あまりにも私的な少女幻想、あるいは束の間の光の雫。少女少年・映画・音楽・文学・絵画・神話・妖精たちとの美しきロマンの旅路♪


by chouchou
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

<   2011年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧

b0106921_18363444.jpg
★先日フリーペーパーに寄稿させて頂きました。タイトルは私の心のキーである「華麗なる美学」で、今回は80年代の音楽と映画について書きました。かなり文字数をカットしたのですが、12月初頭に発行されるそうですので、12/4のモーマスのライヴをメインとするイベント『MONEMENT』で配布させて頂けそうです。この日はVelvet Moonの小さなブースも予定しております。同日は『なんでもない日のお茶会』もございまして、スペシャル・ゲスト・ライヴはシモーヌ深雪さまです!私はお茶会の終了後、大急ぎで心斎橋に向かいDJなのでちょっとドキドキ♪

常日頃から心の核にある18世紀~19世紀のロマン主義、ポスト・ロマン主義、あるいはデカダン思想なるものに触れては考えさせられ続けているのですが、こじつけかもしれませんが、どうも今日の我が国日本の状況、社会との鬩ぎ合いの中での精神的不安のようなものが合致してしまうのです。デカダン思想は病的で悪徳のように揶揄されがちでもありますが、19世紀は18世紀後半の産業革命以後、英国を始め、ヨーロッパの文化が大きく変容する。文化と文明は共にしながらも異なるわけで、云わば文化と文明社会の拮抗していた(開始の)時代であり、その時代の作家が英国(アイルランドの作家ですが)ではオスカー・ワイルドであり、フランスではボードレールやユイスマンスの存在が大きく、共通する反ブルジョワ思想、反文明思想に時代も状況も当然異なる中で、妙な共鳴が私に光を投げかけて下さるのです。機械文明、物質的豊かさの果ての拝金主義は人間の心、美を愛でる心、文化を尊ぶ心を衰退させてしまう。書き終えた原稿の中でも、大好きなオスカー・ワイルド、及び、もう少し古き世代のロマン主義作家、テオフィル・ゴーティエの言葉を引用させて頂き、国難の日本に於いて守るべきもの、普遍なる美はまだ残されていると痛感している今日この頃です。ズバリと書けないことも多々あるのですが、今回の東日本大震災から8ヵ月を経て、強固になってゆく私の想いは歴史、温故知新、家族、絆、また言葉の尊さであり、同時に相手の見えぬ不安と憂慮でもあります。幼き頃からヨーロッパかぶれした子供でしたが、やはり伊達や酔狂も学びとなる。アメリカの素晴らしさもありますが、やはりヨーロッパの複雑怪奇な長い歴史は途轍もない学びの宝庫であると想うのです。機能主義、合理主義を優先し高度経済成長の日本で生まれ育ち今に至る。けれど、どうも息苦しいと感じながら...。何が私に人生謳歌させてくれるのか!と考えると、やはり"美しきもの"、"美"のお陰だと云える。お金に換算できない美の方が遥かに心の糧となり栄養となるのです。きれいごとと笑われて来たけれどやはり大切なのです!

「無用でなければ、何も美しくはない。有用なものはすべて醜い。」

このゴーティエの言葉はワイルド経由で知ったのですが、伝わる者には正にスローガンのような名言であると想う。言葉の深き処を探らなければ誤解されがちな言葉でもあるけれど、実に正論だと想う私です。例えば、身近なものではレコードのジャケット、美麗な書物の装幀、古き映画の細部に見える美術の素晴らしさ...私の生きて来た時代の中でさえ、やはり昭和と平成で大きく変容したと回顧できる。機械や技術の進歩で生活が豊かに便利になったのだろうけれど、子供の頃の風景の方が情緒に溢れ美しい。いつしか大人になり何か息苦しいと感じながら、時に精神的にも不安定になりながら、内臓も患いながら歳を重ねているけれど、出来るだけ大切にしたいと想うのは、無用だと蹴飛ばされそうな"美しきもの"だと心底想う。それは人それぞれ異なるけれど、少数派かもしれないけれど、私は日本が好きだから日本の美を感じて生きていたい。異国の素晴らしい文化に学びながら。ようやく、我が国日本を意識できるようになれた事、当たり前で認識の薄かった日本人であるということの尊さを大きな災害、犠牲の中で学び得たことは皮肉ですが、唯一の被爆国である日本が、やはり米国設計開発による原発で今も復旧復興ままならぬ状態であることに過敏に成らざるを得ない。もうそろそろ良いのではないだろうか...決して反米ではないけれど日本は日本であるのだから、と、長い歴史や伝統の中で生きている言葉を超えた日本の美を色々と考えていると心が落ち着くようなのです☆

※関西電力は今年の冬は10%節電だそうです。猛暑の節電も大変でしたが知恵を使うこと、工夫することも結構楽しいと想えます。今も電気が行き渡っていない東北の方々はもっともっと寒く厳しい日々を過ごされている。大阪ガスも値上げと伝え聞くけれど、体調を崩さないように何とか白い冬を心豊かに過ごしたいと想います。
[PR]
by claranomori | 2011-11-18 19:36 | 想い・鑑賞・読書メモ
b0106921_2283537.jpg

屋根裏Bホラーショウ ★ Candy Jane × 六軒狼 エキシビジョン

~血みどろのクリスマス 真冬のホラー 恐怖の7日間 猫が見ている!
屋根裏の地下室 バンドネオンの少女が鈴を踏んだ ポンポコリン~


Candy Jane × 六軒狼 エキシビジョン
~屋根裏Bホラーショウ~

2011年12月18日(日)~12月25日(日)

大阪北浜・テンワットギャラリー
大阪市中央区平野町1-6-8-901 メロディハイム平野町10F
http:www.10w.jp/

12月18日(日) 18時~20時
12月19日(月)~25日(日) 14時~20時
12月23日(祝)はホラーイベントデー

12/23 guest
Kanashibari
木材
天神橋六ッカーズ
秦 浩司 (VP MONCHI)

★特設サイトURL は こちら ↓ です。
屋根裏Bホラーショウ

※お友達のCandy Janeちゃんの六軒狼さんとのエキシビジョンのお知らせです。真冬のホラー、ユニークで妖しげなクリスマスも良いかも~♪

[PR]
by claranomori | 2011-11-17 22:05 | お知らせ
b0106921_2191051.jpg★ジェラール・ド・ネルヴァル(Gérard de Nerval:1808年5月22日~1855年1月26日)の1854年の最晩年の作品『火の娘たち』。嗚呼!ネルヴァル!!フランス・ロマン派の奇才作家。大好きな作家と云うよりも深く深く私の心に沁み入り続ける詩人です。なので、綴るのはちょっと安易ではないので軽く。どうした訳か、16歳~17歳頃に出合った音楽と文学は私の中でいつまでも寄り添い合ってしまうようです。ネルヴァルというと、ブリジット・フォンテーヌのとりわけ70年前後作品、楽曲たちが絶妙なハーモニーを奏でるかのように響きます。ジェラール・ド・ネルヴァルは狂気の果てに死に至ったお方ですが、ニーチェも然り。発狂死というものがいったいどんな世界だろう...と考えます。凡人の私には到底分かりはしないけれど、ある種の聖域で神聖な純粋さをも感じてならないのです。人間の究極の境地の一つでもあるような。

何冊か読んでいるのですが、今日は『火の娘たち』の『シルヴィ』を。最初に読んだのは80年代でやはり新潮文庫でした。20数年ぶりに先日読み返したのですが、もの凄く感動しました!20数年の時の流れの中で、私も歳を重ね少々の人生の苛酷さを知ってしまった。けれど、人生は尊いものであることも知り得たつもりです。この先何が待ち受けているのか分からないけれど。幻視文学あるいは幻想文学と喩えることも可能ながら、当のネルヴァルご本人は現実と夢の世界を自由に彷徨しているので、読んでいて摩訶不思議なのです。夢幻的という言葉がとても似合うもので、一貫して漂い続ける叙情に涙しました。マルセル・プルーストの絶賛を受けたものの、19世紀後半には忘れ去られていたネルヴァル。20世紀になり、ようやく再評価されたのも、今だと何となく分かる気もします。時代背景的なものを少しは考慮しながら読むと、やはり途轍もない時代だったのだと。ネルヴァルは、実在の女優ジェニー・コロンに強く熱情を示し、叔父の財産総てを彼女を讃美するための雑誌「演劇界」の発行に蕩尽している。けれど、ジェニーとその後再会したのは一度だけ。それでも、ネルヴァルにとっての"永遠の女性"として生涯心の中で生き続けることに。そのジェニーの死の知らせの衝撃は大きくネルヴァルをさらなる夢の世界へと誘い、幾度かの発作、療養を経るがもう戻っては来れない。ネルヴァルにとって、現実というものは常に闘うものであったように想う。革命の狭間の少年時代、育ての親のような叔父の神秘主義の影響、早くから聡明で豊か過ぎる感性はやはり現実から夢の世界へという地獄を辿り、行き着いた果ては穏やかな"第二の人生"であったのだと。

『シルヴィ』『エミリイ』『ジェミイ』『オクタヴィ』『イシス』という女性名5つからなる『火の娘たち』(私が読んだものは『火の娘』 訳:中村真一郎 新潮文庫)のシルヴィとはオーレリアに続くもので、ネルヴァルの原初的な美しい想い出の土地、ヴァロワ地方の自然と遠い昔の幼な友達シルヴィ。その少女シルヴィへの愛が夢の恋人オーレリーへの連鎖という物語。もう論理など軽く超えたもので、ネルヴァルはロマン主義と象徴主義の作家だと痛感。記憶、過去、想い出の深い処から無意識的に精神を放浪させる形式。これはプルーストの『失われた時を求めて』の先駆的な作品であり、またアンドレ・ブルトンの『超現実主義宣言(シュルレアリスム宣言)』へと繋がるもの。20世紀後半になり、ボードレールと並ぶ詩人と云う評価に至るのは、やはり作品の中に流れる"詩"であり"歌"(古謡など)が美しく、正に夢と追憶の陰影からなるソネットのようです。やはり、私は歌の流れる、響く小説などがとても相性が良いようです。そして、想います。このような作家の作品はどんなに社会や科学が進歩しても解き明かされるものではないのだと。論理的よりも象徴的なるものの方が、私には必要であり大切な心の糧として空を舞うのです。

想うままに綴っているので取り留めなく、まだまだ続きそうです。フランス・ロマン派の作家、テオフィル・ゴーティエとはシャルルマーニュのリセの同級でもあり親交の深かったお方であります。フランスに限らず、やはり19世紀に夢を馳せることが多く、尽きない学びの源泉のようです。
[PR]
by Claranomori | 2011-11-03 08:08 | 19世紀★憂愁のロマンと美