人気ブログランキング |

あまりにも私的な少女幻想、あるいは束の間の光の雫。少女少年・映画・音楽・文学・絵画・神話・妖精たちとの美しきロマンの旅路♪


by chouchou
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

大好きな映画監督 VOL.6 ★ アンジェイ・ワイダ:ANDRZEJ WAJDA

b0106921_1017681.jpg

★アンジェイ・ワイダ(Andrzej Wajda)はポーランドを代表する国際的監督かつ脚本家で、1926年3月6日、ポーランド東北部のスヴァウキ生まれの現在87歳。1950年代から今日に至るまで、ポーランド映画を牽引して来られたお方。1953年、ウッチ映画大学を卒業。翌年『世代』で映画監督としてデビュー。1950年代末から1960年年代初めの、アンジェイ・ムンク、イェジー・カヴァレロヴィチらと並んで、所謂「ポーランド派」の旗手的存在となる。

反ソ連、反共産主義、レジスタンスを圧倒的映像で描き出した『世代』『地下水道』『灰とダイヤモンド』は、「抵抗三部作」とも呼ばれるもの。1980年代初頭には「連帯」運動との関連の『大理石の男』『鉄の男』、その他『約束の土地』『ダントン』『コルチャック先生』『パン・タデウシュ物語』『カティンの森』など。また舞台監督でもあり、坂東玉三郎主演の『ナスターシャ』の舞台演出と映画化。アンジェイ・ワイダは青年期から、日本の古典芸能や美術などの影響が大きいと語る親日派監督で、1987年には「京都賞(思想・芸術部門)」受賞。その賞金を基に日本美術技術センターを、ポーランドのクラクフに設立、開館。

ワイダ監督は、名誉と義務を重んじる軍隊的伝統の家庭に生まれ、そのような環境の下に培われた祖国に対する愛国心と道徳観を胸に1939年の戦争に突入した、と語っておられる。激動のポーランドを生きて来たワイダ監督ならではの言葉と映像には、やはり体験者、行動するものとしての重みがあります。第二次世界大戦期の占領下時代、戦後の社会主義政権時代、1989年の「連帯」大勝利から始まる民主化時代、そしてEU加盟に至る現代を、ポーランド人として、映画人として、また1989年にはポーランド議会の上院議員にもなられた。

1996年には、第8回高松宮殿下記念世界文化賞(演劇・映像部門)受賞。2000年には、世界中の人々に歴史、民主主義、自由について芸術家としての視点を示した業績を称えられ、第72回アカデミー賞名誉賞を受賞。2010年12月6日には、メドベージェフロシア大統領から友好勲章を授与されました。

映画監督にとって政治映画を作る際の最大の問題は、検閲の介入を容認するかどうかということではない。大事なのは検閲そのものを無効にしてしまうような映画を作ることなのだ。

ポーランドにあっては、芸術家はいい加減な映画を撮るべきではないと思っています。わが国の芸術はいつも社会的関係を有しており、芸術家は国家の状況、とりわけ政治・社会状況について語る義務があります。

- アンジェイ・ワイダ -

●代表作●
菖蒲 (2009) 監督/出演 
カティンの森 (2007) 監督/脚本 
パン・タデウシュ物語 (1999) 監督/脚本 
聖週間 (1995) 監督/脚本 
ナスターシャ ~ドストエフスキー「白痴」より (1994) 監督/脚本 
鷲の指輪 (1992) 監督/脚本 
コルチャック先生 (1990) 監督/脚本
パリ・ストーリー (1988) 監督 
悪霊 (1987) 監督/脚本 
愛の記録 (1986) 監督/脚本 
ドイツの恋 (1983) 監督/脚本 
尋問 (1982) 製作総指揮 
ダントン (1982) 監督/脚本 
鉄の男 (1981) 監督 
ザ・コンダクター (1980) 監督 
ヴィルコの娘たち (1979) 監督 
麻酔なし (1978) 監督/脚本 
大理石の男 (1977) 監督 
THE DEAD CLASS/死の教室 (1976) 監督 
約束の土地 (1974) 監督/脚本 
婚礼 (1973) 監督 
白樺の林 (1970) 監督 
戦いのあとの風景 (1970) 監督/脚本 
蝿取り紙 (1969) 監督 
すべて売り物 (1968) 監督/脚本 
灰 (1965) 監督 
二十歳の恋 (1962) 監督 
夜の終りに (1961) 監督 
灰とダイヤモンド (1957) 監督/脚本/原作 
地下水道 (1956) 監督
世代 (1954) 監督

b0106921_11544724.png


●偶然テレビで観たワイダ映画の初見は『地下水道』でした。リアルタイムな映画館での鑑賞は『ドイツの恋』でした。その頃、私はまだ10代でどちらの作品もよく分からないものでした。それでも、心に突き刺さった何かはその後ずっと。そして、歳月と共に、私の大好きな映画監督のお一人だと強く想えるようになりました。私が芸術と政治を切り離せないのは、アンジェイ・ワイダ氏の50年代から今日までの歩み、石原慎太郎氏の50年代から今日までの歩みは、その存在や言葉のみならず、稀なる激動の時代を生きて来た強い体験を抱きながら、現実の社会に関与して行くという行為に、崇高なる反骨精神を見るからでしょうか(批判する人々は書きっぱなしで責任も実務も伴わないのですから)。

アンジェイ・ワイダと石原慎太郎の両氏は、1962年のフランソワ・トリュフォー監督が企画したオムニバス映画『二十歳の恋』に、ポーランド、日本から監督作品参加されています。想えば、両氏共に絵も描かれます。私はコスモポリタンな思想の芸術家よりも、やはり母国、祖国愛が、国家がご自身の中にしっかりとあるお方に憧憬を抱きます。またそれは敬意という言葉と共に学びとなっている過程でもあります。後の世代の者ながら、このような稀有な方々にはいつまでも長生きして表現を続けて頂きたいと願っています☆
by claranomori | 2013-08-12 11:09 | 大好きな映画監督