人気ブログランキング |

あまりにも私的な少女幻想、あるいは束の間の光の雫。少女少年・映画・音楽・文学・絵画・神話・妖精たちとの美しきロマンの旅路♪


by chouchou
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
私は好きな作品を幾度と再見する癖がある。音楽で云うとそれらは「愛聴盤」であるのだろうし、本ならば「愛読書」というものになるのだろうと想う。夢野久作のあの不思議な文体と世界が好き。全作品読んではいないけれど、3回以上は読み返した作品が幾つかある。それらに共通するものが自分でも今は何となく分かっている。そういうお話が好きなのだ。

その中の一つに『瓶詰地獄』あるいは『瓶詰の地獄』があり、初めて読んだのは二十歳頃だった。その哀しい運命になんとも云えぬ優しいものを感じながら涙した。頭の回転がとてもゆっくりしているもので、トリックの妙に感動したのは後からだったけれど。漂着した三つの瓶。その中に封じ込められた三通の手紙。その手紙で構成される物語。「私達」というのは市川太郎とアヤ子である兄妹。海難事件により南海の離島に流れ着いた二人は兄11歳、妹7歳で、そのおよそ10年後。二人は抱き合って身を投じるしかない運命。手紙にはそれまでの様子などが書かれている。漂着する3つの瓶は書かれた順序(時間)が逆転している。悲劇の結末からその発端となる順序で漂着する瓶。

夢野久作というお方は僅か10年程の執筆活動。この私の大好きな『瓶詰地獄』を前後して書かれたものにも通じるものが多く、どれも好きなもの。この『瓶詰地獄』の初出は1928年の『猟奇』10月号とされている。その折の題名は『瓶詰の地獄』(その後、《の》が付いたり消えたりするけれど、私は通常『瓶詰地獄』の方を好んでいる)。それ以前、夢野久作というペンネームを使う前の作品に『ルルとミミ』という、やはり兄と妹が身を投じる哀しいお話がある。こちらはよりお伽話のような童話作品でもある(初出は1926年『九州日報』3月~4月連載号だそうだ)。海と湖、水の中で死にゆく乙女の姿はまるで「オフェーリア」のようで、私の脳内幻想が煌めく。夢野久作はエドガー・アラン・ポーのファンであったそうだけれど、ポーの『瓶のなかの手記』というもの、そして、『ルルとミミ』というと萩尾望都さまの作品(こちらは姉妹)なども連想して愉快。

『押絵の奇蹟』や『ドグラ・マグラ』にも通ずるもの。その他にもある「近親相姦」というもの、「兄と妹」。夢野久作のお話の中の少女たちは死んでゆく。兄であったり少女であったりと道連れがいる。世間からすると許されない禁断の恋ゆえに。けれど、当の二人は意図してのことではない。すべて運命《さだめ》だというものに悲哀を想う。また、夢野久作の描く少女たちの、聖と穢を併せ持つような少女像が私には夢幻的で薄儚く映り好き。聖と邪...その狭間にあるものは、なんと深く魅惑的であることか!

「近親相姦という、人類の想像し得る最も甘美な夢の一つに作者が耽溺している」 澁澤龍彦 「夢野久作の不思議」より

そんな幻想に耽溺されたがゆえに、地獄に落ちなければならない少女たちがいたのであろう。『少女地獄』のこともまた★

b0106921_1194820.jpg

by claranomori | 2009-09-27 10:18 | 本の中の少女・少年
b0106921_8461840.jpg
1981年のロバート・マーコウィッツ監督映画『ロングウェイ・ホーム』。この映画は当初はテレビ用に作られたものだそうだ。私は90年代になってから観たもので、既に主人公のドナルド(10代後半から青年期)を演じるこの映画の主役であるティモシー・ハットンは有名だし知ってはいた。けれど、この映画を観て好感を持てるようになったので思い出深いもの。この映画は”少年映画”とも云えるけれど、兄弟妹の離れても心の繋がりは断ち切ることはできないのだという”家族”という絆の尊さを奇を衒うことなく描いている秀作に思う。当時の私はこのような作風を優先して観ることはなかった(最初はロザンナ・アークエットをお目当てに観たのだから)。けれど、感動して号泣した。今感じるのは”アメリカの一風景”であるということに何か向かうものもある。このお話は実話に基づいたものだそうだし、このような子供たちが普通に暮らしているという現代アメリカという大国。そんなお話を新聞で読んで知るよりもずっとリアルに響くのはやはり映画な私。
b0106921_8464090.jpg
長男のドナルド7歳、次男のデヴィッド4歳、末っ子の妹キャロライン3歳という実の兄弟妹。娼婦の母親と職の定まらない父親に捨てられてから幼い3人だけとなる。そんな状況下に置かれた幼い子供たち。けれど、長男のドナルドはその日から弟妹の兄でありながら父親の役も担うことになる。どこから調達してくるのかコーンフレークやミルクなどの食料を分け与える。けれど、そんな彼らは施設に送られ里親の家へと離れ離れとなる。ドナルドはひと時も弟と妹のことを忘れることはなかった。擁護施設のカウンセラーの女性リリアン(ブレンダ・ヴァッカロ)にドナルドはしつこく彼等の居場所を尋ねるのだけれど、規則故に18歳になるまでは教えてもらえない。ドナルドは自分が18歳になる日をまだかまだかと待ちわびる。高校生のドナルドは美しい少女ローズ(ロザンナ・アークエット)と出会い、二人は卒業して結婚する。大切な妻との生活の中でもやはり弟と妹に再会できる日を願い続けていた。リリアンの尽力もあり先ず弟デヴィッドと再会。お互い成長した姿で兄弟なのにぎこちない様子に私は胸が熱くなるのだった。そして、名場面のひとつかな。幼い時、僅かな食料しかない日々。冷蔵庫のミルクをデヴィッドが勝手に全部飲んでしまった。再会した今、デヴィッドが飲み干す姿を見つめてあの日がオーバーラップするドナルドの心。妹キャロラインとは最後の最後でようやく再会!3人が時を経てまた抱き合うシーンをローズも優しく見つめている。決して大味ではないと思う。製作者であるリンダ・オットーはカウンセラー経験のあるお方で、リリアンの役どころにかなり彼女の視点を重ねることに成功しているようにも思う。私は女性なので、どうしても女性の目、視線を強く感じる傾向が過敏になって来ているようだ。女性だからすべて好きな描き方とも限らないけれど。ドナルドの子供時代を演じているのはウィル・ウィートン!後にリヴァー・フェニックスたちとの『スタンド・バイ・ミー』でさらに有名になったけれど、この『ロングウェイ・ホーム』(映画デビュー作のようだ)でも存在感を残しているので素晴らしい。親に捨てられバラバラになった兄弟姉妹たちは多い。それら皆がこのように再会できることは多くはないだろう。これは映画ながら現実の生活の中で見られることなのだ。里親が新たな家となる。そこで成長してゆく。けれど、”心の家”はただ一つ。あの汚れた顔の幼い子供たちの精一杯のコーンフレークとガランとしたテーブルが深く焼き付いている。きっと今もそんな子供たちが世界中にいる。それでも生きる子供たちに光をと願う☆
b0106921_847315.jpg
ロングウェイ・ホーム/A LONG WAY HOME
      1981年・アメリカ映画
監督:ロバート・マーコウィッツ 製作:リンダ・オットー、アラン・ランズバーグ 撮影:ドン・バーンクラント 出演:ティモシー・ハットン、ブレンダ・ヴァッカロ、ロザンナ・アークエット、ポール・レジナ、ウィル・ウィートン、ジョン・レーン、ボニー・バートレット、セヴン・アン・マクドナルド
by claranomori | 2009-06-05 08:12 | 銀幕の美少年・少年映画
b0106921_448210.jpg
マジッド・マジディ監督の1997年作品『運動靴と赤い金魚』の少年アリ君と妹の少女ザーラちゃんのいたいけな姿。修理してもらった妹のピンクの靴をじゃがいもを買いに行った帰りにアリはどこかで失くしてしまう。帰宅後、ザーラにそのことを告げるけれど親には言えない。ザーラはその靴が無いと学校へ行けないのだ。兄のアリも一足しか自分の靴はない。なので、ザーラが先に兄の靴を履いて登校し、その後アリはその靴を履いて学校へ...走って!走って!もう必死で健気すぎる。でも、どうしても遅刻してしまうので先生には叱られるのだった。そのザーラの靴は誤って屑屋さんが持っていってしまったのだけれど、ある日、ザーラは自分のピンクの靴を下級生が履いているのを見つける。そして、アリとザーラはそのお家をそお~っと覗く。その子の父親は盲目だと知り何も言えず引き帰す。とにかく優しい子たち!お家はとっても貧しくて家賃も滞納している暮らしながら、家族が慈しみ合い厳しい現実の中で優しさを他人にも忘れないのだ。”履いてゆく靴が無い”という状況は今の私達とは違うけれど、嘗てはそのような時代もあったのだ。日本の小学生達にもこんな映画を観て頂きたいなあ♪
b0106921_4484426.jpg
アリの父はあるお屋敷の庭の手入れの仕事にありつく。報酬は良いので”この仕事が続けていられたら何でも買ってやれる”と、アリが妹の靴を買ってあげてほしいとお願いしたのだ。しかし、人生とは上手く行かないもの。その二人の乗った自転車のブレーキが利かなくなり、街路樹に激突!父は大怪我をしてしまう...どうやら妹の靴は買ってもらえそうにはない。そんな折、アリは小学生のマラソン大会に出場することにする。3等の賞品が運動靴だったので!もうたまらなく健気で愛しいのだけれど頑張って頑張って走ったアリは優勝してしまうのだ。その大会には様々な子供たちが出場している。裕福な子供は運動靴が欲しいために出場するのではなく、出来れば一等賞になりたいだろう。アリはとにかく3等になりたいのだ...普通なら大喜びの一等なのに、アリは妹にも向ける顔がなく意気消沈して悲しむ。一生懸命走ったので一足しかない靴もボロボロになってしまった。笑顔の可愛いアリなのに、終盤のこの辺りは悲しい表情で辛い。しかし、疲れた足を水盤の中に浸す。すると、アリの傷ついた心と疲れた足を慰めてくれるかのように赤い金魚たちがアリの足に寄ってくる。美しい☆
b0106921_4482852.jpg
製作は児童少年知育協会というカーヌーンと呼ばれる機関が担っている。なので、この映画をイランの子供たちは無料で学校教育の中で観ているのだそうだ。子供も大人も一緒に観て感動できる作品。イラン映画が私は好きなのは、少年少女たちが主役の作品が多いので自然の成り行きのよう。でも、問題提起を含む作品もあるし、厳しい検閲の為に上映中止やシーンをカットされる作品も数多いという。性的な描写は勿論、イスラム教の管轄故女性の髪ひとつでさえ厳しいチェックが行われる。でも、子供を主役に問題提起を含む作品は辛うじて免除されることもあるようだ。

運動靴と赤い金魚/BACHEHA-YE ASEMAN
         1997年・イラン映画
監督・脚本:マジッド・マジディ 製作:児童少年知育協会 撮影:パービズ・マレクザデー 出演:ミル=ファロク・ハシェミアン、バハレ・セッデキ、アミル・ナージ
by claranomori | 2008-06-06 04:44 | 銀幕の美少年・少年映画
b0106921_035333.jpg
イングマール・ベルイマン監督の1982年作品である『ファニーとアレクサンデル』に出演していた可愛い少年バッティル・ギューヴェ!その妹役のファニーを演じていた少女ペルニッラ・アルヴィーン(Pernilla Allwin)も可愛い♪兄妹役ながら撮影当時11.12歳頃の同い歳のふたり。長い大作映画はヴィスコンティで慣れてはいるものの、これは凄い!でも、5時間強という長さなのだけれど最後まで魅入ってしまったのだから相性の良さを感じる。ベルイマン映画はどれも好きだと想っているけれど深いテーマや宗教的な色合いが濃いので幾度か観ては新たな発見や想いが巡るという繰り返しが続いている。劇場版の3時間強というものもあるそうだ。
b0106921_22215890.jpg
このアレクサンデル少年はベルイマンの少年時代ともいえるようで、父はプロテスタントの上級聖職者であったというので、この映画の中で主教を見つめるアレクサンデルと重なり合うようだ。また、ベルイマンは子供時代から人形劇がお好きで舞台装置なども作って遊んでおられたという...やはり並みの子供とは想えない。そんな場面も印象的に描かれている。私はセーラー服姿の少年少女たちが好き♪殊に少年のセーラー姿には異常に反応してしまう。そして、このバッティル・ギューヴェ君の顔立ちや瞳の愛らしさと共に、何ともいえぬ足の線の美しさが決定打!この映画でしか知らない少年だけれど大好きなのだ。
b0106921_2221056.jpg
大人たちもベルイマン作品の常連の俳優方を始め素晴らしいし、映像の美しさは全編を貫き澄み渡っていた。撮影はこれまた大好きなスヴェン・ニクヴィスト!!この幼いファニーとアレクサンデルが絶対服従の拷問を受けたりする。彼らを救うかの存在である骨董品店を営むユダヤ人のイサク・ヤコビという人物の存在。ユダヤ人の狂人イスマエルとアレクサンデルの幻視。キリスト教徒と異教徒のこと、美しい自然の景色、まるで不思議な夢の世界のよう。家族や人間ドラマを描いているのだけれど、愛や苦悩と共にどこかおとぎ話のようにも感じる。静寂で透明で美しい!さらに大好きな『叫びとささやき』は赤の色彩が印象的だけれど、この 『ファニーとアレクサンデル』は雪や森の風景、衣装や髪の色(美術)など...白と黒という色彩(特に白かな?)が私には強く残っているベルイマンのカラー作品☆

ファニーとアレクサンデル/Fanny och Alexander
b0106921_23273737.jpg1982年・スウェーデン映画
監督・脚本:イングマール・ベルイマン 撮影:スヴェン・ニクヴィスト  音楽:ダニエル・ベル 出演:バッティル・ギューヴェ、ペルニッラ・アルヴィーン、グン・ヴォールグレーン、エヴァ・フレーリング、アラン・エドワール、ハリエット・アンデション、レナ・オリン、クリスティナ・ショリン、アンナ・ベルイマン
by claranomori | 2008-03-19 23:37 | 銀幕の美少年・少年映画
b0106921_5451832.jpg
10万部以上のベストセラー(日本で)となったベン・ライスの小説の映画化。オーストラリアでのタイトルは『OPAL DREAM』。嘗て『OPAL』という素晴らしいロック・グループがいたことなども想いながら、異国の広大な地を舞台に描かれる兄と妹、家族や大人たち、社会との絆を心温かく描かれた名作に涙する(泣いてばかり)。21世紀の『星の王子さま』と絶賛された原作者のベン・ライスも製作に携わっている。監督は『フル・モンティ』(これまた傑作!ロバート・カーライル主演の英国コメディ)のピーター・カッタネオ。主役はこの作品が初出演のクリスチャン・バイヤーズとサファイア・ボイスで、自然体の姿がこの優しき世界にピッタリだと思う。オパール採掘で有名なオーストラリアのライトニングリッジという町に暮らす、11歳の少年アシュモル(クリスチャン・バイヤーズ)と9歳の可愛い妹ケリーアン(サファイア・ボイス)。兄アシュモルには悩みがある。それは、妹には架空のお友達の”ポビーとディンガン”がいるのだけれど、ある日”いなくなった...”と悲しみ病気になってしまう。弱ってゆく妹の姿を見かね、ひとり”ポビーとディンガン”探しを始めるのだ。たまらない!この少年の健気さと勇気と妹を思う優しい心☆少女ケリーアンはイマジナリー・フレンドがいるのだ。アシュモル少年の行動は町の大人たちの心までをも動かし遂に奇跡が・・・。

こういうお話を絵空事だと思う人もいれば信じる人もいる。私はひとり遊びの好きな子供だったので、このケリーアンの気持ち、病気になるほど心配で不安な気持ちが伝わる。このお話が好きなのは、やはり”目に見えないもの”を信じる心のように想う。大人になるにつれ、社会の規制や機構の中に組み込まれてゆく...私はそういうことに対応できないので今こうして赤字だらけのお仕事をしているのだろう。また、言い換えれば”落ちこぼれ”とも言えるだろう。でも、この機械文明の中でこの尊いファンタジーがまだ通じるのだということも事実。なので、この小説は世界中で多く読まれこうして映画にもなったのだから。この広大な砂塵の舞う、七色のオパールがキラキラする土地。映画を観ている1時間半程の時間と余韻の刻のみながら、この見知らぬ真っ青な空の土地を疑似体験できる。あまりにも素晴らしい!これが読書や映画の大好きなところ♪
b0106921_5454858.jpg

”このストーリーを語らなくてはならない”と思ったんだ。

私を惹きつけたのは、この作品で描かれている、信頼、信念、夢、喪失、愛・・・そして家族という、重要で普遍的なテーマだった。これらは、全ての文化に通ずるテーマでもあるんだ。

この素晴らしいストーリーは、集団的無意識の根源に訴えかける。終盤のポビーとディンガンのお葬式のシーンは、映画的カタルシスと同時に、ある種の寓話的な印象をもたらすだろう。その感覚と、アシュモルがたどる道のりの切なさ・・・。彼の少年らしい勇気と、彼が思いつく気まぐれな解決策、それらすべてが強く心を揺るがすんだ。

(監督のインタビューより)


ポビーとディンガン/POBBY AND DINGAN
  2005年・オーストラリア/イギリス合作映画
監督:ピーター・カッタネオ 原作:ベン・ライス 脚本:フィル・トレイル 撮影:ロバート・ハンフリーズ 衣装デザイン:ルース・デ・ラ・ランド 音楽:クリスチャン・ヘンソン、ダリオ・マリアネッリ 出演:クリスチャン・バイヤーズ、サファイア・ボイス、ヴィンス・コロシモ、ジャクリーン・マッケンジー

ポビーとディンガン/ベン・ライス
ぼくは思いついた。認めるのはしゃくだけれど、ケリーアンを元気にするにはポビーとディンガンを見つけるしかない。そして、ぼくは行動を起こした。「妹が病気のため、日々弱っています。どうか手を貸してくれませんか!」はじめはみんなバカにしていたけど、そのうち、町のひとたちがほんとうに、本気でポビーとディンガンをさがしてくれた。幼い妹の架空の友だちを必死にさがしつづける一人の少年。求めたさきに見つけたものは、悲しい死だった。せつなくて、あたたかくて、いとおしい。やさしい涙をさそう世界一かわいくて、けなげな兄と妹の物語。(「BOOK」データベースより)
b0106921_5453239.jpg
       ♥とっても可愛いケリーアンちゃんとアシュモル君♪
by claranomori | 2007-12-06 06:52 | 銀幕の少女たち・少女映画
b0106921_3572351.jpg
1976年 アメリカ/ロシア(旧ソ連)合作映画

監督:ジョージ・キューカー
製作:ポール・マスランスキー
原作:モーリス・メーテルリンク
脚本:アレクセイ・カプレル、ヒュー・ホイットモア
撮影:ヨナス・グリッツィウス、フレディ・ヤング
音楽:アンドレイ・ペトロフ、アーウィン・コスタル

出演:エリザベス・テイラー、トッド・ルッキンランド、パッツィ・ケンジット、エヴァ・ガードナー、ジェーン・フォンダ、ナジェジダ・パブロワ、マルガリータ・テレホワ、ロバート・モーレイ、ハリー・アンドリュース、シシリー・タイソン、モナ・ウォッシュボーン、スティーヴン・ワーナー

b0106921_6324250.jpg青い鳥/THE BLUE BIRD
★ベルギー生まれのフランスで死去された詩人・劇作家・哲学者、ノーベル文学賞作家でもあるメーテルリンクの原作を、冷戦時代に初のアメリカ・ソ連合作の映画として製作された作品。小学生の頃に読んだ『青い鳥』。兄と妹のチルチルとミチルの青い鳥探しの旅は、今も忘れられないお話のひとつ。こうして回帰してゆくこと、懐かしい想い出たちを呼び戻すことができることを、とても嬉しく思う。全くの個人的な気持ちながら♪探しているもの、必要と思うもの、大切なもの...すぐ傍にあるものだと、今こうして幼い頃に読んだ童話の世界から教えていただくことができる。なんて!素敵なこと☆と夢幻の世界と今を生きる現実の世界の私は歓喜する。

素晴らしい豪華なキャスティングとスタッフ方。ミュージカル映画とされているようだけれど、実はミュージカル色は敢えて抑えられて作られたような展開。当時、7.8歳だった頃のパッツィ・ケンジットがミチル役で可愛らしい♪チルチル役の少年はこの映画がデビューとなる10歳の美少年♪脇役はハリウッドの大物女優方やソ連を代表する俳優方、英国映画『星の王子さま』のスティーヴン・ワーナー坊やもゲスト出演と豪華絢爛!リズ・テイラーは”大人にこそ、大切な物語です。”と4役で出演されている。リズ44歳の頃、とてもお美しい!!そして、小さな子役たちは大健闘。お衣装やセットも美しく、バレエのシーンは少ないけれどソ連側からは当時のレニングラード・バレエ団が参加と、夢のような作品☆出演の女優さまに好きな方が多いので、もう全てにうっとりな大好きな映画なのです♪ラストのチルチルの”みなさんのうち、どなたでもあの鳥を見つけたかたがあったなら、どうかぼくたちに返してください。(幸福のために)必要なんです。”の名台詞☆

b0106921_435262.jpg
♥4役(おかあさん、母の愛、光の精、魔女)のリズ・テイラーと、チルチルとミチル役のトッド・ルッキンランド君とパッツィ・ケンジットちゃん♪ 
by claranomori | 2007-08-08 03:43 | 文学と映画★文芸・史劇