あまりにも私的な少女幻想、あるいは束の間の光の雫。少女少年・映画・音楽・文学・絵画・神話・妖精たちとの美しきロマンの旅路♪


by chouchou
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

<   2011年 04月 ( 15 )   > この月の画像一覧

 今日は2011年4月29日、「昭和の日」という祝日。そしてGWの始まり。3月11日から50日目となる今日が「昭和の日」という祝日であることを数日前から不思議な気分で待っていたようなのです。そして、先日27日には天皇皇后両陛下は東北の被災地に出向かれ、被災者の方々にお声をかけられていたご様子が報じられた。涙を流されていたお方のお姿と共に私はまた泣いていた。嘗て、昭和天皇も敗戦後、長期に渡り巡幸されたという。そのお話は父から伝え聞くことで知ったのだけれど、今回の東日本大震災での明仁天皇、皇后両陛下の佇まいに私ですら心癒される。それはどうしてだろう...と天皇陛下のビデオメッセージ以降考えていた。

 私の両親は歴代天皇の名を暗唱していた。私は飛び飛びにしか知らない。「昭和」から「平成」という時代に生まれ生きている私は、年を重ねる度にこの長い歴史の日本に想いを馳せる。と同時に西欧の歴史への興味はさらに深まるばかり。戦争を知らない私は戦争体験、及びその敗戦後の風景が記憶として残されている方々のお話を聞いたり読んだりすることが好き。その当時、少年少女だった私の両親が今はもういないことが寂しい。

 私の子供の頃、それも一桁の年頃までだったと想う。その頃は祝日になると玄関に日の丸(国旗)を掲げていた。私の家だけではなくご近所のお家も。こうして暫く忘れていたことをふと想い出すのだから記憶の構造とやらは如何なるものなのだろう。そんな幼年期に印象強く残っている災害のこと。まだ弟は赤ちゃんで記憶にないようだけれど、私ははっきり覚えている光景が今も浮かぶ。台風による降水量が増し、まだ当時の町の水はけがしっかりしていなかったゆえだろう。レインコートを着て長靴を履いて外にでると、私の膝以上の水嵩だった。少し離れた場所では床下浸水したお家もあったと聞いた(その意味も後に理解したのだけれど)。まだまだ雨は降り続け風も強かったと思う。父に家の中に入るように注意されたけれど、その様子を見ていたかった。父とご近所のおじさんたちが声を掛け合いながら、必死で作業していた。私はいったい何をしているのか分からなかったけれど、その父の姿がカッコ良かったことを想い出す。

 東北大震災で多くの方が被災され、50日を経た今もまだまだ瓦礫の山は残る。大津波による死者の中に小中学生の少年少女も多い。阪神淡路大震災の折にも震災孤児となってしまった子供たちがいたけれど、その数よりずっと多い。嘗て、戦争孤児になってしまった子供たちをも想う。また、福島原発の事故による退避地域とされる区域に今も住んでいる方々がいる。その中には病身の方や幼い子供たちも。生まれ育った町から出て行かなければならないなんて...。新たな出発が出来る方も居れば、そう簡単に故郷から離れることを受け入れることができない方も居る。その上、いったいどのくらいで戻れるのかも分からないのだから。故郷喪失である。日本のこれまでの歴史の中で幾度も天災による復旧復興、あの焼け野原の戦後ですら復興してきた日本。けれど、今回は自然界に存在しない放射能物質という問題による人災が重なってしまった。ただ東電や官邸を責め立てることでは何も解決しないだろう。けれど、こうしたやりきれない想いは日本全体に及んでいて収束も見えない。被災者の方々の為にも過度な自粛は避けて普通通り過ごした方が良いと...そう私も想うのだけれど、どうもそうもゆかない。

 4月中旬から随分体調不良に陥ってしまった。今は少しマシになっているけれど、嘗てのように100歳まで生きるだろうという想いも薄くなってしまった。けれど人生謳歌は続けていたい。その為にはバランスが大切だと想う。なので心がけているのだけれど、安易ではない。そんなに自己管理能力など持ち合わせていない。けれど、祈りを続けることはしている。心の中で両親にお話ししたりも。声が聞こえるわけではないけれど、父ならどうしただろうか、何と言っただろうか、母なら...と。

 このGW中に天皇皇后両陛下は再び東北の被災地に出向かれるという。巡幸である。復旧復興にまだまだ時間がかかり、その間、助かった人々でさえ日々、身体に受けるストレスは多大なものであるに違いない。其々の体質や性格により様々だけれど、心に受けたものは日増しに募るように想う。「頑張れ!日本」であるけれど、頑張れる方は頑張り、頑張れない方は頑張らなくて良いと想う。頑張れる時で。ただ、多くの方が亡くなられた中、助かった命を大切にしてほしいです!そんな人々が頑張っている姿から学ぶことは大きいし尊い。そんなことを胸に刻み思考している。私の生きて来たこの日本という歴史の中には、多くの先代たちの叡智と勇気がある。そして、2600年に及ぶ日本だけの「天皇制(皇室制度)」というものを考える契機となったことも私には大きな意味があるようで、天皇という存在はきっと神様や仏様ではないけれど、世俗に生きる私のような者とも当然違う。では何だろう...と考えると俗世界より天上に近い神聖なる領域というものがあるのではないだろうか。なので、あの天皇皇后両陛下のお言葉や表情、佇まいから得られる慈悲、慈愛のお心が人々の心に伝わり安堵をもたらしてくださるのだと想う。

 またしても、取り留めのない綴りになってしまったけれど、今日のこの「昭和の日」を私は静粛に受け止めていたい。私の想いなので、何云ってるのだろう...と呆れる方も居られるだろうけれど、私は科学や技術を過信したくないし、不便になっても良い。時代が猛進する中で失われて来たものを取り戻すことができればそれを望む。母は失明したので何となく遺伝するのではないかと本心は不安でもある。いつかそんな日が来たとしても、心に刻める言葉はできるだけ刻んでおきたいとも。なので、10代後半以来の勢いで読書量は増えている。新しいものはやはり疎く、それでも中世から戦後文学までという時代に残された作品が多いけれど、それらの読書感想も以後は多くなるような気がしています。
[PR]
by claranomori | 2011-04-29 12:49 | 想い・鑑賞・読書メモ
b0106921_173858.jpg
 2011年3月11日2時46分頃...この日から6週間を経て想うことは深くなっている。そうした中で元来の弱い内臓に響くのは当然だと享受しながらも怯える心。人生謳歌とは何も享楽生活のことではない。この東日本大震災の復興はまだまだこれから。「安くて安全」と云われてきたものが実はどんなに恐ろしいものであったか。日本のバブル期に起きた旧ソ連のチェルノブイリの原発事故。あれから25年を経た今もお金では解決できない苦しみを背負いながら生きている人たち。今では「ソ連」という響きが懐かしい、お若い方には馴染んでいない国名。現在はウクライナの独立国になり、大国ソ連は大きく変貌した。日本はあの第二次世界大戦で広島と長崎に原爆投下された。首都の東京ではその以前に関東大震災が起こり、戦争では東京大空襲で焼け野原に。そんな我が国日本はそれでも復興し、アメリカに次ぐ経済大国と経済成長した。幼き頃、オイルショックが起きたというけれど身に染みた記憶はない。そんな呑気な子供であるのが私の成長期なのだ。

 今なお行方不明の方は多く、助かった方々でさえ疲労やストレスが嵩む中、それでも被災者たちによるボランティア活動もなされている。こうしたコミュニティーの力って凄い。地震国日本、火山国日本は常に自然と共に生きて来た。けれど、今回で露わになった原発、放射能の恐怖を長年訴えてこられた人々が民放に出演されることはなくなり、一般市民である私たちは反対も賛成もなく明るくより良い未来という用意された道を歩いていたのかもしれない。大きな疑問、?がいっぱいでよく分からないけれど問題提起されたことを教訓として、考えてゆくことが大切だと想う。

 多くの人はテレビは民放を観る。なのに原発反対派の活動をされて来た人々の出番はなくなってゆく。危険人物だと何か大きな力がかかるのだろう。広瀬隆氏が嘗て「朝まで生テレビ」に出演された映像をあげてくださっている方がおられる。観たかったので嬉しい。まだ途中で少しずつ作業してくださっているようです。政府や原子力研究所のお偉い方、各電力会社の人たち推進派の人々ってどうして・・・?接待の中にジャーナリストもいるというし、民放はスポンサーに逆らえない。こんなメディア操作された日本は隠し持つ情報をなかなか公表せず、後から少しずつ。世界はうんざりしているのではないだろうか。外国の方の放射能に関する意識は日本人とかなり違うようで、私にだって「フクシマダイイチ大丈夫ですか?あなたの健康は?」というようなメールが届く。既に広がっているけれど、東日本の大震災ではなく、日本の大困難で、ゆえに戦後最大の国難の機に今ある。ある意味、私個人としては色々考える機会を与えてくださったこと、この時代に生きていて良かったとも想う。多くの方の犠牲を無駄にしてはならないと。

 チェルノブイリの子供たちは、今も奇妙な病気が多発していて施設で暮らす少年少女たちが多い。ある学者は「それは放射能による直接の原因は確認されておらず、体質によるものである」とか。大阪で生活する私なんかでも体調狂うのだ。この子供たちの両親たちが被曝されいて、その遺伝に怯えることからの病気だとしても、根源には放射能による問題ではと想う。目に見えないもので、人それぞれの体質によって皆異なる。チェルノブイリの事故の収束作業に30万人もの作業員が担ったという。こうしたことが今、福島で被曝の恐怖を前に作業されている人々が居られる。その方達は東電の協力会社の作業員と。「協力会社」とは元請、下請、孫請...の人たち。その線量の基準をさらに上げるなどと書かれていた。人間が作ったもの、その事故も結局は人間の手で。その現場に居られる方々のことなどもっと知りたいのに、タブーなのか報道はほとんどされない。変である。

 嘗て原田芳雄、倍賞美津子、平田満他の出演の『生きてるうちが花なのよ 死んだらそれまでよ党宣言』という映画の中で、「原発ジプシー」という言葉、そうした人々が描かれていた。その時に知った言葉を想起する。広瀬隆氏の支持者であったという忌野清志郎は覆面バンドのタイマーズで反原発ソングを作り歌っていたことも。その時清志郎さんは契約を切られたのだろう、違うレーベルからアルバムを出しライヴ活動。こんな勇気のある人たちは必ず何かの圧力がかかる。フィクションだけれどノン・フィクションのようなアメリカの映画『チャイナ・シンドローム』ではジャック・レモン扮する原子力発電所の頭脳部で働く社員の告発は死に至った。この映画の後、スリーマイル島の事故が起こる。今回の震災後、この映画を観返して慄いた。何故、命がけで作業する人たちの会社名や名前が出ないのだろう。出なくてもよいとしても、彼等にも家族がある。福島に住む人たちだって。

 福島から他県に移った子供たち。何件かのニュースを読んだけれど、小学生の子供たち。公園で兄弟が新しい環境で遊んでいた。方言ゆえだろう、地元の子供が「どこから来たの?」と尋ねた。その兄弟は「福島」と。すると子供たちは「きゃあ~」とか「放射能がうつる」と言い、その兄弟は泣いて家に帰り、両親たちはまた移動したという。子供たちは子供たちで考える力がある。それでも様々。この記事を読んだ時も泣いてしまった。小さな兄弟だって悲しいのに、新しい土地で新しい学校生活を楽しみにしていただろうに。これは子供たちだけではなくて、大人たちの中でも問題になっている。さらに、海外からは日本製の食品および商品を敬遠する傾向が強くなっている。明るい日本でなくても良いな...私は眩しい光が苦手なので仄暗い程度が性に合うので問題ない。谷崎潤一郎の「陰翳礼讃」という言葉がある。日本の家屋にはそうした風情が本来多くあった。なのでコンクリートで覆ったような建物を見ても美しいと思えない私は、さらに「陰翳礼讃」を快く望む。

 万の神の国。太古から神様や仏様に手を合わせる、祈るという気持ちが日本にはある。そうした長い歴史の中で育まれてきた日本人の礼節のようなもの。この尊い姿を海外の人々は称賛するけれど、何も意識してのことではなく「日本人」であるがゆえの姿である。計画停電で首都圏は大混乱。でも、一人一人が「ちょっと節電気をつけよう」と思うだけでかなり状況は変わったのも、そんな国民性ゆえだと想う。科学を過信することにアンチであった私。アンチで何も知らないのは最低なので興味はないけれど、それらの書物も読むようになった。でも、心は豊かになれないので中世から19世紀末辺りの文学作品を愛する傾向はさらに強まるのだけれど。先日読み終えたのは親鸞聖人の『歎異抄』。10数年ぶりに読み返した。親鸞聖人は20年程、常陸国で布教活動をされ、京に戻るのだけれど、親鸞聖人の生きた時代は鎌倉、戦国時代。選択教科は世界史で日本史は疎い。けれど、中世という1000年もの長い時代は激動の時代であり戦国の時代。その中で多くの優れた芸術も生まれている。そうした符号にも興味が尽きない。取り留めのない綴りとなってしまいましたが、今の気分で15世紀のフランスの詩人アラン・シャルティエの詩を☆

嬉しげなる顔つくろい
いつわりの喜び示し、
心にしいて歌いしが
楽しきが故ならず、恐れのためぞ。
悲しみの名残り
常にその声音にまじる、
再び悲しみに帰りき、
さながら歌に帰る 林のくろうた鳥のごと。

アラン・シャルティエ


※個人的な想いを綴っておりますので転載は嬉しくないのですが、共有してくださるお方が居られましたら大変うれしく思います。スキャンしたりして掲載しております画像等もご自由に共有してください。勝手が分かっておりませんが、本日より、とりあえず最近の記事からソーシャル・ボタンを付けてみました。コメント等もお気軽によろしくお願いいたします♪
[PR]
by claranomori | 2011-04-24 18:02 | 想い・鑑賞・読書メモ
b0106921_7494096.jpg

『美しきを愛でる会』 第二夜

美しきものは素晴らしい
ともに「美」を楽しみませう・・・


6月4日(土)桃源郷(京都・烏丸)にて開催!
時間は18時~20時迄
その後希望者のみ予約制で打ち上げが22時頃迄ございます。
会費は2000円で、定員15人くらいまで、
打ち上げパーティーは追加料金1500円です。
☆ドリンクと軽食付き☆

★第二回目の日程が決定いたしました!
今回のテーマは『男の美学』となりました。
私の予定は『背徳の美学』でアラン・ドロンでございます。
テーマとは別に懲りずにデヴィッド・ボウイさまの事も♪

桃源郷様乙女屋様&私chouchou(Velvet Moon)、各自の美しいと思うお勧めのアーティストを紹介するというイベントです♪
会報のプレゼントもございます♪
その他、特典も只今検討中でございます。
随時ご報告させて頂きます。

※5月の週末はイベント予定ギッシリです。6月から7月も妖しげで楽しみなイベントが続きます。詳細は随時お知らせさせて頂きます。私はすっかり震災病に陥ってしまい体調不調なのですが、今月中に体力気力ともに回復温存できるように頑張りたいと思います。
[PR]
by claranomori | 2011-04-22 18:00 | お知らせ
b0106921_2127162.jpg

煙ノ夕間 Presents
『悪魔の毒々ロックナイト!!』


◆2011/7/23 (土) ユウグレからヨアケまで (18時~5時)
◆@船場地下一階   

地獄のライブ  会場B1
OPEN 18:00/START 18:30
前売 :2000 当日:2500 (1D別)

天国のサロン  会場4F
OPEN 22:30~CLOSE 5:00
ライブから :500(1D代)
サロンから :1000(1D込)

【地獄のショータイム@B1】
◆Cast from Hell!
 シモーヌ深雪
 ELECTRIC MAMA   
 JET PEPPER TOWER  
 デンキースG
 DOMINA X  

Zombie Fire Show
 From the Ashes

◆MC
 サーシャ・カムパネルラ (from ストロベリー・ソング・オーケストラ)

◆DJ
 風輝<FU-KI>(暗黒系ROCK BAR MiDiAN)   
 RECORD&CD SHOP VELVET MOON
 SION★AKIHABARA

【天国のサロンタイム@4F】

地獄の炎で真っ白に燃え尽きたあなた、
余韻に浸っているうちに終電を逃したあなた、
夜が更けるほど冴えてくるヴァンパイアのあなた、
どうぞそのまま天国のエレベーターへ…
絨毯敷きのサロンスペースで、靴なんて脱ぎ捨てて、
死ぬほどまったりいたしましょう。

知る人ぞ知るホラーマニア、シモーヌ深雪による、
秘蔵映像を織り交ぜたホラー・トークショー

暴走した筋肉をじわ~…っと癒す、
足湯&タイ古式マッサージ

小腹も心も満たす、美味しいフード

夢ううつに聞く、心地よい音楽

In heaven,everything is fun…

~サロンタイムは、つまり豪華な打ち上げです。
 ここからの参加もOKです。(要参加費)

トークショー、ブュッフェ、
マッサージブース有の豪華打上げ!
サロンだけのお越しも歓迎します!

※地下一階での予約受付は、22日午前中まで。
   ticket@perversion-web.com
外部オフィシャルサイト⇒こちらをご覧ください

Presented by
UMA SMOKY
煙ノ夕間

・詳細・変更等は随時お知らせさせて頂きます。
どうぞ、よろしくお願いいたします★

※猛暑真っ最中ですが、Velvet Moonは【地獄のショータイム@B1】の方でDJ参加いたします。私たちはボウイとかT.REX等のロックとかゴシックとか恐怖映画のサントラなどからDJ予定です。 『星空サロン 夢見』(←7/18・土 ※こちらも詳細は後程)のレギュラーでもある血と薔薇のAI君もメンバーの京都のカッコイイバンドJET PEPPER TOWER他楽しみなライヴやショー、そしてシモーヌ深雪さまのライヴにホラー・トーク、美味しそうなブュッフェ等のブース等々、サロンタイムまで豪華な内容です☆

[PR]
by claranomori | 2011-04-21 21:25 | お知らせ
b0106921_20475095.jpg

『Shadow Of Light』

2011年7月1日(金)
場所:心斎橋SOCIO

時間:18時 OPEN START (23時位まで)
料金:1500円(1ドリンク付)

DJs
Zoe (sub-culture)
Mine (sub-culture)
DJ Slip (ex ECSTASY BOYs)
chouchou (Velvet Moon)

ライヴ
SILENT HEAD
GLAMPIRE

★別名『Bowie Night』第二弾との噂も。
デヴィッド・ボウイやニュー・ウェイヴを中心にDJとライヴのイベントです。

私はボウイ・チルドレンなので、ボウイとボウイ・フォロワーの曲かけます♪
フライヤーはニジンスキーですね☆ライヴも楽しみです!
是非!お越しくださいませ♪

※本家sub-cultureのイベントは涼しくなってからでしょうか?・・・でも、Velvet MoonとしてDJ参加の楽しいイベントが7月にはまだあるので、随時お知らせさせて頂きます!
yamatenは今回はDJしないのかなあ?8月の秋葉原紫音ちゃんとDJ Slip氏のお誕生日パーティーで久しぶりに四つ打ちDJ参加が決まっている模様です。また詳細は決まり次第!私はそちらはお客さんで行きます。時間が過ぎる毎にビートが早まるというパーティーみたいです☆

苦手な夏ですが、素敵で愉快な友人たちと音楽や映画と共に乗り切りたいと思います。
皆様、どうぞよろしくお願いいたします!

[PR]
by claranomori | 2011-04-21 18:00 | お知らせ
b0106921_11181257.jpg

『ゲンスブールと女たち』公開記念
オレンジレコーズ presents ゲンスブール・ナイト


日時:5月27日(金)
時間:19時~23時
会場:MAMBO CAFE
大阪市北区大淀南1-1-14 梅田Shangli-la 2F
料金:前売り2300円 当日2800円

ライヴ
サエキけんぞう&クラブ・ジュテーム
Momus
Les Cappuccino

DJ
グルーヴあんちゃん
社長と専務 (Orange Records
Yamaten et Chouchou (Velvet Moon

*出演者によるトークショーもあります。

サエキさんはクラブ・ジュテームで決定致しました。
Les Cappuccinoは3人ユニットでの予定です。
モーマス(Momus)のライヴ内容は今からご連絡っと♪

★映画公開及びイベントの詳細は随時お知らせさせて頂きます。
久しぶりの大阪での『ゲンスブール・ナイト』です。
どうぞ皆様お越しくださいませ♪

チケット予約&お問い合わせ
MAMBO CAFE TEL:06-6343-8602(14:00~24:00)
オレンジレコーズ:info@orangerecords.biz

RECORD&CD SHOP VELVET MOONこちらのフォームよりご連絡ください。
または BRIGITTE 及び私chouchou宛に直接ご連絡ください♪

[PR]
by claranomori | 2011-04-20 13:00 | お知らせ
b0106921_1341652.jpg

MD
electronics live show vol.2


2011.5.14 Sat
start 18:00

あまり派手なeventではないですがNewwaveからの面白いelectronics musicをDJメインでlive(今回liveはMINE + kick.Sのみです)と楽しんでください。踊りたい方、雰囲気を楽しみたい方、MDは女性1人でも楽しめるeventなのでお気軽にお越しください。

*DJ or Live*
Sub-Culture crew
DDZ
MINE + kick.S

MD electronics live showではUstream配信も?!
今回は私もchouchou noirでDJ参加させて頂きます。
こちらはダークで妖しげな電子音楽中心のイベントです。楽しみです★

at 南船場 地下一階
大阪市中央区南船場1丁目1-12
企業交流プラザビルB1F
06-6263-1133

door 1,500yen(with 1drink)

[PR]
by claranomori | 2011-04-20 12:00 | お知らせ
b0106921_15444680.jpg

『星空サロン 夢見 in あめりか村SOCIO VOL.8』

道を歩けばギラつく雑踏耳障るノイズ.
見つけた扉開いてごらん.
こちら一夜のロマンチック.
星降るお部屋においでませら.

2011/05/21
開場:23時
ADD/2000<1D>
DOOR/2500<1D>

Cast

・SpecialminiLive&Tolk&DJ・
シモーヌ深雪
怪奇と官能と愛の不毛をこよなく愛するシャンソン歌手。
また、1980年代より活動しているドラァグクイーンの一人。
デウス・エクス・マキナ的手法を用いたステージングアクトは、正統派ロマンティシズムとアンチリアリズムの信条に裏打ちされ、観る者全てに其かの鮮烈な印象を残す。
他に、パーティーオーガナイザー、ステージディレクター、コラムニスト、モダンホラー研究家などの顔を持つ。
DJ LaLaと共にオーガナイズするエンタテインメントパーティー“Diamonds Are Forever”は、去年末に20年目を迎えた。
(現在は京都CLUB-METROのレジデンツパーティーとして、月末の金曜日深夜に開催中。)

・NewIdol・
アイス
アリスセイラーと血と薔薇・AI=2.5次元★胸きゅんアイドルユニット☆
よろしくね(^0^) /

・DarkCabaretLiveShow・
秋葉原紫音
キラキラ耽美ロマンティストが贈る。
哀愁のダークキャバレーショーライブ。

・SpecialLiveBodyPaint・
gaimon ×genome
Tribal+Grotesque=∞
gaimon
http://mixi.jp/show_friend.pl?id=8058072
genome

・Paformance・
風美 準
所属 劇団KAZUMA
パフォーマンス アーティスト

・TalkShow・
シモーヌ深雪 x chouchou
今回はどんな音源飛び出るか。
マニア&音キチ待望の第二段!!!!

chouchou noir
好きなもの:少年少女・妖精・女性ヴォーカル・麗人・ロマン派全般・音楽・映画・文学・絵画鑑賞。
大阪のレコード&CDショップ:VELVET MOONのスタッフです。
星空サロン夢見にて現在レギュラーとしてDJ・トーク等幅広く参加。

・DJ・
シモーヌ深雪
VELVET MOON
sion★akihabara

・DreamingDolls・
夢子
一夜

・booth・
PANDORA

【次回星空予告】
~SOCIO★2011/07/16 23:00~
前売りチケット問い合わせ先
心斎橋SOCIO
〒542-0086 大阪市中央区西心斎橋2-11-5-2F
【tel】 06-6213-2060
【fax】06-6213-2061 
【e-mail】 music_socio@livedoor.com
http://idea-estate.co.jp/socio/
http://blog.livedoor.jp/music_socio/
星空サロン夢見
mixicommunity ID:5249756
又はCastまで.

[PR]
by claranomori | 2011-04-20 11:00 | お知らせ
b0106921_11484867.jpg

映画『ゲンスブールと女たち』公開記念
ministudio creative presents
『Gainsbourg, Un apres midi.~ゲンスブール・アプレ・ミディ』


企画主旨/イベント内容:
映画『ゲンスブールと女たち』の公開に合わせてイベントを神戸でも企画!
ゲンスブール・ファンである関西のアーティストやDJに参加して頂き、ミニ・ライブやDJ、トークなどを実施。
セルジュ・ゲンスブールの音楽や彼にまつわるお喋りを楽しみながら、関西での映画公開を待ちわびるお茶会イベントです。

日時:2011年5月15日(日) 13時開場/開演~16時30分終了
会場:ministudio creative (ミニスタジオ・クレアティヴ)
   〒650-0003 神戸市中央区山本通2-13-14 FIX213ビル A棟2F
   tel 078-271-8720 / e-mail info@ministudio.info
料金:1000円(ドリンク代別、1ドリンク制)

出演:アリスセイラー、オカノアキラ、chouchou(velvet moon)、sonoko、DJmameTEPPOU、安井麻人、吉本秀純、他未定

協賛:株式会社スタジオミニ、MONA LIZA CAFE
   
出演者プロフィール
アリスセイラー
80年代初頭、カルト的な人気を誇ったバンド、アマリリスを結成。CDに『アマリリス大全集』(Super Fuji Discs)がある。現在、ソロ活動の傍ら、アイス、アリスセイラー&ダメージ・ディストーションとしても活動中。

オカノアキラ
作曲家、ミュージシャン、DJ、声優。関西ではお馴染み、毎日放送のキャラクター『らいよんちゃん』の音楽、声優も担当。

chouchou (velvet moon)
BRIGITTE(フレンチ/女性ボーカル/映画/少女愛好の会)主宰。関西を中心にDJ活動、イベント企画なども行っている。「sub-culture」「美しきを愛でる会」「星空サロン夢見」「なんでもない日のお茶会」など参加。

sonoko
80年代より作曲活動を開始。87年、ベルギーのクラムド・ディスクスよりデビュ。ヨーロッパを拠点に音楽活動を続ける。現在日本在住。

吉本秀純 YOSHIMOTO, Hidesumi
音楽ライター。ワールド・ミュージックを中心に、広く音楽媒体で執筆する。近著に『GLOCAL BEATS 』(音楽出版社)などがある。

DJmameTEPPOU(マメテッポウ)
セルジュ・ゲンスブールが大好きな女子。趣味はDJ。といっても、ほとんどDJやってない。神戸テクノポップ・ミーティングや趣味のプログレ倶楽部などに参加。

安井麻人 YASUI, Asato
サウンド・アーティスト、音楽家。作曲活動を行うかたわら、ギャラリーや美術館などでパフォーマンス活動を行う。テクノポップ・ユニットA.C.E.のメンバーとしても活動。

他、VJ:Yamaten (from Velvet moon )、Live:グルーブあんちゃん、DJ:Kohoji Matsuda

問合せ:ministudio creative(ミニスタジオ・クレアティヴ)
電話 078-271-8720
Eメール info@ministudio.info
担当:村上

あと、当日サエキさんはご参加されませんが(5/27(金)の『ゲンスブールと女たち』公開記念★オレンジレコーズpresents ゲンスブール・ナイト』にはご参加!)、下記コメントを戴きました。
「セルジュは、永遠の旅人です。天国にいっても気持ちの
良いリズムと居場所を捜して、物色してるでしょう。
この神戸のイベントを、必ず彼は気に入り、やってくるでしょう。
ジタンを片手に、赤ワインのドンペリ割を呑みながら・・・
  サエキけんぞう」

映画『ゲンスブールと女たち』の公式HP情報です☆

尚、関西では梅田ガーデンシネマで公開されます。楽しみですね☆

あと、協賛のMONA LIZA CAFEはミニスタ近くにある店主がセルジュ好きのカフェ・バーです。
当日イベントに来られた方は100円オフ・サービスが決定致しました。
もしお時間宜しければ、2次会的にイベント終了後はこちらのカフェに行く予定なので、こちらにもご参加戴けたなら幸いです☆


少し前にも告知させて頂きましたが、イベントの詳細が決定いたしましたので、再度お知らせさせて頂きます。どうぞ『昼セルジュ』と関西公開も決定いたしました映画『ゲンスブールと女たち』も是非とも、よろしくお願いいたします!
[PR]
by claranomori | 2011-04-19 20:00 | お知らせ
「なんでもない日のお茶会 Vol.72」

5.1(SUN) ★ご予約受付中★

OPEN 16:00  START 17:00  CLOSE 21:00

[司会進行 メロディ]創作大好き造形職人そして人形師見習い、時々歌い手 ライトワーカーでもあります

[DJ VELVET MOON]
主にイギリス・フランス・ドイツ等のヨーロッパのロック・ポップス等を中心に、好きな音楽や映画関連をセレクトして取り扱っております

[写真BOOTH せっきー]今宵の記念にどうぞ お待ちしております
b0106921_8251634.jpg
↑ [GUEST-LIVE アイス] ↑
胸がキュンキュンお目々はHeart。元祖ロリータ・アリスセイラーと血と薔薇・AIによる近未来製キラカワユニット

アリスセイラーさんとChouChouのトークショー
 音楽トークということなのですが、子供の頃好きだった音楽やテレビのお話から始めて...etc.・・・ドキドキ♪

[アロマハンドマッサージ くろうさ]
様々なアロマオイルを使い貴女を癒しの世界に誘います

★ベストドレッサー賞の発表★
恒例!ベストドレッサー受賞者には次回「何でもない日のお茶会Vol.73」の無料招待券プレゼント♪
皆さん、思いっきりお洒落してお越しくださいね

★FREE FOOD&FREE DRINK(アルコール別途)
ADV:2000円  DOOR:2500円

★ご予約・お問い合わせ★
DollDress GalerieBrocante (ドールドレス・ガレリーブロカント)
06-4802-0155
info@brocante.jp

4月30日(土)深夜12:00までご予約承っております。

★毎月第一日曜日に開催されている『お茶会』です。
個性的な素敵な方々とご一緒にまったり、ほっこり過ごしています。
ご予約(前売り予約特典あり!)はVELVET MOONでも受け付けております。どうぞ宜しくお願い致します★

[PR]
by claranomori | 2011-04-19 08:35 | お知らせ