あまりにも私的な少女幻想、あるいは束の間の光の雫。少女少年・映画・音楽・文学・絵画・神話・妖精たちとの美しきロマンの旅路♪


by chouchou
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

<   2012年 02月 ( 26 )   > この月の画像一覧

b0106921_1034812.jpg

すべての子供たちに

四月の霧たちこめた朝に
背嚢を背にして発った、すべての子供たちに
私は記念碑を作りたい
苦悩に満ちた眼差しを下げ
背嚢を背にして泣いた、すべての子供たちに
私は記念碑を作りたい

引用: 詩:ボリス・ヴィアン 訳詩:永瀧達治

★好きである故になかなか想いが書けない、纏まらないことも多い。このボリス・ヴィアンについても然り。けれど、少しずつ書いてみよう。フランスという国は諸外国の中でもやはり一等好き。理由は色々あるけれど、映画とシャンソンやフレンチ・ポップスに少女の頃から親しんで来たからだろうと想う。ボリス・ヴィアンはシャンソン作家、歌手、トランペット奏者、作家、俳優...と数多くの肩書がある(当のご本人はそんなものに執着はなかっただろうが)。フランス現代文学史にも名を残すお方であることは間違いないけれど、インテリならではの遊び心というのか、風刺や揶揄、虚構の態を取って表現するので、迂闊にはゆかない面白さがある。その系譜はセルジュ・ゲンスブールへと踏襲されて行ったようにも想う。

ボリス・ヴィアンに関する書物や訳詩、解説などは永瀧達治氏のものに親しんでいる。私の場合、ボリス・ヴィアンに限らず、フランスの音楽というと永瀧達治氏の影響はとても大きい。後に色々とお世話になってゆく事等は想像すらしてはいなかったけれど。以下の永瀧達治氏の言葉はとても心に残っている言葉で、今の私にとって重要な言葉でもあるようなのです。『すべての子供たちに』は色々な歌手の方々が歌っていますが、ジョーン・バエズもフランス語で歌っている素晴らしいものがありますので聴いてみてください。

ボリス・ヴィアンの本領は「普通の人がそうであると考えることに対して、本当にそうであるのか?」と考えることから始める。

行き着くところまで来た感のある日本の嘘の「豊かさ」と嘘の「民主主義」の中で、ボリス・ヴィアンの精神は現代の若者たちには理解されにくいものでありながら、だからこそ、彼らが待ち望んでいる「あるきっかけ」なのではないかと考えるのは単なるファンのはかない期待なのであろうか。

永瀧達治


●ジョーン・バエズが『すべての子供たちに』をフランス語で歌っています♪

★上記の言葉は、日本の嘘の「豊かさ」と嘘の「民主主義」という中でぬくぬく生きて来た私の心を打つのです。憂国への道は先輩方はとっくに感じていた。母子がこの経済大国日本の中で餓死してゆく。何が豊かさだろう。新自由主義なるアメリカに依存するような属国的な日本はいつ脱却できるのだろう。戦後レジームからの脱却はいったい。間もなく東日本大震災から一年になる。TPPだってすべてアメリカ主導ではないですか。その点、中国の態度の方がずっと真面に想えた。一部の投資家や企業のお金持ちの方々は良いようですが、一般庶民、就職も見つからない若者たち、子供たちのことを考えたら、先ず、日本の国内優先であるべきなのは私にだって分かる。フランスという国は戦勝国ながら長い間ナチス・ドイツの占領下であった時代がある。その時代は様々なフランス映画の中で描かれ続けている。日本は敗戦国となりGHQの占領下に置かれた時代。そんな時代があったことを知らない人も多いけれど、当時を知らない私ながら、やはり腑に落ちない。もういい加減よいのではないだろうか。日本が日本であるために日本として真の自立をしても。1952年4月28日のサンフランシスコ講和条約により日本が主権回復した日から60年を迎える今年がその年になればと願います。
[PR]
by claranomori | 2012-02-29 10:31 | シャンソン・抒情と悲調の浪漫
b0106921_9194561.jpg
★フリードリヒ・フレーベル(Friedrich Fröbel:1782年4月21日~1852年6月21日)はドイツの教育者。幼稚園の創設者であり、生涯子供たちの教育に生きたお方。上の画は『小さな園丁』と題された、フレーベルの代表的な著作である『人間の教育』(1826年)の中の挿絵です。この絵が示唆するように、命を労わる心を育てるためにフレーベルは庭の教育的意味を重視した。ドイツ・ロマン主義的な観点からの思想でもあるとされる。フレーベルの「幼稚園」(Kindergarten)を特徴づける第一の教育原理は「庭」(garten)の原理であるという。

庭でさまざまな植物が―理性的で因果関係に明るい園丁の世話によって―それぞれのやり方で完成に向って、その本質にあった多様な方向に発達するように、同じ方法で、人間、少なくとも幼児は、彼の内的、根源的な本質に忠実に、そして同一の根源をもつ自然および生命と調和して・・・・・発達、教育、形成される。

引用: 著:フリードリヒ・フレーベル 幼稚園の教育原理 『人間の教育』 より

フレーベルのここで云う「庭」とは人工的な箱庭ではなく、力強い生命に溢れた雄大な自然そのものであり、「庭」は幼稚園の象徴であるばかりでなく、現実の欠かせぬ教育環境をも構成している。フレーベルはこの『人間の教育』に於いて、「子どもたちに生きよう」と親たちに語りかける。イエスの言葉である「天国は幼な子らのものである」や「幼な子のようになれ」を愛用し様々な意味が込められているが、とりわけ「子どもたちに生きよう」という言葉によって、フレーベルは「子供たちと一緒に生活しよう」あるいは、「子供たちから学ぼう」ということを強調している。この「子どもたちに生きよう」というフレーベルの言葉は19世紀のものながら、今日でもまったく古くはない言葉だと想います。私はただ幼い子供たちや少年少女たちを愛おしく想うがゆえに、どういう訳か教育者でもないのにフレーベルの難解な御本を読むことになった。そして、教育者として生きたフレーベルの思想に、私の大好きなロマン主義文学との関係も深いこともあり、美学思想にまで及びそうですし、さらに児童文学の世界にも繋がるのでとても興味深い御本であります。絵本や児童文学の良書を多数発行されている日本の出版社「フレーベル館」はこのフリードリヒ・フレーベルから名付けられた社名なのも納得です。
[PR]
by claranomori | 2012-02-27 09:16 | 詩人・作家・画家・芸術家
この記事はブログのファンのみ閲覧できます

[PR]
by claranomori | 2012-02-26 19:23 | 想い・鑑賞・読書メモ
b0106921_1014247.jpg

国家

花が緑の枝から咲き出るように、多くの思想は一般的文化から初めて生まれ出る。
ばらの季節には至る処にばらが咲いているのを見る。

引用: ゲーテ 「格言と反省」 より

主人のために一身を犠牲にした忠僕の例はどんなに感動的だろう。シェイクスピアはそういう実例をどんなに美しく描いていることだろう。真心というのは、この場合、自分より偉いものと同等になろうとする気高い魂の努力なのだ。不断の忠誠と愛とによって、下僕も主人と等しくなるのだ。主人はふだん下僕を給金でやとっている奴隷だと心得て怪しまない。実際、忠誠とか愛とかいう美徳はただ下層のものにだけあるものだ。またそれは彼らには欠くべからざずものであり、飾りともなるものなのだ。金で身のふり方を簡単につけることのできるものは、とかく感謝の念も忘れがちだ。この意味で、身分の高い人は友だちを持つことはあるが、友だちにはなれないと、主張できるように思う。

引用: ゲーテ 「ヴィルヘルム・マイスターの修行時代」 より

★ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテ(Johann Wolfgang von Goethe:1749年8月28日~1832年3月22日)はドイツの詩人、作家、自然科学者、政治家、法律家であり、ドイツ文学のみならずロマン主義文学にも欠かせない文豪。中学生の折に初めて読んだゲーテの『若きウェルテルの悩み』は私の初めて涙した海外の小説でした。また再読し今の想いなどを覚え書きしておこうと想います。相変わらず「国家」に関する想いが強いので、久しぶりにゲーテの格言を色々読み、興味深い言葉を書き留めておこうと想います。上の絵は1787年のヨハン・ハインリヒ・ヴィルヘルム・ティシュバインによる『ローマ近郊におけるゲーテの肖像』あるいは『カンパーニャのゲーテ』と題されたものです。この画家はゲーテを崇拝するドイツの新古典派に属するお方。ゲーテがシラーとの交友やイタリア旅行を経て、古典主義時代へと向かう頃の『ヴィルヘルム・マイスターの修行時代』の中の言葉と共に並べてみました。
[PR]
by claranomori | 2012-02-26 09:12 | 詩人・作家・画家・芸術家
b0106921_1665491.jpg
★高畠華宵(明治21年:1888年4月6日~昭和41年:1966年7月31日)は愛媛県宇和島市生まれの画家。大正から昭和初期にかけての広告絵や挿絵などで、新聞小説や少年・少女雑誌を中心に活躍された。とりわけ華宵風の美少女画は一世を風靡したという。華宵の描く美少女たちは高貴かつ妖艶でもあった。透き通るような肌、ぬれた眼差し、豊満な頬の彼女たちは「華宵好みの君」と流行歌にまでなり、一種の社会現象となる。昭和5年に村田社から発売された華宵便箋は、少女たちの熱狂的な支持を得、皇族の令嬢方もお忍びで買いもとめていたという伝説も生む。当時の華宵人気を窺うことのできるエピソードです。高畠華宵の描く少女たちの魅力はやはりあの眼差しに強く感じます。少年画も多く描かれているのですが、華宵の描く少女たちは時折ドキドキする程に中性的にも感じます。この2つの画は昭和初期に一世風靡したとされる美しい便箋より、上の画は「ばらの幻想」で、下の画は「カルメン」と題されたものです。これらの美麗な便箋が当時の少女たちの心をどんなに癒していたことでしょう。古き良き日本の浪漫にうっとりいたします♪
b0106921_1643749.jpg

[PR]
by claranomori | 2012-02-24 15:41 | 愛の花束・日本の抒情・文学
b0106921_4403331.jpg

輪おどり

世界じゅうの女の子が
そろって手と手をつないだら
海をめぐってぐるぐると
大きな輪ができましょう。

世界じゅうの男の子が
みんな水夫になったなら
船をならべて波のうえ
きれいな橋がかかるでしょう。

だから世界の人たちが
みんな手と手をつないだら
世界のはしからはしかけて
ぐるりとおどってまわれましょう。

詩:ポール・フォール 訳:西条八十(西條八十)

★ポール・フォール(Paul Fort:1872年2月1日~1960年4月20日)はフランスの詩人、劇作家。19世紀のフランスに於ける自然主義文学という退潮の中で、反自然主義的な演劇、象徴主義の演劇運動が起こる。とりわけポール・フォールは象徴主義演劇への道を開いたとされ、ステファヌ・マラルメ等の援助のもとに「芸術座」を創設したお方でもある。ポール・フォールの作品を詳しく知らないのですが、この『輪おどり』は西条八十による訳詩で知りました。こんな世界は夢物語だと想われるお方も居られると想いますが、それでもこの詩を読むと心が穏やかで居られるのです。そんなやさしい詩篇たちを胸に、これからも生きてゆきたいです。今も色褪せず好きな、あるいは新たに知り大好きになった古今東西の詩篇たちは沢山あります。少年少女詩とは私にとっての感覚で云っているのに過ぎません。人それぞれの好きな少年少女世界があるのですから♪
[PR]
by claranomori | 2012-02-24 03:28 | 詩人・作家・画家・芸術家
b0106921_13402432.png

C(セー)』 或いは 『セーの橋
詩:ルイ・アラゴン

僕は渡った セーの橋を
すべてはそこに始まった

過ぎた昔の歌にある
傷ついた騎士のこと

堤に咲いた薔薇のこと
紐のほどけたコルサージュのこと

気のふれたの公爵の城のこと
お濠に群れる白鳥のこと

永遠に待つ花嫁が
踊りにくるという野原のこと

僕は飲んだ アイスミルクのように
ねじまげれらた栄光の 長い物語歌を

ロワールが僕の思いを押し流した
転覆した車もろとも

そして銃からは弾が抜かれ
そして涙は消えもやらず

おお わがフランス おお 捨てられた女
僕は渡った セーの橋を

訳:安藤元雄

★ルイ・アラゴンの『エルザの瞳』に所収の詩で、フランシス・プーランクによる作曲の歌曲としても有名です。岩波文庫版によると『C(セー)』と題されていますが、『セーの橋』としても読みました。アンジェに近いロワール川沿いにある町セーの橋。数々の戦場の場となって来た町だそうです。殊に1944年のドイツ占領軍との激戦で知られるというので、西部戦線及びパリ解放時の町や人々を想います。

ルイ・アラゴン(Louis Aragon:1897年10月3日~1982年12月24日 )はフランスの詩人で作家。ダダイズムからアンドレ・ブルトン等と共にシュルレアリスム文学を担い、1930年前後からはフランス共産党活動家でもあった。フランシス・プーランク(Francis Poulenc:1899年1月7日~1963年1月30日)はフランスの作曲家。フランス6人組の一人でもあり、声楽、室内音楽、宗教的楽劇、オペラ、バレエ音楽等、フランス歌曲史に於いて欠かせない音楽家のお一人。そのフランシス・プーランクがルイ・アラゴンの詩『C(セー)』或いは『セーの橋』に曲を付けた歌曲があります。この詩はすべての行でC(セー)と脚韻を踏んでいて、曲はその詩を郷愁というノスタルジーを込めて歌われる美しいものです。

●ルイ・アラゴンの詩にフランシス・プーランクが曲を付けた『セーの橋』の歌曲です♪

★いつも想うのは、愛国心とイデオロギーのこと。今も漠たる疑問があるのですが、その国々、そして其々の時代背景を混同しての左派・左翼、右派・右翼という呼称に対する疑問です。この場合はフランスの抵抗派詩人としてのルイ・アラゴンは共産党員でもあったのですが、この詩にあるように「おお わがフランス」と謡うのです。本来、右も左も祖国を想うがゆえの思想なり行動であり、核なるものは愛国心や愛郷心という強い想いがあってのことのはずです。右派の人々だって戦争を推進しているわけではない。どちらも極端な思想に傾けば過激になってゆく歴史もある。私は我が国や郷土を想う心は万国自然なことだと想うので、気になる書物や音楽等に触れる中でそれらの想いに巡り合うことはとても多い。祖国を想う気持ちは同じであるということは重要だと想えてならないのです。対立するだけではなくて。最も好きではないことは、祖国を裏切る行為、所謂スパイ的な存在や自分の利益の為の売国奴と呼ばれる人々、国賊的な人々が居ること。戦時中に於けるやむを得ない状況下での苦渋の選択はあったかもしれないけれど、今の日本は何か違う気がしてならないのです。そんな事を想いながら、戦争の歴史の中で多くの人々が命を落として行った。その戦争もまたその国々の忘れ難い歴史であること。ただ自虐史観先行で偏狭に感情的に声高に問うよりも、冷静に嫌な歴史を回顧することで学ぶことも大切だと想うのです。


[PR]
by claranomori | 2012-02-23 12:20 | 詩人・作家・画家・芸術家
b0106921_5122773.jpg
★オーブリー・ヴィンセント・ビアズリー(Aubrey Vincent Beardsley:1872年8月21日~1898年3月16日)は、イギリスの挿絵画家(イラストレーター)であり詩人。英国ヴィクトリア朝の世紀末美術のイコンでもある。繊細な線描はこの細長い指先で描かれていたのかと19世紀末に夢を馳せます。黒の美学を愛するようになり30年を過ぎていますが、私の最も好きな色はやはり今も黒。またそろそろ知人の冊子に寄稿するために拙い想いを巡っているので、暫くそんな題材が多くなるかと想いますが、その日の気分にまかせて。
b0106921_5204412.jpg
オーブリー・ビアズリーのデビュー作は、1893年から1894年にかけて制作された、トマス・マロリー作『アーサー王の死』の挿絵及び装飾デザインとされている。まだこの頃はエドワード・バーン=ジョーンズやラファエル前派の影響が窺える、中世ロマンチシズム漂うものでファンタジックである。しかし、オスカー・ワイルドはこの頃のビアズリーのジャポニスムの雰囲気を嫌ったそうで、ワイルドの『サロメ』(1894年)の挿絵ではかなり印象が変わる。けれど黒と白、または線と面という構造はやはりビアズリーの美学に他ならないでしょう。『アーサー王の死』の挿絵はウィリアム・モリスとの剽窃論争も起こったとされ、先輩方から方々での批判が飛び交っていたようです。ワイルドの『サロメ』以降僅か4年間ながら社交界を席捲していたオーブリー・ビアズリーという名。しかし、学生時代から肺を患い病に伏しがちであったビアズリーは、結核により25歳の若さで息絶える。その夭逝はやはり惜しまれます。

肺病患者はきまって熱烈な、熱病のような才能の輝きを持っているものだ―本能的にそれが自分の悲しむべき分け前のであると知っている短い時間に出きるだけ沢山の人生を吸収しようと焦って。可哀そうなオーブリー! 彼は悲劇の人物だった。まるで神々がこう宣言したようなものだ―あと四年だけお前に与えよう。 だが、その四年の間にお前は他の人間が四〇年かけて学ぶことを経験するのだ。

これはビアズリーと同い年であった画家ウィリアム・ローセンスタイン(ウィリアム・ローセンシュタイン)の『回想の人々』の中の言葉です。ウィリアム・ローセンスタインによってビアズリーは日本の浮世絵や枕絵などの版画を知ったとされています。この19世紀末、英国のヴィクトリア朝時代の交流劇は私にとって夢のような絵巻でもあり英国の栄華なる時代です。
[PR]
by claranomori | 2012-02-22 04:51 | 19世紀★憂愁のロマンと美
b0106921_94572.jpg
★ポール・ギャリコはやはり好きで、以前『さすらいのジェニー』のことを綴りましたが、今回は『雪のひとひら』(初版は1975年)を。ある冬の寒い日、雪のひとひらは生まれ、はるばると地上に舞い降りてきました。丘を下り、川を流れ、風のまにまにあちこちと旅を続ける。ある日、愛する伴侶となる雨のしずくに出会い、子供たちが生まれる。けれど最愛の夫の雨のしずくを亡くします。悲しみの中、彼女は少女の頃を想い出しながら自問するのです。優しい子供たちが母のまわりに集まり慰めようとする。雪のひとひらは、悲しみのうちにも微笑みながら、我が子を見やり思わず目をこする。彼らはもはや子供ではなく立派に成人していてくれたのです。母にそっくりな雪のしずくと雪のさやか、また雨のひとひらと雨のしずく二世は父に似ているのでした。けれど、時は行き、川は流れ続けます。彼らとのお別れの日がくることも悟る。雪のひとひらは「水」という特性ながら一人の女性なのです。流動する命であり、珠玉でもある水の一滴。その姿は純粋で聡明なよるべない魂の偽りのない姿かもしれない。愛する者たちをことごとく失ったあとに、ほんとうの寂しさが訪れる。孤独というものをつくづくと。

何ゆえに? すべては何を目あてになされたことなのか? そして、何より、はたしてこれは何者のしわざなのか? いかなる理由あって、この身は生まれ、地上に送られ、よろこびかつ悲しみ、ある時は幸いを、ある時は憂いを味わったりしたのか。最後にこうして涯しないわだつみの水面から太陽のもとへと引きあげられて、無に帰すべきものを? まことに、神秘のほどはいままでにもまして測りしられず、空しさも大きく思われるのでした。そうです、こうして死すべくして生まれ、無に還るべくして長らえるにすぎないとすれば、感覚とは、正義とは、また美とは、はたして何ほどの意味をもつのか?

ポール・ギャリコの描く悲哀はいつもやさしい。全編の柔らかな美しさに幾度も涙しました。この装画と挿絵は原マスミでファンタジックに作品を彩ります(新潮文庫)。訳者である矢川澄子は、「この小説『雪のひとひら』の主題はやはり愛のこと、もしくは美と愛との一致するところにあり、その答えは最後の甘美なささやきではありますまいか」と。これは、雪のひとひらが最期のこのときにあたり、幼き日々が蘇り、いままでいつぞ答えられなかった数々の疑問が舞い戻ってくる場面のことで、あたたかな涙と共に心が清められるかのようです。

「ごくろうさまだった、小さな雪のひとひら。さあ、ようこそお帰り」

そんな雪のひとひらの耳に最後に残ったものは、天と空いちめんに玲瓏と響き渡る、懐かしくも優しい言葉だった。老女の喜びと悲しみの一生を終える最後にこの言葉が残る。水の一滴、それは人間にも欠かせないものであり、大地や自然の恩恵を受けて生きている。どんなに小さなものでも、どんなに目立たないものでも、みんな其々の存在理由があり意味のあることなのだと想います。私はまだ人生の途中ですが老境に至るまでに、また最期の折にいったいどのような疑問が舞い戻るのだろう。きっと、雪のひとひらのように、幼き日の想い出が蘇りながらもその答えはないだろう。最後に聞こえる言葉がやさしい響きであれば幸せな人生だったと想えるのだろうか。それならばその為にも苦しみを望む。望まなくともいつもやって来るけれど、それらの苦しみがなければ幸せもないと想って今を生きてゆく。
[PR]
by claranomori | 2012-02-20 17:02 | 往還する女と少女
b0106921_19274499.jpg

僕は政治的には無知な国民として事変に処した。黙って処した。それについて今は何の後悔もしていない。大事変が起こった時には、必ずもしかくかくだったら事変は起こらなかったろの復讐だ。はかない復讐だよ。この大戦争は一部の人達の無知と野心から起こったか、それさえなければ、起こらなかったか。

どうもぼくにはそんなおめでたい歴史観は持てないよ。ぼくは歴史の必然性というものをもっと恐ろしいものと考えている。ぼくは無知だから反省はしない。利巧な奴は(お前らは)たんと反省してみるがいいじゃないかね。

小林秀雄 
著:石原慎太郎 『私の好きな日本人』 - 小林秀雄 -
より

★観念的左翼陣営の批評家たちが、戦後の流行であった日本の知識人たちの戦争批判を、なぜ一緒にしてくれないのかという言い分に対して、小林秀雄(明治35年:1902年4月11日~昭和58年:1983年3月1日)という日本最強の近代文芸評論家は、この(上記の)ようにいい切り突き放す。また、戦後以降今日まで流行る進歩的文化人なる手合いをこれほど無下に切り捨てた論も滅多にない。何も小林秀雄なる人の権威のせいではなしに、それ以前に、小林秀雄という一人の人間の強固な存在感の故に他ならない、と石原慎太郎は語っている。

若き日の石原慎太郎の小林秀雄との想い出、そして小林秀雄と様々な人々との邂逅などが綴られる中で伝わる小林秀雄への畏敬の念、また微笑んでしまうような逸話もあり愉快である。小林秀雄の他の戦前戦後の数多の知識人たちとの知性の格の違い、それ以上に人間としての分厚さが格段に違うのだ、と言い切る。傍若無人な強烈な個性、さらに保守文化人であり愛国者としての正論等々は、今日の批判反撥を向うにし老骨にむち打ち孤軍奮闘する石原慎太郎という人の姿でもあると想います。石原慎太郎が『私の好きな日本人』の一人に小林秀雄を挙げているのだけれど、すべてに於いて格段の差のある私が畏れ多くも、今生きる日本で、「私の好きな日本人」の一人に石原慎太郎を胸熱く挙げたい。荒っぽい物言いの中に培った教養と体験が帯び、その発言者たるはやはり小気味よいのである。文学者、あるいは政治家としての石原慎太郎という以前に、一人の人間の強固な存在感の故に他ならない。普通ならゆっくり過ごしたい老境であろうに、そうはゆかない今日の憂国ぶり。先述の萩原朔太郎の「古いことの正義」の系譜とも云える気概、粋な姿はかっこいい!
[PR]
by claranomori | 2012-02-19 18:58 | 愛の花束・日本の抒情・文学