい。この阿久悠氏の『ぼくのさよなら史』は晩年に、『ミセス』に掲載されたコラム、エッセイのようです。私は阿久悠著作をまだ3冊しか読んだことがなく、この『ぼくのさよなら史』が後に、エッセイ集として纏められた作品が刊行されているのかも知らないので、ご存知のお方が居られましたら教えて頂きたいです。

★子供の頃から、「この曲の歌詞が好きだなあ」と想うと、その作詞家は阿久悠(1937年2月7日~2007年8月1日)であることが多かった。そんな私の幼き頃の阿久悠作詞の曲と云うと、桜田淳子であり沢田研二だと想う。永遠のアイドルである郷ひろみの阿久悠作詞の曲なら『いつも心に太陽を』が好き。でも郷ひろみは岩谷時子や阿木燿子の作詞曲に好きな曲が多いです。また、阿久悠氏は小説も書かれており、『瀬戸内少年野球団』は篠田正浩監督により映画化もされました。お美しい夏目雅子さんが主演の中井駒子を演じており、その夫の傷痍軍人、中井正夫役は郷ひろみで片足が不自由な役でした。郷ひろみは凛たる軍人役を他の作品でも演じており、それらの姿はやはり毅然たる軍人の美の姿として脳裡に焼きついています。死にゆく役ばかりだったと想います。そうしたことも、この御本を読みながら少女の頃の記憶や想いが色々と蘇り繋がり合い、今も考えています。次ももう少し、この『日本人はなぜ「さようなら」と別れるのか』のことを続けたいと想います。
[PR]
by claranomori | 2012-01-11 00:49 | 愛の花束・日本の抒情
b0106921_8391699.jpg
★まだ幼少の私が当時、この曲の意味をどのくらい理解していたのかは不明ですが、この美しい歌を聴き空で毎日流れていたのです。そして、母に買って貰った桜田淳子の最初のシングル盤でもあります。歌詞を見て歌を聴いては泣いていました。一途で純粋な乙女心をお花に託して歌われた素晴らしい名曲だと、今も思います。B面の『のっぽの恋人』も大好きでした。こちらはもっと明るいポップ・ナンバーです。共に作詞は阿久悠、作曲は中村泰士の黄金コンビです♪

★関連記事:桜田淳子『花物語』(1973年)★初めて美しい乙女恋歌に涙した名曲!桜田淳子は私の少女時代の憧れのお方♪ 『永遠のアイドルとガールズポップ愛好館(愛しきポップミュージック&ボーカル中心♪)』に動画や想い出などを少し綴ってみました♪
[PR]
by claranomori | 2011-02-05 13:50 | 少年少女の情景★昭和歌謡
b0106921_1935822.jpg
『クリスチーネ・F』は、クリスチアーネ・ヴェラ・フェルシェリノヴの手記『かなしみのクリスチアーネ』、あるいは『われらツォー駅の子供たち(われら動物園駅の子供たち)』を原作とした映画化。何から書き出せばよいだろう...という程、この作品から多岐に渡る想いがある。やはり、この映画を知るきっかけとなったのは、私の何処までもいつまでもヒーローであり続けているデヴィッド・ボウイ様のサントラから。ボウイはこの原作が出版された1977年はベルリンに住んでいた(かの「ベルリン三部作」の名作を作り出した時代)。実在するクリスチーネ.F.は1962年5月20日、北ドイツ生まれ。そして、この1981年の映画の中でクリスチーネに扮するナーチャ・ブルンクホルストは、1966年9月26日、ドイツ・ベルリン生まれ。日本公開は1982年。私は正しく思春期でボウイが出演していなければ観ただろうか...と想ったもの。かなりの衝撃を受けた!そして、陰惨たる想いの中、原作も買って一気に読み終えたものだ。この映画に主演している少年少女たちは初出演の素人の可愛い人たち。また、驚くべきことに、実在のクリスチーネもとても美少女だった!そして、12インチ・シングルをリリースしたりもしていた(そのバックにはアインシュテュルツェンデ・ノイバウテン(Einsturzende Neubauten)に僅か15.6歳の頃にメンバーとなっていたアレキサンダー・ハッケ(Alexander von Borsig)ことボルジヒもおり、当時のボーイフレンドだった)。ハッケはSprung aus den Wolkenにも在籍していた早熟の天才。こんな具合に繋がってゆくので面白い。
b0106921_19311997.jpg
13歳の少女の青春映画というにはあまりにも冷徹に監督は描き出す。クリスチーネの現実に向き合うことは死の直前であるという凄まじいもので、監督の姿勢には一切甘えのようなものは感じられない。故に、”ツォー駅の子供達”の心象風景がドキュメンタリーのようにヒリヒリと伝わるように想う。ウルリッヒ・エデル監督作品はこの映画が日本初公開で、その他『ブルックリン最終出口』や『ラスプーチン』など幾つか観ている。また、音楽の担当はボウイの9曲の楽曲の他、ユルゲン・クニーパーが参加している。ヴィム・ヴェンダース作品などでも有名なお方。こんな風に今の私にも大きな影響を与え続けるデヴィッド・ボウイという存在は、いったい何だろう!と不思議で仕方がない。お話が行ったり来たりするけれど、このクリスチーネの友人だったバブシーという少女の死が報道される。この実在のバブシーがまたとても美少女だったので、この早すぎる死(犠牲)が痛く感じられた。クリスチーネはデートレフ(この少年も可愛い)に恋をしている。このボーイフレンドが先に薬物に手を染める。そのお金を調達するために、彼は男娼となっていた...そして、この13~14歳の少年少女たちの生活は薬物依存に突き進んでゆく。これらのお話が全て実話であるということ。そして、実在のクリスチーネがその死を目前にその世界から脱却できたこと、其処に至るまでの心の空虚さや心理状態などを私なりに想う...良かった!死なずに。ボウイは映画の中でも”David Bowie”として出演していて、ベルリン・ツアーの中で『ステーション・トゥ・ステーション』を歌うボウイ(とても素敵♪)を、夢見心地に見上げるクリスチーネの表情が忘れられない。地下鉄のポスターで大好きなデヴィッド・ボウイのコンサートを知る。その時の微笑んだ愛らしい表情!その気持ちは私にもあまりにも伝わるものだったから。

地下鉄のプラットホームに一人残されたクリスチーネの目の前で、公演をしらせるデビッド・ボウイーの大ポスターが貼られる。それを目にした時の彼女の微笑。それは何といったらいいのだろう。実に ― それこそ神に対面した時の笑顔で ― 見事な微笑をうかべ、これが映画を通じて唯一の微笑である。

作詞家の阿久悠氏がパンフレットに寄せたものの中でこのように記されている。さらに、この映画に詩を感じるとも。なので、ポエメンタリーだと興味深いお言葉が記されていた。

家にいる時の私には、デビッド・ボウイーのメロディだけが安らぎだった。彼の曲を聴いているとき、私は”普通の女の子”に戻れた。

このように語るクリスチーネはヘロインに手を出し、転落の道を辿る。その姿をウルリッヒ・エデル監督は淡々と描く。これもまた、感じ方は世代感というもので様々だろうと想う。私は幸いにも薬物に縁のない、バブリーな世代を思春期として過ごしてきた日本人。だからと言って、”私には関係ないわ、こんな荒んだ世界の汚い少女たち”とは想わない!私自身とは違う世界、環境の人々の生活や心をこうして感じることができる。クリスチーネの心の闇や苦悩は分からないかもしれないけれど、想像したり思考したりすることは出来る。もっと、彼女に共感できる少年少女(だった人々も含めて)は、きっと想像以上に沢山世界中にいて今を生きているようにも想う。

クリスチーネ・F/CHRISTIANE F.
    1981年・西ドイツ映画
監督:ウルリッヒ・エデル 原作:カイ・ヘルマン、ホルスト・リーク 脚本:ヘルマン・バイゲル 音楽:デヴィッド・ボウイ、ユルゲン・クニーパー 出演:ナーチャ・ブルンクホルスト、トーマス・ハルシュタイン、イェンス・クーパル、クリスチーヌ・ライヒェルト、クリスチーヌ・レハル、デヴィッド・ボウイ
b0106921_1931633.jpg

[PR]
by claranomori | 2007-12-23 19:17 | 銀幕の少女たち・少女映画