あまりにも私的な少女幻想、あるいは束の間の光の雫。少女少年・映画・音楽・文学・絵画・神話・妖精たちとの美しきロマンの旅路♪


by chouchou
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

<   2009年 08月 ( 8 )   > この月の画像一覧

b0106921_2221133.jpg
★1974年(公開は1975年)の超豪華キャストによるアガサ・クリスティ原作の映画化。「オリエント急行」を映画の中で拝見でき、この英国俳優を中心に私の好きな方々が揃っていてそれだけでも堪能できるもの。アガサ・クリスティものというと機会があれば観るようになっている。最初はTV放映で観たのだけれど、まだアガサ・クリスティ女史という推理作家のことも知らない頃だった。『そして誰もいなくなった』か『ナイル殺人事件』、この『オリエント急行殺人事件』のどれもテレビが初見なので最初に観たものがどれだか記憶が曖昧でもある。ミス・マーブル・シリーズやおしどり探偵・シリーズも観ているけれど、このような豪華キャスト・シリーズの映画化はやはり華やかで味わいが違う。他の作品も追々に感想を綴る予定。今のところ、一等好きなのは『ナイル殺人事件』かもしれない。

この映画のことを思い出したのは、2年半程前に綴った『ピクニックatハンギング・ロック』からの連想ゲーム癖によるもの。あの寄宿学校の厳格な学園長を見事なまでに演じておられたレイチェル・ロバーツが忘れがたい。撮影はこちらが先だけれど、公開は同じ年の1975年。レイチェル・ロバーツはこの『オリエント急行殺人事件』の中でロシア貴族に仕えるドイツ人の召使であり、同性愛者という役柄でもある。英国の優れた女優様であったのに1980年に自殺された、その理由は知らないけれど残念である。ミステリーがミステリーを呼び、現実と虚構の狭間で揺れ動く私の頭の中では何故か、こうしてインプットされてしまっている。また、この映画でベルギー人の名探偵エルキュール・ポワロを演じるのはこれまた名優アルバート・フィニであり、レイチェル・ロバーツとは共にお若い頃『土曜の夜と日曜の朝』(アラン・シリトー原作)で共演されていた。こうした名優が揃うと次々と連なるので愉快!

この『オリエント急行殺人事件』で、イングリッド・バーグマンが3度目のオスカーを獲得されている(2度は主演女優賞で今作では助演女優賞を)。そのスピーチも大女優なのに謙虚な素敵なお姿であった(リアルタイムではなく『アカデミー賞特集』の番組にて)。私の友人に熱狂的なミステリー・ファンがいる。その点、私ときたらお気楽な映画好きなので、あまり緻密な分析など出来ないけれど、アガサ・クリスティ御本人がまだ存命中に作られたこの映画は、1930年代という時代を華麗に表現していると思う。お美しい女優陣のお衣装やアクセサリーも見どころ。最後はジーンと切ないものを残し美しい。ジャンルなど関係なく、何か物悲しさを湛えた作風は大好きなのだと想う。

【あらすじ】1930年、ニューヨーク、ロングアイランドに住む大富豪アームストロング家の3歳になる一人娘が誘拐された。20万ドルという巨額の身代金が犯人に支払われたにもかかわらず、幼児は死体となって発見された。悲報のショックで夫人も亡くなり、アームストロング自身もピストル自殺を遂げてしまう。事件後6ヵ月目に犯人が逮捕されたが、莫大な金力とある種の秘密勢力を利用して証拠不十分で釈放されるという結果に終わった。それから5年後の1935年。イスタンブールからパリ経由カレーに向かうアジアとヨーロッパを結ぶ豪華な大陸横断国際列車オリエント急行には様々な国からの乗客が乗っていたが、その中には名探偵エルキュール・ポワロの姿もあった。2日目の深夜、折りからの雪で線路が埋まり列車が立往生している中、ポワロの隣の客室にいたアメリカ人富豪ラチェットが身体中を刃物で刺されて死んでいるのが発見される。鉄道会社からの依頼で事件の究明に乗り出したポワロは、一等寝台の車掌と12人の乗客たちの尋問を開始する…。

オリエント急行殺人事件/MURDER ON THE ORIENT EXPRESS
1974年・イギリス映画
監督:シドニー・ルメット 原作:アガサ・クリスティ 脚本:ポール・デーン 撮影:ジェフリー・アンスワース 音楽:リチャード・ロドニー・ベネット 出演:アルバート・フィニー、イングリッド・バーグマン、ローレン・バコール、ジャクリーン・ビセット、マイケル・ヨーク、アンソニー・パーキンス、ショーン・コネリー、ヴァネッサ・レッドグレーヴ、リチャード・ウィドマーク、ウェンディ・ヒラー、ジョン・ギールグッド、ジャン=ピエール・カッセル、レイチェル・ロバーツ、コリン・ブレイクリー

[PR]
by claranomori | 2009-08-27 22:20 | 文学と映画★文芸・史劇
b0106921_6332638.jpg
残暑が厳しい(昨年よりはずっと冷夏だけれど)のは毎年のこと。どうにか生きております。お優しい友人達からさり気なく、でも、思いやりに満ちたメールなどを頂いております(マンモスペコリ)♪

相変わらずの作業に埋もれる毎日。体調不良は続くけれど気分だけは元気。その秘訣はやはり好きな音楽や映画を鑑賞して得られる不思議なエネルギー(栄養)。それでも、毎日泣いている。馬鹿みたいに泣いている。そんなテーマの作品ばかりを選んでしまう。映画感想をメモしておかないと!と思いながらもなかなか...。

私はルキノ・ヴィスコンティ映画が大好き!10代からずっとあの美学に感化され続けている。ただ綺麗なだけの映画ではないので幾度も再見を繰り返す。常に新鮮な想いを抱き思考する。そして、その果てしない深遠に慄く。”戦争を知らない子供たち”である私、バブル時代をのんしゃら過ごしてきた私。『地獄に堕ちた勇者ども』はもう10回以上は観ているけれど、まだまだ再見を繰り返すだろう。同じ映画を10回以上も観る作品って、そんなに多くは存在しない。好きな俳優方が集結していること、不謹慎かもしれないけれどナチス将校姿が好きなこと(美的に)、そして、戦争による悲劇を追求してしまう私がいる。『愛の嵐』が最初に好きになった洋画である。また、アンネ・フランクの伝記を幼い頃に読み心に突き刺さったもの、その痛みのようなものの中には目を見据えて凝視せねばならぬものがあるように思う。子供たちが主役の映画が好きだけれど、色々観てしまう。そんな中、最近ようやく自覚してきたのだけれど、私は同じ位に、重なるテーマも含めて”同性愛”に敏感に反応してしまう。好きなのだ!何故かは分からない。けれど、哀しい程に好きで胸が痛くなるということは確か。

久々に傑作と云える映画を見た。生涯忘れがたい映画作品の一つになろう。この壮重にして暗鬱、耽美的にして醜怪、形容を絶するような高度の映画作品を見たあとでは、大ていの映画は歯ごたえのないものになってしまうにちがいない。

このように三島由紀夫氏も讃美された映画。希望の光を微塵も残さずに終えるこの『地獄に堕ちた勇者ども』は、今を生きる私たちの歴史に関係している。ナチズムによる悲劇。断罪されずにいた事実を元に脚本化されたヴィスコンティにしか描ききれない滅びゆく美。デカダン映画としてだけではなく、政治映画でもある。
b0106921_6335033.jpg
ブログというものを2004年頃から始める。使い方が分からなくてパソコンに疎い私に使いやすいサイトを教えて頂き時々綴っていたけれど、最初のサイトに戻り「好きな映画だけ」の感想や覚え書きをこれからも継続することにした。先日移行したばかりで、画像が表示されない箇所や段落が無くなったりと不具合もまだまだ多いので修正しながら続けて行こうと思う。此方に綴ったものを纏めたりもしないと、自分で何を書いたか、書いたつもりが無かったりもするので。「美しき菫色の刻に愛を込めて」と題していたこと。このテーマは私にはやはりとても重要なもの。なので、自分の言葉に責任を持つ上での私見、感想ですのでご理解ください。回りくどい言い方のようですが、私は小学生の頃から好きなものを批判されてきたこと。その理由が分からず口籠る時期も経て、今も愛する世界が深まるばかりである気持ちを優先したいと思います。おかまロック、女の子みたい、ヘンタイ、ロリコン、ファザコン、少女趣味、病的だ...とまあ!色々言われ戸惑いながら生きてきた。好きな世界を愛する気持ち。その揺るぎないものは何かは自分でも分からないけれど。
[PR]
by claranomori | 2009-08-23 08:30 | ♥ルキノ・ヴィスコンティ
b0106921_9315673.jpg
ルーシー・モード・モンゴメリの『丘の家のジェーン』(Jane of Lantern Hill)が執筆されたのは1937年(日本での初版は1960年)。その前の『赤毛のアン』 同様にモンゴメリご自身と美しい大自然とプリンス・エドワード島、そして、やはり『丘の家のジェーン』にもあの少女アンの魂が入っている。兎に角、私は「赤毛のアン」が大好きだし、モンゴメリの小説が好きなので色々想いはあるけれど、今日は映画化された『丘の家のジェーン』のことを。監督は『赤毛のアン』同様にケヴィン・サリヴァンで1989年の作品。ヘプシバ役のコリーン・デューハーストは『赤毛のアン』にも出演されていたお方で、その他父親役のサム・ウォーターストン、母親役のパトリシア・フィリップス、祖母役のゾー・コールドウェルとふたりの少女の周りをしっかりと囲んでいる。ふたりの少女とは、勿論主人公のジェーン(マイロン・ベネット)と唯一の親友ジョディ(サラ・ポーリー)。お話は少女ジェーンのある数ヶ月の成長物語であるけれど、同じ浮浪児としての不遇な境遇にある少女ジョディ(サラ・ポーリー)の存在は重要。サラ・ポーリーの子役時代ではテリー・ギリアム監督の『バロン』が最も有名。そして、同年のテレビ映画シリーズの『アボンリーへの道』はモンゴメリ原作、ケヴィン・サリヴァン監督なのでこちらも大好きなもの。

美しい母とジェーンは二人暮らし。母の病気のために裕福で厳格な祖母の家で暮らすことになるジェーンは12歳の素直で内気な少女。しかし、この権威主義の祖母も豪華なお家も大嫌いなジェーン。私立の名門女子校に入れられ、意地悪な女子生徒たちにからかわれたりする。隣家の台所の下働きをしている浮浪児の少女ジョディは9歳。ジェーンにとってもジョディにとっても唯一の心を許せる友なのだ。このふたりの少女の性格は対照的。ジェーンとジョディを合わせるとアンになるような。お金もなく汚れた身なりのジョディは、そんな不遇な状況でも実に前向きで勇敢でたくまくしく生きている少女。ジェーンはジョディに勇気付けられてもいる。ジェーンは死んだのだと思っていた父がプリンス・エドワード島で作家として生きていると知る事件が起こる。そこから、ジェーンは父親の住む島へと向かい、ジェーンはなんとか両親をもういちど結び付けようと頑張る姿は生き生きとしている。ジェーンが心配で汽車に無賃で乗り込みついてゆくジョディ。なんとなく冴えないジェーンはプリンス・エドワード島で過ごす中で不思議な力を発揮する。夢や幻想も交えながら、超能力を持つ預言者ヘプシバ(ジェーンの夢にも現れる)と合い、だんだんと両親の別離の誤解などの謎が解け、どうにか修復しようと頑張る姿に観ている私も”頑張って!”と応援する。そして、ジョディもジェーンと一緒にプリンス・エドワード島で新しいお家で過ごせるようになる。夢と希望に満ちた光ある少女たちよ永遠なれ!
b0106921_9312933.gif
丘の家のジェーン/LANTERN HILL
     1989年・カナダ映画
監督:ケヴィン・サリヴァン 原作:ルーシー・モード・モンゴメリ 脚本:ケヴィン・サリヴァ、フィオナ・マクヒュー 撮影:ブライアン・トムソン 音楽:ジョン・ウェルズマン 出演:マイロン・ベネット、コリーン・デューハースト、サム・ウォーターストン、サラ・ポーリー、パトリシア・フィリップス、ゾー・コールドウェル、ヴィヴィアン・リーズ、ジョイス・キャンピオン
[PR]
by claranomori | 2009-08-19 09:15 | 銀幕の少女たち・少女映画
b0106921_12533293.jpg
★ロベール・アンリコ監督がフィリップ・ノワレとロミー・シュナイダーを主役に描かれた1975年作品。勿論、音楽はフランソワ・ド・ルーベ!邦題のサブタイトルにあるように”愛と復讐と男の戦い”のドラマ。美しい妻クララ(ロミー!!)と可愛い娘フロランスと愛犬マルセルと共に幸せな日々を送っていた医師のジュリアン。時代は1944年の連合軍によるノルマンディ上陸作戦が決行時のフランスの片田舎。危機感を持ちながら過ごしている人々、負傷した人々の治療をしているのだ。けれど、悪夢が襲う!この世で最も大切な愛する妻子が惨殺されてしまった...もう、ここから、淡々とした巧い味わいのある演技でフィリップ・ノワレの行動を見守る。祖父の古いショットガンを手にして、ドイツ軍の兵士に次々と復讐してゆく。その間、ジュリアンの追想が常に過ぎる。美しいクララに一目惚れした日のこと、結婚式の日、娘の小学校の卒業式の日...この作品では美しいロミーの笑顔を沢山拝見できる。その美しさがさらに悲劇に哀愁を帯びる。血まみれの復讐劇ではなく、アンリコの描き方は此処でも冷静でカッコイイ!

フィリップ・ノワレも好きで、『地下鉄のザジ』で知ったお方。飄々としたとぼけたコメディ・ドラマも絶妙ながら、このような役も演じることができるお方。私はロミー・シュナイダーがとても好きなので、その短い悲運の人生を想うと哀しい。この映画の中で笑うロミー、悲しそうにしている場面...すべてが美しく涙を誘うのだ。これは、全く個人的な感情のことで、もっと冷静に映画だけを観ることができたなら...とも想うけれど、私はただの映画好きなのでこんな具合。

戦争映画が好き!でも、戦車や血まみれシーンは無くてもいい。戦地で闘う兵士たちにも様々で恐怖に怯えながら、戦後も何かにとらわれてしまった方も多いだろう。また、戦時下のその国々で生きていた人々を想うとたまらない。このような戦場の陰を描いたもの、そんな時代に芽生えた恋や友情、家族の絆...などを描くことで訴えてくるような作品が大好き!ロミーというと『離愁』というジャン=ルイ・トランティニャンと共演した作品が想起される。『追想』と同じくパスカル・ジャルダンによる脚本でもあるので不思議ではない。

追想 愛と復讐と男の戦い/Le Vieux Fusil
1975年・フランス映画
監督:ロベール・アンリコ 原案:ロベール・アンリコ、パスカル・ジャルダン 脚本:パスカル・ジャルダン、クロード・ヴェイヨ 撮影:エティエンヌ・ベッケル 音楽:フランソワ・ド・ルーベ 出演:フィリップ・ノワレ、ロミー・シュナイダー、ジャン・ブイーズ、マドレーヌ・オーズレー、ヨアヒム・ハンセン、カトリーヌ・デラポルテ、カロリーヌ・ベーム

[PR]
by claranomori | 2009-08-18 10:52 | キネマの夢・シネマ万華鏡
b0106921_12314796.jpg
ジェーン・シーモア:JANE SEYMOUR
1951年2月15日 イギリス・ミドルセックス州ヒリングドン生まれ
本名:Joyce Penelope Wilhelmina Frankenberg

★『ある日どこかで』が初見。映画全体の雰囲気もお話も好きですが、ジェーン・シーモアの美しさに釘付けとなったものです。70年代の一部、そして80年代作品を主に観ていますが、それ以降の作品は未見が多いです。テレビ映画や日本未公開作品が多数なのも残念ですが、今も現役の女優さま♪

●代表作●
After Sex アフターセックス (2007)
ウエディング・クラッシャーズ (2005)
ダーク・インフェルノ (2001)
マーダー・イン・ザ・ミラー/夫の素顔 (2000) 
レベッカ/失われた記憶 (1999)
キャメロット (1998)  声の出演  
リサの犯罪 (1993)
アルプスの少女ハイジ (1993)  
サンストロークの女 (1992)  
君に捧げるレクイエム (1991)  
セクシー・トーク (1991)
真夜中の記憶 (1991)
地獄のプリズナー/狙われた美人教師 (1990) 
自由の代償/ラビリンスを脱出せよ! (1990)
海運王オナシス/世界で最も富を得た男(前・後) (1988)
切り裂きジャック (1988)
戦争と追憶 (1988) 
戦争の黙示録 (1988) 
傷つけるほど愛して (1987)
マッド・オフィス (1986)
マンハッタンの甘い罠 (1985)
陽はまた昇る (1984)
オペラ座の怪人 (1983) 
エデンの東 (1981) 
ある日どこかで (1980)  
名探偵ベンジー (1980)
青春チアガール (1979)
宇宙空母ギャラクチカ (1978~1979) 
宇宙空母ギャラクティカ (1978)
開拓者たち (1978)
警部マクロード/総動員!ニューヨークタクシー (1977)
シンドバッド虎の目大冒険 (1977)
パニック航海'83/豪華客船を襲う連続怪死事件!! (1977)
真説フランケンシュタイン/北極に消えた怪奇人間! (1973)
007/死ぬのは奴らだ (1973)
戦争と冒険 (1972)
素晴らしき戦争 (1969)
[PR]
by claranomori | 2009-08-11 10:31 | 女優館★銀幕の名花たち
b0106921_5492811.jpg
畏怖の念を抱きながらもやはり綴っておきたいので珍しく日本映画を。1968年の深作欣二監督映画『黒蜥蜴』。主演は尊敬してやまぬ美輪明宏様の改名前の丸山明宏時代で、黒蜥蜴こと緑川夫人。そして、名探偵:明智小五郎は木村功が演じている。原作は江戸川乱歩、戯曲は三島由紀夫という豪華さ。美術は森田郷平とデータに掲載されているけれど、美輪様も大きく携わっておられるに違いないと思っている。映画の冒頭から終盤の壁画(オーブリー・ヴィンセント・ビアズリーの「サロメ」が描かれている)、恐怖美術館の舞台セット、お衣装や小道具...すべて一貫した美意識。耽美!素晴らしい!勿論、お美しい美輪様のお姿も完璧。何よりも好きなのは、日本語の美しき詩的表現の数々である。それらの台詞を聞くだけでも充分に美しいのであるが、宝石商の所有する「エジプトの星」を手に入れる目的で繰り広げられるサスペンス。このお話は屈折した愛の物語でもある。名台詞のひとつ「追われているつもりで追っているのか 追っているつもりで追われているのか 最後に勝つのはこっちさ」とお互いが語る。船中で黒蜥蜴は間もなく海に眠ることになる明智小五郎への思いを語る。本人が聞いているとは知らずに。恐怖美術館での雨宮潤一(川津祐介)の裏切りと宝石商の娘:岩瀬早苗(松岡きっこ)の替え玉...結局は変装して屋敷に潜り込んでいた明智の勝ちだったのだけれど、死んだ(殺してしまった)と思い込んでいた明智が生きていたことを自分の死よりも喜ぶ黒蜥蜴は悪女であるけれど、明智が語る「本物のダイヤはもうなくなってしまった」と。黒蜥蜴こと緑川夫人の心は本物の宝石(ダイヤ)だったのだ。この辺りの絶妙な男女の綾なす秘めた心に胸を打たれる。三島由紀夫も特別出演されており、恐怖美術館の生人形(剥製)の青年として僅かに登場される(この人形化されている三島氏ですが静止するのは難しい体勢だったのか揺れています)。美輪様のお芝居での『黒蜥蜴』は3度拝見しているのだけれど、舞台と映画はまた異なる魅力。詳しいお話は原作を!

ぼんやりしたおぼろげな記憶。幼い頃、テレビでよく明智小五郎ものを観ていたのだけれど、その役は天地茂だったもので、長年、私の中での明智イメージはあの血の気の薄いお顔と冷たいお声が今も響くのです。その番組は連続ドラマだったのか、なんとか劇場だったのか...思い出せないでいます。ご存知のお方は教えてください★
b0106921_5494679.jpg

   黒蜥蜴
1968年・日本映画
監督:深作欣二 原作:江戸川乱歩 原作戯曲:三島由紀夫 脚色:成澤昌茂 撮影:堂脇博 音楽:富田勲 美術:森田郷平 出演;丸山明宏、木村功、川津祐介、松岡きっこ、宇佐美淳也、西村晃、小林トシ子 特別出演:丹波哲郎、三島由紀夫
[PR]
by claranomori | 2009-08-11 06:30 | 文学と映画★文芸・史劇
b0106921_948263.jpg
ルイザ・メイ・オルコットの自伝的な内容も含まれている不朽の少女小説であり児童文学でもある『若草物語』はいったい幾度映画化されているのだろう。このマーヴィン・ルロイ監督の1949年作品は既に4度目の映画化だそうだ。アニメや日本映画も含めると6作品の『若草物語』を観ているのだけれど、今のところ、その中で一等好きなものはこの1949年のもの。この頃ならではのテクニカラーが好きだし、お衣装や小物、舞台セットなどが実に美しい!また、それぞれ性格の異なる四姉妹たちも。原作や他の映画と異なるのは、三女のベスと四女のエイミー(エミー)を変更している点。それは、当時、名子役として人気を博していたマーガレット・オブライエンがエリザベス・テイラーよりも年少であり、幼くして病に死す内気な少女ベスを演じることで。名演技に涙したお方も多いのだろう。原作では姉妹たちは皆まだ10代。次女のジョーを演じるジューン・アリソンは当時32歳だったというけれど、ハツラツとした快活なジョーを演じている。長女のメグ役のジャネット・リーは原作のイメージと私は少し違うのだけれど、美しいし好き。リズは撮影当時16.17歳で既に完璧な美を誇っている。エイミー役にお似合い。初めて観た時に少し違和感があったのは、多分リズなのにブロンドの髪の少女だったからだと思う。こんなにブロンドのリズは他の作品では拝見出来ないのではないだろうか。縦ロールの髪も素敵だけれど、終盤のローリーと結婚する場面(ヨーロッパから帰国後)の後ろで纏めた美しいヘアスタイルの方がお美しいお顔立ちが際立つように思う。舞台は19世紀半ば。姉妹の中でも中心はジョー。裕福ではないが姉妹はお互いを思いやり、両親を尊敬し愛している。また、隣人やご近所の人々への慈愛も深く、その中でのそれぞれの乙女心。時代は随分違えども、ある時期の少女たちには共通するものがいつもある。なので、100年以上前の小説がいつまでも愛され続けるのだろう。ジョーは個人的にはジリアン・アームストロング監督作品(1994年)でウィノナ・ライダーが演じたものがお気に入りなのは今も変わらないけれど、どれを観ても最後は感動で泣いてしまう。
b0106921_948136.jpg
若草物語/LITTLE WOMEN
  1949年・アメリカ映画
監督:マーヴィン・ルロイ 原作:ルイザ・メイ・オルコット 撮影:ロバート・プランク、チャールズ・ショーンボーム 音楽:アドルフ・ドイッチ 出演:ジューン・アリソン、マーガレット・オブライエン、エリザベス・テイラー、ジャネット・リー、ピーター・ローフォード、 メアリー・アスター、C・オーブリー・スミス、ロッサノ・ブラッツィ
[PR]
by claranomori | 2009-08-10 09:58 | 銀幕の少女たち・少女映画
b0106921_21274251.jpg

b0106921_21241265.jpg

b0106921_21243655.jpg
★リズの愛称で知られる大女優のエリザベス・テイラーは少女子役時代から名作は数知れず。私はリズの子役時代の映画を観たのは遅かったので、その端正な美少女ぶりに出会えた時はドキドキ!病気や事故、結婚と離婚、過食症や皺とりがどうのこうのなど...可愛らしい美少女は映画界に招かれ、様々な試練を経て本物のアクトレスとなった。常に発言は堂々とされるし、いち早くエイズ基金を設立し慈善活動。感情で生きておられるようなお方なので時に周りのお方は大変だろうけれど、それでもやはり魅力的。英国の美術商のお嬢様が幼くしてハリウッドへ招かれ、その愛くるしいお姿を今ではDVDなどで容易に拝見することができるという幸せ。『ジェーン・エア』での病弱な心優しき少女ヘレン、『緑園の天使』でのあの眩しいほどの美しい笑顔の少女が私の脳裏に焼きついている。

また、子役時代の作品などについて追記いたします♪
[PR]
by claranomori | 2009-08-05 21:22 | 銀幕の少女たち・少女映画