あまりにも私的な少女幻想、あるいは束の間の光の雫。少女少年・映画・音楽・文学・絵画・神話・妖精たちとの美しきロマンの旅路♪


by chouchou
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

タグ:フランソワーズ・アルディ ( 7 ) タグの人気記事

b0106921_10461158.jpg

 大好きなフランソワーズ・アルディの『私の詩集』より。下の映像にはピエロがふたり。私はお人形が好きですが、棺に入る折に一緒に居てほしい子は一人だけと決めている、今のところ。その子とはもう20年以上一緒に暮らしている。ちょっと大きいけれど成長しないで少女のまま。いつも静かに私に話しかける。音にならない声。私は愛おしくて声を出して話しかける。時に「ありがとう」と抱きしめる。凄く悲しい時、不安な時、怖い時...私の危機を幾度もその小さな少女は助けてくれた。幼い頃からお人形で遊ぶことが大好きだった私は、自分の心の中の言葉をお人形に託してお話してもらっていた気がする。あまり仲間外れはしなかったけれど、格別お気に入りのお人形には特別のお部屋を作ったりしたものです。

 この「私は知らない」は以前綴った「私の騎士」と同様に作曲はトゥーカ。でもこちらはアルディの作詞。やはり詩はアルディご本人のものの方がより好き。邦題は「私は知らない」で「Je ne sais pas」と始まり曲中幾度か出てくる。原題は「La question」。アルディの世界が好きなのは私の感情がすんなり入ってゆけるから。気負いなどなく。そして、問いかける、自分自身に。私が私に「なぜ?」と問う。答えが見つからないままのことばかり。それでも私は「なぜ?」と疑問をずっと抱えて生きている。それは性分だろう。子供の頃から両親に「どうして~」と尋ねてばかりいた。私の親友のような甥が似てしまったのか、小さな頃から私に「どうして~なの?」と質問攻めに合う事もしばしば。とても答えるのに躊躇したり考えたり、新鮮な感動を得たものです。

 自分の心を探ることで見えるものもある。永遠に分からないものもあるだろう。それでも「なぜ?」と問い続ける気がするのです。なぜ生きているのか?と問うと、大事なものが浮かんでくる。その時々で想いも違うけれど。このアルディの「私は知らない」の中に「あなた」も沢山出てきます。あなたと書いたのですが「tu」なので親しい間柄の人。その「あなた」の中にもう一人のアルディがいるようにも思えたりします。レコード世代なのでCDよりレコードの方が多いのですが、私のレコード棚で一等多いのはフランソワーズ・アルディなのです、ボウイではなく。「好き」の感情にも色々あるけれど、歌声がメロディーと共に、そして歌詞を想い、そこから私自身への問いへと繋がる。そんな音楽は私にとってはフランソワーズ・アルディが最高峰のようなのです。

フランソワーズ・アルディ / 私は知らない
FRANCOISE HARDY / LA QUESTION
作詞:フランソワーズ・アルディ 作曲:トゥーカ 1971年

私は知らない
あなたがどんなひとなのか
私は知らない
あなたの希望が何なのか
私はいつでもあなたを
知りたがり
あなたの無口が また
私の沈黙をおびやかす

私にはわからない
なぜここにとどまるのか
この海で 
私は溺れかけているのに
私にはわからない
なぜここにとどまるのか
この風で 
私は息がつまりそうなのに

あなたは血
私の傷口の
あなたは火
私のやけどの
あなたは問い
答えの無い
叫びは声にならず
私は沈黙する




★此処、「クララの森・少女愛惜」は私の心の支柱のような、そんな事をつらつらと綴っています。音楽のことは、大好きな映画や文学、絵画について想いを綴る折よりも、何か抑圧のようなものを感じたりして躊躇しがちでした。別に音楽ブログ的に開設したり。でも、もうずっと大好きな音楽の核なるものは変わらない。自分のブログなのだから、自分の言葉で拙くてもその時の想いを綴れば良いかな...と。なので、此方でも、音楽のこと、大好きな曲のこと、もう長くずっと好きであり続けているアーティストのことなどを、これからは気楽にその時々の想いを記しておこうと想います。不規則な更新ですのに、更新を待ってくださる方が居て下さる事に感謝しています。お気軽にコメントなどください。また、知らないことだらけなので、色々と情報交換させて頂きたいです。皆様、いつもありがとうございます!
[PR]
by claranomori | 2013-10-29 10:12 | 私的少女音楽★愛しき歌姫
b0106921_1522386.jpg

フランソワーズ・アルディ / 私の騎士
FRANCOISE HARDY / SI MI CABALLERO
作詞:フランク・ジェラール 作曲:トゥーカ 1971年

シ・ミ・カバレロ
できることなら
白い砂塵になって
あなたの軍隊の後を追いたい

シ・ミ・カバレロ
どんなに嬉しいことかしら
一束の雑草になって
あなたの体にくっついてゆけたら

この白い家は
花々に囲まれていても
あなたがいなくては
墓石とおなじよう


 フランソワーズ・アルディ!私が「フレンチ・ポップス」という音楽を意識した上で、最初に好きになったお方。そのほんの僅か前にブリジット・フォンテーヌを知ったことが大きいのでしょう。けれど、ブリジット・フォンテーヌにはフレンチ・ポップスというイメージを当時抱かなかったのです。当然のことながら、私も毎年年齢を重ねている。ちょっと寂しいような、でもこの先どんな風なのだろう、と、今の日本の状況の中で私は生きてゆくわけです。とっても憂国の念に溢れながら、でも私はこの日本で生きていつか死が訪れる。思考は深みに陥り滅入るけれど、幸いなことに生まれつきの楽天的な性格が、それでも前を、空を見上げることを忘れずにいられるらしい。

 その当時、私は16歳。実に不思議なくらい、この16歳~17歳という高校生の時期に、今も大好きな音楽、アーティストに出合うのです。それ以前は英国、ブリティッシュ・ロックやポップスを主に聴いていたけれど、この辺りから徐々にフランスの音楽、ヨーロッパへ。また女性ヴォーカルが一段と好きになってもゆく。そんな音楽的には実に充実した実りの多い頃ゆえに、こうして好きな曲をふと想い出したり聴いたりすると、いとも簡単に16歳のあの頃、あの教室、あの風景が蘇ります。いつまで経っても行ったり来たり。

 この「私の騎士」という曲はオリジナル・アルバムでは『私の詩集』に収録された1971年の曲。作詞はフランク・ジェラールでアルディが信頼を寄せているお方でもある。そして、作曲はブラジルのトゥーカが担当しています。トゥーカもアルディと同様に、女性シンガー・ソング・ライターで、同時代を生きたお二人の中で芽生えた友情のようなものが素敵な曲を作り上げたのだと思えます。

 イントロが口笛で始まる印象的な曲で、とっても好きな曲です。アルディに関しては山のように好きな曲が存在するのですが、16歳の私が初めて買ったフランソワーズ・アルディのアルバムに収録されていた曲なので、かなり思い入れの強い曲です。タイトルは「SI MI CABALLERO」とスペイン語。「さあ、私の騎士さん」。物憂い、メランコリックなアルディの歌声とこの詩と曲がピッタリ呼吸を合わせるかのような名曲です。私の好きな往還する女と少女の世界、そして知的でエレガント、そして風変わりなフランソワーズ・アルディの名曲の一つだと思います。

 この当時アルディは27歳頃。60年代後半からミュージシャンのジャック・デュトロンと同棲生活を始め、息子さんも。長い間、「結婚しない女」と呼ばれていたアルディはずっとデュトロンとの生活を今も続けている。今は正式にご夫婦でありますが、実にフランス風な良きパートナーとの関係を想うのです。


★「FRANCOISE HARDY / SI MI CABALLERO」♪

[PR]
by Claranomori | 2012-07-04 15:21 | 私的少女音楽★愛しき歌姫
b0106921_5231066.jpg
『もう森へなんか行かない』というフランソワーズ・アルディの曲(歌)を知ってから随分と年月を経て知った小ロマン小説の『もう森へなんか行かない』(原題は『月桂樹は切られて』)。この長く”幻の書”とされていた作者はエドゥアール・デュジャルダン(EDOUARD DUJARDIN)。1971年に刊行された和訳で読み、ここ数日の頭の中でまたよみがえって来た。もうアルディの曲と対となって私の心に居るのだろう。私はこうした繋がりや発見をしては喜び生きている。ジェイムズ・ジョイスの『ユリシーズ』と深い関わりのある小さな書。すぐに読み終えてしまえるものながら、まるで主人公の青年たちとご一緒に過ごしていたかのような奇妙な感覚が残る。この初刊は1887年で僅か420部というもの。フランス文学の流れの中でも紹介されずにいた、フランス本国で埋もれていた書。それが再販されたのは35年を経た1922年のこと。私の好きな英国文学とフランス文学が繋がる場面でもある!ジェイムズ・ジョイスがフランスでこの書を見つけ、友人のヴァレリー・ラルボーに紹介したという。ラルボーは最初はジョイス程の感動を示さなかったそうだけれど、ラルボーによって生き返ったご本。しかし、ラルボーはその後、病気から活動は途絶えてしまう。この小ロマン小説はまたしても忘れ去られていた中、奇跡的な2度目の復活。それは1968年!アルディの『もう森へなんか行かない』が世に出た同年のこと。ああ、愉し!

そして、私個人の好きなロマン逍遥は各国入り乱れて大騒ぎとなる。19世紀の幕開けのようなノヴァーリス。ゲーテを忘れるわけはない。キルケゴールやショーペンハウアー、そしてニーチェ。フランスはこれらのドイツ・ロマン主義や英国文学からの影響を受けてフランス・ロマン主義の時代へ。スタール夫人やシャトーブリアンに始まる。そして、ユゴーやバルザック、デュマやスタンダール、ミュッセもいいな...そして、ボードレールやネルヴァル。ヴェルレーヌにランボー。ジョルジュ・サンドも。ロシア文学だとツルゲーネフやドストエフスキー、トルストイもいる。ああ、イプセンもいるし、19世紀末英国にはオスカー・ワイルド!!私の生まれる遥か彼方の方々や作品、登場人物たちが共に今ここにいることの喜びに心奮えるのだ。古典を継承しつつ忘れられていた音の響き。抒情の復活である!これこそ私の最も好きな”ロマン”の所以かも知れない。よく分からないけれど、エドゥアール・デュジャルダンやジョイスの「内的独白」という形体は好きだし、ロマン派の社会や現実とのズレから孤独や幻想世界へ誘う心の漂流が好き。”生きる”ために”苦しむ”。当たり前のことのように今は思える私。社会とのズレの大きさは時に疎外感ともなる。けれど、私の心のおもむくままに。どんなに人生が苦しく嶮しくとも、生きるため、幸福を、人生謳歌するためには目を背けるわけにはゆかない。受け入れよう。そして、出来るだけ”美”へと昇華しながら小鳥のさえずりや草花の美しさに微笑んでいたい♪

※上の挿絵(挿画)はアリス・ラーフリンというお方によるものです。


[PR]
by claranomori | 2009-06-14 05:27 | 19世紀★憂愁のロマンと美
b0106921_2332620.jpg
★1968年という年のフランスは五月革命がどうしても浮かぶ。大好きなフランソワーズ・アルディの好きな曲はいっぱい!けれど、最初に買ったアルディのレコードはやはり色褪せない。嘗ての洋楽の日本盤(国内盤)は邦題が様々と付けられていて素敵だった。最近はそのままカタカナにした曲が多くなってしまったようで寂しい気もしている。アルディがご自身のイポポタンというレーベルを設立して発売し始めた最初のアルバムの中の曲。日本ではドラマ「沿線地図」の主題歌にもなり、その時に発売されたシングルも購入した。1968年のアルディは24歳~25歳頃。私がアルディの存在を知ったのは16歳。アルデイはこの歌の中で幾度も”私の青春は行ってしまう”と歌う。16歳の私は高校2年生でそろそろ卒業後の進路のお話もしていた。日に日に迫りくる大人や社会というものが私を襲っていた。大袈裟なようだけれど、ちょっとあの時期の私は今から回顧してもかなりの深刻さだった。青い悩みというのだろうけれど...。既にアルバムは多く発売されているお方で知的な佇まいの大人の女性だった。けれど、今もあの時よりももっともっと大好きでいる。心がとてもほっこりと自然な感じでいられる音楽なのだ。アルディのご自身の心を歌う世界が。奮い立たせるようなもの、刺激を求めることもあるけれど、アルディはそのままいつも自然にす~っと私の心にいてくださる。なので、安堵する。好きな曲の多くは淋しげで孤独。けれどいつも美しい!その孤独の影の美しさに心打たれる。私の好きな美しきものたちはリンクし合う。また少し連想ゲームを続けてみようと思う♪

「もう森へなんか行かない」

私の青春は行ってしまう
詩に沿って
韻から韻へ
腕をぶらぶらさせて
私の青春は行ってしまう
かれた泉の方へ
柳を切る人達が
私の20才を刈り取る

・・・・・・

私の青春は行ってしまう
ギターの調べにのって
それは私自身から抜け出て行った
静かに
私の青春は行ってしまう
それは、錨を切って漂流した
それは、髪に
私の20才の花をさしている

・・・・・・

私達はもう森へなんか行かない
私達はもう一緒に行かない
私の青春は行ってしまう
あなたの足どりのように
あなたが知っていたら
それがどんなにあなたに似ているか
でもあなたはそんな事は知らない
でもあなたはそんな事は知らない


※ドラマ「沿線地図」は結局未だに観たことがない。再放送されていたりするのだろうか...。観たこともないのに、サントラのような仕様のLPレコードも持っている。ジャケットにアルディは写っていなくて残念。


[PR]
by claranomori | 2009-06-13 23:37 | 私的少女音楽★愛しき歌姫
b0106921_10472655.jpg
私の好きな女性ヴォーカル・・・フランソワーズ・アルデイは欠かせない。素敵なアルディ、ちょっと風変わりな女の子、文学少女の風情と洗練された都会の女性、知的でエレガント。”アンニュイ”という言葉が流行した頃、ジェーン・バーキンが紙面を飾っていたけれど、私はアルディを直ぐに想起してしまう。学生の頃、よく通っていたレコード屋さんの店長さんに「バーキンとアルディ、どっちが好きですか?」と訊かれた事がある。私はどちらも好きなのだけれど、迷わず「アルデイさんです♪」と答えたら、その店長さんも「僕もアルディが昔から好きでね。」ってお話してくださった。懐かしい想い出、もうそのお店は無くなってしまったけれど、買わせて頂いたレコードたちは今も私のお部屋にいる。作業をしながらだとCDが便利。リピート再生も可能。すっかり棚に置かれっぱなしの愛すべきレコードたち。でも、大切なもの。特にアルディは個人的にジャケットが欲しいのでお小遣いを随分使ってきた。曲はダブっていて針すら置いていないものもある。別にコレクター意識はないのだけれど、アルディに限ってはツイツイ。

”フレンチ・ポップス”という意識で最初に好きになったお方(ブリジット・フォンテーヌが少し先だけれど、フレンチとかそういうジャンルを超えていたので...でも同じ頃で16歳だった)。俯いたお顔に長い髪のアルディのベスト盤だった(それは今でもアナログ盤でしか発売されていないジャケット)。中には大きな大きなポスターが付いていて嬉しかった。貼るには勿体無いのでレコードの中に入れたまま。日本盤のレコードだと邦題が付いているので、当時はフランス語が読めなかったのでその邦題で曲を覚えていた。その言葉たちから連想されるイメージ、その世界がとても心地良く大好きだったし、今も変わらない。アルディはデビュー初期はカバー曲が多かったけれど、次第に自作曲が主になってゆく。シンガー・ソング&ライターだ。フォーク・ギターを抱えたお姿の数々のお写真、斬新なデザインの粋なファションに身を包んだスラリとした長身のアルデイ♪なんて!素敵なのだろう。

お声について何も書いていない...でも、好きなアーティストって姿形から奏でる音楽やお声、全てに魅力を感じるのだから仕方の無いこと。ルックスに弱い私だし。さて、アルデイのお声、歌唱スタイルは画期的だと思う。その後、今日まで影響を与え続けているように思う。歌い上げる、歌い込むという対極に位置するかのような自然な歌い方。声量が乏しい(ご本人も語っておられた)、それが魅力、個性となったように思う。ブラジルではアストラッド・ジルベルトがいる。歌い手は歌唱力という最大の技量以外にもチャームポイントがあれば!アルディの歌(詩)は私的で寂しく、儚い幻想のようなものが数多くあるけれど、そんな曲にあのお声。囁くかのようにか細く、でも伝わるものはとても深く大きい。

何度か引退宣言をされて悲しい思いをしたけれど、マイペースに今も新作が届くアルディ♪セルジュ亡き後、実はエチエンヌ・ダオーの存在、貢献度はとても大きなもの(アルディのファンでもあるダオはカムバックに一役買っている)。今はもう60代のアルディながら、実にカッコイイ!髪はショートで銀髪に近く、ジャック・デュトロンは夫であり続けているのだ。60年代から今日まで常に素敵なカップル☆

※2007年4月1日に閉鎖した『魅せられし声の美力』で綴ったものです。ブログの整理をしているところ。基本的に少女時代から大好きなお方のことは此方へと思います。『BRIGITTE』内の各コンテンツと連携しながら(重複もありますがご了承ください)♪
[PR]
by claranomori | 2009-02-04 10:46 | 私的少女音楽★愛しき歌姫
b0106921_6224743.jpg
フランソワーズ・アルディは1944年1月17日のパリ生まれの山羊座(ボウイ様もマリアンヌ様も同じで何故だか憧れの星座だったりする、単なるミーハー♪)。今なお!フランスを代表する素敵なアルディ♥私は”フランスの歌手”というと、このアルディから入ったもので、とてもとても大好き!!なので、想いは果てしなく、上手く綴れそうにもなく、ドキドキする...。少しずつ、好きなことを綴ってゆきたいのでやっと今頃カテゴリーを設置。此処では60年代から70年代初頭辺りまでのお若い頃のものを。それ以降は『音楽と映画の宝石箱』にて(こういう作業って、きっと死ぬまでというか指先が動くまで続けても限りないようにも想う...まあ、それも愉しい!)。
b0106921_6231853.jpg
フランソワーズ・アルディというと、最も有名な曲は『さよならを教えて(Comment te dire adieu)』ではないでしょうか。フランス・ギャルやシルヴィー・ヴァルタンと大きく違うのは、アルディは英語圏での人気がとても高いお方でもある。60年代からそうで、アメリカでも英国でもあのフランス語訛りのキュートな英語で歌われた楽曲たち・アルバムが幾種類もある。歌手であり、シンガー・ソングライターでもあるので多くの楽曲は自作。日本でも松任谷由実(ユーミン)や五輪真弓という方々にも早くから影響を与えておられるアルディ♪”アンニュイ”という言葉、物憂げな寂しいトーンは歌詞やメロディ、そして歌声と共に私を魅了し続けている。”ギターを持つ少女”としても鮮烈だった!また、奇抜で斬新なスタイルのファッションも好き。そして、アルディが時々カバーする曲のお陰でその原曲を聴きたくなり、そのアーティストを知ることにもなった...多くの私の思春期に出会ったアーティスト方は今もずっと心の中に居る。住人なのだ。自分では分からないけれど年月の経過、私の人生の傍らにずっと一緒に居てくださるのだと想う♪

※やっと大好きなアルディさん!こんな調子ですが気長にこれからもよろしくお願い致します。いつもご覧くださっている皆様ありがとうございます☆
[PR]
by claranomori | 2008-01-10 23:42 | 少女イコン・不滅の少女
b0106921_7305375.jpg★フランソワーズ・アルディもカバーしていた、英国のトラッド・フォーク・バンドの曲。初めはアルディで知ったのですが、後に原曲を聴き再び深く感動したものです。何とも美しいメロディ・ラインと淋し気でいてやさしい澄んだ女性の声でしょう!。その女性の名前はセリア・ハンフリーズ。歌い出しからスゥ~!と入ってくる淡い音色にうっとり。盛上がりなどなく、最後まで一貫したトーンで終わります。何度聴いても聴き入ってしまうのですが、切ない余韻を残すものでまた聴いてしまうのです。アルバム全体も素晴らしいのですが、私にとって、この一曲だけは特別な大好きな歌なのです。
(2002年・春 『BRIGITTE』会報0号より)

~ジェーン・ドゥロウニーの庭~ :THE GARDEN OF JANE DELAWNEY
少年の声は、消え去らない 彼の言葉は、私に必要
あなたが、歩いている頂きはないのと同じこと ないのと同じこと
私は、あなたを私の夢の中につれていく 暗い朝からぬけ出して
情熱的な祭りの夢を通って ジェーン・ドロウニーの庭の中へ 庭の中へ
薔薇はそこにある 山道でみたいにむしりとっちゃいけない
炎はあなたの髪を焼きつくすだろう そしてあなたの目はガラスになる
あなたの目はガラスになる柳の木陰で 嘆き悲しんじゃいけない
黄金と翡翠色の涙が 川のように流れるだろう 流れるだろう
今はあなたから ジェーン・ドロウニーは夢を抱いていた
決して見つけられなかった夢 その夢をみのらせるのは
彼女の恋人の生き血なのだ 彼女の恋人の生き血なのだ
太陽の汚れなき淡き光は 二度とここにはさしこまない
庭にいる彼女の夢の精が 生き続けている限り


" TREES / THE GARDEN OF JANE DELAWNEY "
(1970年の1stアルバムより)

b0106921_7311330.jpg

※本来アナログ派の私がなぜやらパソコンやネットに向かわなければならない時代になっていた。ずっと避けていたかったけれどどうしようもなく。思えばそんな時期から心のバランスが崩れる厄介な体調不振が始まった。救いは持ち前の”ネアカ”さかな。思考は暗く深みによく陥るけれどその中でも喜びや光があったように想う。それは、大好きな音楽や映画、歌や言葉やミューズたち、そして友たちや応援してくださる方々のお陰だと想っている。なので、どんなに徹夜続きでもお仕事が苦だと想ったことはない。全く儲からないけれど今も続けている。あるお友だちから頂いたお言葉。”草木に水を与えるように”(私や相方、velvet moonに)というような簡潔で深くあたたかなものだった。そぉっとこうして見守っていてくださる。先のことなど何も分からないけれど、”好きなことを一生懸命しているとそれが実りにつながる”ということを信じて。大それた事をしたいわけでもなく、私の夢は妖精に出逢うこと...かなり可能性は低いだろうが夢に生きる会の会長のお言葉だもの!私も続いていたい♪

『BRIGITTE』で初めに選んだ”私の好きなうた”(詩)なので、再度、此方にも記しておこうと想います。BRIGITTEサイトはなにやらもう少し変更してゆく予定なので、各ブログを統一したいので、此処に移行するものが増えそうです。今後とも、どうぞよろしくお願いいたします♪
[PR]
by claranomori | 2007-10-25 07:43 | 私的少女音楽★愛しき歌姫