あまりにも私的な少女幻想、あるいは束の間の光の雫。少女少年・映画・音楽・文学・絵画・神話・妖精たちとの美しきロマンの旅路♪


by chouchou
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2013年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧

b0106921_1728383.jpg

花のように

『えんぜるになりたい
花になりたい』と
うたったあの詩人の
孤独で美しい魂は
どんな花になり
このひかりの中
このやさしい風に
揺れているのでしょう
野に咲く花を見るたび
わたしもつぶやきます
花のように生きたい・・・と

詩:永田萌

★永田萌さんの1986年の『花のように』という小さな絵本のような詩集の中の一篇です。母に感謝していることの一つに、このようなやさしい言葉たちを美しい絵と一緒に綴った絵本や童話などを、幼い私にさり気なく与えてくれていたこと。この詩集が発売された頃はもう自分で読みたい御本を選んで買っていましたけれど。

子供の頃は田畑が近くに幾つかあり、お友達と一緒に、春にはたんぽぽや綿毛、蓮華草でお花の冠や首飾りを作って遊びました。お互い作ったものを交換しあったりもしました。懐かしい風景が蘇ります。美しく神々しく咲き誇る豪華なお花も綺麗ですが、そおっと野に咲くお花や道端のお花もまた愛らしいです。

子供の頃ならよく野花を摘んでいたのですが、今は見つめるだけで十分なのです。摘んでしまうと可哀相な気もしますし。悲しい気分の折や何か冴えない気分の折に、これまで数えられないくらいに優しく囁きかけてくださったお花たち。おセンチで甘ったるいと想われるお方も居られるでしょうが、人間の方が上等だとは想わないのです。枯れてしまう儚き命の花々が可憐に咲き誇る。その彩や芳香で人間の邪悪な汚れた心を吸収してくださる。見つめて「綺麗だな。」「可愛いな。」と心が休まる私は生へのエネルギーをお花から頂き、私の闇の心を可憐なお花が受けてくださる。なので、欲の無い花々は枯れてもなお美を残すのでしょう。

今年も早々から、幾人かの友人知人から勇気や励ましのお言葉を頂いています。ブログにコメントをくださる皆様にも本当にいつも感謝しています。つらつらとその時々の私の他愛のない綴りに共鳴してくださることが嬉しいです。嗜好は千差万別、感性もそれぞれ。だから愉しい。好き嫌いや偏狭な思考に偏ることなく、可能な限り寛容でありたいと想っています。人生の半分、宙ぶらりんの年齢になれどいつまでも修行は続く。生や自由を尊ぶこと、それは不自由であるからこそだとも想えます。なので、今年も幾つも私に苦難が訪れるでしょうが、それ故に人生の、自由の尊さを感じ得ることができるのだと。泣いた数だけ微笑むことが出来る。探せば幸せは必ずある。欲張らずに小さな幸せが。そんなことを無心の花々を想い、再確認しています。皆様、いつもありがとうございます☆

b0106921_1727382.jpg

[PR]
by claranomori | 2013-01-12 17:55 | 童話・絵本・挿絵画家
b0106921_20524184.jpg

「サロン・ド・ヴェルヴェット★美と芸術を愛する友の会」のコンテンツBRIGITTE内に設置いたしました。そして、イベントも1/25(金)に前回に続き、西村幸祐先生を中心に豪華なゲストの皆様がご参加くださることになりました。明日にはHP上でも新しい告知を更新予定です。

b0106921_20503736.jpg

そして、昨日はデヴィッド・ボウイ様の66歳のお誕生日でした。あまり更新出来ないでいる 「ボウイ館」をボウイのお誕生日には更新したいと想っていると、なんと!なんと!ボウイの新曲がボウイのオフィシャル・サイトにて突如発表されました。そして、3月には10年ぶりとなる新作、通算30作目のスタジオ・アルバムも発売されるという朗報。英国は勿論、海外でもこのボウイの復活を伝える報道に溢れました。ボウイ・ファンはみんな待っていたのですよね!あのお声が聴きたいもの!世界中で絶賛された「リアリティ・ツアー」の終盤にボウイは心臓の大手術をされた。あれから10年の年月を経る中で、「ボウイはもう引退も同然」だとか、「まだ新曲出ないのか」とか、様々な報道を目にする度に私は複雑な想いに駆られました。私は人生を生き貫くお方が好きなので、ボウイはきっといつか...と、気長に復活を待とうと努めていたようです。ボウイの新曲のPVと昨夜の想いを少し「ボウイ館」に綴りました。

昨日、この朗報を友人から教えて頂き、数時間の間、頭の中の感動と心が合致しないでいました。夜になり、ひしひしと涙が溢れて来ました。そして心から嬉しい!と想いました。そして、ずっといつもボウイと共に私の人生が在ったという30余年の刻に感謝の気持ちでいっぱいになりました。まったく、上手く言葉に表せないのですが、世界中の多くのボウイ・ファンに、ご自身のお誕生日に、ファンが「おめでとう!デヴィッド☆」と伝えたい気持ちを充分受けとめてくださっているのですね。「待たせてごめんね」というお気持ち。「まだリタイアしないよ!」というメッセージだと私は受け止め歓喜しています。

ボウイが復活!ローリング・ストーンズは50周年!ミックとキースは70歳!石原慎太郎は80歳!なんてカッコいいのでしょう!私の好きな人たちはご自身の世界を保ちながら生き貫くお方が多いようです。それらのお姿から私も生へのエネルギーを頂いているのだとも。今年も前途多難ですが、光をもとめて!その為には暗い闇をも見つめよう。目を逸らさずに私なりに感じ、考えながら生きてゆきたいと想います。
[PR]
by claranomori | 2013-01-09 20:52 | 想い・鑑賞・読書メモ
b0106921_235416.jpg

明けましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

b0106921_19584614.jpg

2013年1月25日(金)『Salon de Velvet 美と芸術を愛する友の会』 第二弾も決定いたしました。会場は前回と同様で梅田MAMBO CAFEさんです。
前回も多くの方々に大変お世話になりありがとうございました。
美と芸術、そして少年少女たちを愛する故に音楽も文学も政治も私には同等です。想いを共有して下さる方々に感謝しております。今回もどうぞよろしくお願いいたします。
お知らせ及び詳細更新等はこちらの「サロン・ド・ヴェルヴェット★美と芸術を愛する友の会」サイトにて。ご予約も承っております♪

[PR]
by Claranomori | 2013-01-02 23:49 | お知らせ