あまりにも私的な少女幻想、あるいは束の間の光の雫。少女少年・映画・音楽・文学・絵画・神話・妖精たちとの美しきロマンの旅路♪


by chouchou
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

<   2007年 08月 ( 17 )   > この月の画像一覧

b0106921_4514959.jpg
b0106921_452585.jpg
b0106921_4522286.jpg
★ダイアン・アーバス(Diane Arbus:1923~1971)はニューヨークの裕福な家庭に生まれ、18歳でアラン・アーバスと結婚。その頃から写真に興味を抱き始め、父親の依頼によりふたりでデパートの広告写真のため、共同でファッション写真を撮り始める。1955年から1957年にかけて、ダイアン・アーバスはリゼット・モデルに師事し(この影響は大きいように思う)、次第に性倒錯者、双子、小人、施設に収容されている人たちのドキュメンタリー写真に没頭するようになる。1971年48歳での自殺まで、多くの作品を残し彼女のいない今日もなお、それらの影響と論議は続いている。社会的に認められるかどうかの境界線で生きている人々を、臆せず真正面から撮影した彼女の写真が訴えかけてくるものは何だろう!!アランと離婚後も、彼らと共同生活をし撮り続けていた。彼女が異端、フリークス、精神障害者、ツイン、トリプル...と対立を生むであろう作品を多数残しこの世を自ら去って行った。被写体の少女が1人、2人、3人と複数になる中で生まれる歪んだ空間は何だろう...ダイアン・アーバスが没頭してゆく過程の中、世間で”フリークス写真家”と呼ばれる(称賛の声と共に)中、彼女の心は何を求めていたのだろう。ミステリアスでとても深い心の葛藤を感じる。10年足らずの活動ながら、今日も論争を生みながらも紛れもなく「”写真が意味するもの”の再構築に大きな影響を及ぼした。」お方!(写真集は全て死後刊行)。最も有名であろう上の『一卵性双生児 1967年』は、かのスタンリー・キューブリック監督の『シャイニング』(ジャック・ニコルソンの怪演、シェリー・デュヴァルの絶叫!恐怖の名作)の中でも引用されていた。
b0106921_4513111.jpg

毛皮のエロス~ダイアン・アーバス 幻想のポートレイト~  2006年・アメリカ映画
★ダイアン・アーバスの伝記『炎のごとく 写真家ダイアン・アーバス』を基に、スティーブン・シャインバーグ監督が映画化したもの。出演はニコール・キッドマン、ロバート・ダウニー・Jr、タイ・バーレル、ハリス・ユーリン他。
[PR]
by claranomori | 2007-08-31 11:58 | 写真の中の少女・夢の時間
b0106921_18471390.jpg
エヴァ・オーリン:EWA AULIN
1950年2月13日  スウェーデン・ランズクロー生まれ

★1968年の『キャンディ』をリバイバルでようやく観ることが出来、DVDにもなって嬉しいです♪ブロンドの長い髪と瞳、とってもキュートなお方♪

●代表作●
欲情の血族 (1974)
悪魔の入浴・死霊の行水 (1972)
004/アタック作戦 (1970)
危険な恋人 (1968)
キャンディ (1968)
殺しを呼ぶ卵 (1968)
[PR]
by claranomori | 2007-08-31 10:46 | 女優館★銀幕の名花たち
b0106921_18544685.jpg
 ♥謎の妖精キャンディ・クリスチャン☆このファニーさがとっても可愛い♪
b0106921_1983796.jpg
♥60年代の雰囲気たっぷり!エヴァ・オーリンと共演者のリンゴ・スター♪

キャンディ/CANDY
★1968年のクリスチャン・マルカン監督によるイタリア・フランス・アメリカ合作映画。数年前にリバイバル上映もされたもの。可笑しくてキュートでサイケデリックなポップ感覚に満ち溢れた、主役の当時18歳のスウェーデン女優さまエヴァ・オーリンの魅力がいっぱい♪の映画。トロ~ンとした目の動きや表情、ポカンとお口を開けた表情など、とってもファニーで可愛い。豪華出演陣と素晴らしいスコアにも驚く。60年代のファッションや色使いなども当時の空気ならではのもの(「映画の宝石箱」に綴る課題が増えている。やっと暑さも少し落ち着いて来たようだけれど、夏の熱病に冒されたかのように、私にしては信じられない更新数なので驚いている。これからも、マイペースに末永く継続したいと思う。好きな世界なので)☆
b0106921_1985544.jpg
♥ピンクのミニのワンピースもとてもお似合い☆授業中のキャンディ♪
[PR]
by claranomori | 2007-08-30 19:51 | 銀幕の少女たち・少女映画
b0106921_11475237.jpg
†姉のエリザベートと弟のポール☆(プチコミックス版表紙より)

恐るべき子どもたち/萩尾 望都
★16歳の少女エリザベートと14歳の少年ポールの姉弟。この双子のようでもある美しいふたりと、悪魔的な美少年ダルジュロス、ポールを想うジェラール、またダルジュロスに似た娘アガート。これらの少年少女たちが織りなす子供の無邪気さと残酷さ。描かれる姉弟の愛、同性を想う心理描写、あまりにも繊細に表現されている。私は、少女漫画ばかり読んでいたお陰に感謝している!変な日本語だ...月刊セブンティーンでの連載だった(友人のご姉妹から貸して頂いたのが最初。当時はよく交換して読み合ったものだ)。ジャン・コクトォの原作より、鮮明な衝撃に驚愕した。何と言えばよいのだろうか...読んだ時期や、私に弟がいることも関係しているのか、すんなりとお話の中に入り込んでいた。私が今も好きなもの、世界に望都さまの漫画(「トーマの心臓」と「ポーの一族」は最期まで傍に居てほしい!)からの影響は計り知れないものがあるのだと思う。少年時代~夢幻世界~外界~無限世界と僅か4年程の儚い刻。特にラストの20数頁の張りつめた緊張感(微妙な表情の描写など壮絶だ!)と読後の余韻・・・”夢幻に出かけましょう・・・・・”という言葉が焼きつき、私はショックと感動で涙が止まらないのだった(今も綴っていると泣いてしまう)。白い雪球で幕を明け、黒い毒薬とピストルで終える。死に至る姉妹はそのまま無限の世界に旅立ったのだろう。嗚呼、美しい!!ジャン・コクトォの小説に対する敬愛と共に、望都さまの『恐るべき子どもたち』(※表記は”子供”ではない)はひとつの芸術作品であると思う。漫画を馬鹿にしたり偏見を持たれるお方もおられるだろうけれど、文学と同等な芸術作品だと思う。映画がそうであるように(もちろん、好みや完成度も様々だろうけれど)。

b0106921_15152100.jpg
恐るべき子供たち/ジャン・コクトー
★1929年にジャン・コクトオが阿片中毒の治療入院中に書き上げた小説。1949年にコクトオの懇願により実現した、ジャン=ピエール・メルヴィル監督の映画『恐るべき子供たち』も大好きなもの。この映画ではナレーションでコクトオのお声が聞ける。
b0106921_13214829.jpg
†ポールとエリザベート☆(映画 『恐るべき子供たち/LES ENFANTS TERRIBLES』より)
[PR]
by claranomori | 2007-08-28 10:58 | 本の中の少女たち・少年たち
b0106921_15541559.jpg

ドリームチャイルド/DREAM CHILD
     1985年 イギリス映画
★『不思議の国のアリス』のモデルとなったアリス・リデルが、原作者ルイス・キャロルの生誕百年祭が開かれることになり、付き添いのルーシーと共に豪華客船に乗りニューヨークへ向かう。ジム・ヘンソンのマペットによるファンタジックな世界と、少女時代のチャールズ・ドジソン先生との回想と現実が並行して描かれる異色のメルヘン。監督はこの『ドリームチャイルド』がデビュー作のギャヴィン・ミラー。脚本はデニス・ポッター、クリーチャー・デザインはジム・ヘンソン(『ラビリンス 魔王の迷宮』も大好き!)が担当。少女時代のアリス・リデルを演じるアメリア・シャンクリーがとっても可愛らしく、当時のヴィクトリア朝のお洋服、髪の色相やイメージも近く、夢の中の少女アリスにぴったり♪演技派俳優さま方の共演も嬉しく、とてもお気に入りのアリス映画なのです☆

b0106921_17383369.jpg
          ♥夢の中でお話しているアリスと三月兎♪
b0106921_20371730.jpg
♥アリス・リデル(アメリア・シャンクリー)とドジソン先生(イアン・ホルム)♪
[PR]
by claranomori | 2007-08-25 21:05 | 銀幕の少女たち・少女映画
b0106921_18393411.jpg
ジョーン・フォンテイン:JOAN FONTAINE
1917年10月22日 日本・東京生まれ 
本名:Joan de Beauvoir de Havilland

★お父さまが東京帝国大学の教授で幼少時代は日本で育つ。お姉さまはオリヴィア・デ・ハヴィランド。でも、「風と共に去りぬ」のメラニー役を巡る確執はその後も続いたという。お美しさと演技力はもちろんですが、お声と素晴らしい表情が大好きなのです♪

●代表作●
影なき裁き (1966)
地球の危機 (1961)
夜は帰って来ない (1961)
ある微笑 (1958)
日のあたる島 (1957)
愛のセレナーデ (1956)
条理ある疑いの彼方に (1956)
豪傑カサノヴァ (1954)
デカメロン夜話 (1953)
熱砂の大脱走 (1953)
二重結婚者 (1953)
黒騎士 (1952)
生きるためのもの (1951)
旅愁 (1950)
女ごころ (1950)
暴れ者 (1948)
皇帝円舞曲 (1948)
不時着結婚 (1948)
忘れじの面影 (1948)
小さな愛の日 (1946)
失恋四人男 (1945)
ジェーン・エア (1944)
情炎の海 (1944)
永遠の処女 (1943)
純愛の誓い (1942)
断崖 (1941)
レベッカ (1940)
ガンガ・ディン (1939)
大空に賭ける (1938)
踊る騎士(ナイト) (1937)
偽装の女 (1937)
男子牽制 (1935)
[PR]
by claranomori | 2007-08-25 10:38 | 女優館★銀幕の名花たち
b0106921_12222733.jpg

キャメロット・ガーデンの少女/LAWN DOGS
★1997年の英国監督ジョン・ダイガン作品。ミーシャ・バートンを初めて知った作品であり、今のところ、やっぱりこの作品が一番好きみたい。とっても可愛いのでミーシャ・バートンが出ているだけでも嬉しいのだけれど。10歳の少女デヴォン(ミーシャ・バートン)は、裕福な人々が住む郊外住宅地キャメロット・ガーデンに引っ越して来たけれど、周囲に馴染めずに空想の世界に浸っている少女。また、町に馴染めず森の中で生きる青年トレント(サム・ロックウェル)。このふたりの友情と奇跡を生むファンタジー映画の傑作!

★テレビ映画・シリーズの「THE O.C.」(ヤング・セレブの日常、裏側を描いた青春もの)で、一気に人気はブレイク!のミーシャ・バートンちゃん。身長もぐんぐん伸びて173cm程にも。カルバン・クラインのモデルも務めたり、今では若い女の子達のファッションリーダー的な存在でもある。メイクでもかなり雰囲気が変わるのだけれど、最近はすっかり大人っぽくなって綺麗。でもまだ21歳!今後の作品予定も楽しみなものが目白押し(公開してほしい!!)。「THE O.C.」はテレビで観ていたのだけれど、全部観れていないのでレンタル屋さんでお借りしようと思う。1986年1月24日生まれの英国人ながら、2006年にはアメリカ国籍となる。しかし、演技のお勉強をもっと!ということで、イギリスの王立演劇学校に在籍中(2006年秋より)。これからも、色々な役柄に挑戦してゆくのだろうから楽しみ♪

b0106921_12224654.jpg
♥「 ノッティングヒルの恋人」(1999年)より♪
b0106921_1223578.jpg
♥「シックス・センス」(1999年)より♪
b0106921_2217152.jpg
「翼をください」(2001年)の主演少女3人(ミーシャ・バートン、パイパー・ペラーボ、ジェシカ・パレ)の和やかなオフショットより♪

※また追々(気まぐれですが)、追記したいと思います☆
[PR]
by claranomori | 2007-08-24 23:21 | 銀幕の少女たち・少女映画
b0106921_22275387.jpg
★たいそう大好きな映画。豪華な中年ロッカー達を演じる男優陣、彼らを見守るカレン役のジュリエット・オーブリー、レイの奥様アストリッド役のヘレナ・ベルイストルム(ここではとてもコミカルな演技でキュート!)。最初はビル・ナイお目当てで観たもの。ここでは2代目のヴォーカリストのレイ役で、上手くはないのだけれど何故か似合ってしまうロッカー役(『ラブ・アクチュアリー』に引き継がれているキャラ)。
b0106921_2227163.jpg
70年代に人気のあったストレンジ・フルーツというバンドが20年ぶりに再結成し最後は奇跡で終わる。テンポ良くお話は進みアッという間に観終えてしまう傑作音楽コメディ映画。それも、英国ならではの!ロック版”フル・モンティ”とも呼ばれるのも然り!日常は冴えない日々を送っているのだけれど、ステージでは違う。中年ロッカーのおかしな悲哀もサラリと漂う。クスクス笑ったりするのだけれど、最後は胸に沁み入る感動で涙する私。バラード曲を馬の合わないレスとレイの奇跡のデュエットが実現。伝説のギタリスト役ブライアンも登場!老いても素敵なブルース・ロビンソンの久しぶりの役者としての出演に感激☆そして!出演シーンは僅かながら、とびっきりの美青年!リー・ウィリアムズが初代ヴォーカリストのキース役。アッという間に見終えるので、また再生し登場シーンを再見して悦に入る。

私にはとっても豪華すぎる見所満載の作品。サントラにはジェフ・リン(E.L.O.)も参加。『さらば青春の光』のジミーことジェフ・ダニエルズもちょこっと出てくる。70年代のグラムロックな雰囲気、モット・ザ・フープルの名や、ユーライア・ヒープやエアロスミスの名も。トニー(スティーブン・レイ)の唯一の宝物は神様の歯(殴られた時に落ちたというジミ・ヘンドリックスのもの)で、いつも持ち歩いているようなのだ。死んでしまうキースと伝説のギタリストのブライアンは兄弟という設定で、ローリング・ストーンズを想起するし、ブリティッシュ・ロック好きには愉快な映画で大満足なのでした。もちろん、ビル・ナイもとっても素敵に可笑しくて最高☆

スティル・クレイジー:STILL CRAZY
1998年・イギリス映画
監督:ブライアン・ギブソン 製作:アマンダ・マーモット 
脚本:ディック・クレメント、イアン・ラ・フレネ 撮影:アシュレイ・ロウ 
美術:マックス・ゴットリーブ 編集:ピーター・ボイル 
音楽:クライヴ・ランガー 出演:スティーブン・レイ、ビル・ナイ、ジミー・ネイル、ティモシー・スポール、ビリー・コノリー、ブルース・ロビンソン、ジュリエット・オーブリー、ヘレナ・ベルイストルム、リー・ウィリアムズ、フィル・ダニエルズ、ハンス・マシソン

※上の画像の向かって左端のお方が、70年代のストレンジ・フルーツの初代ボーカリストであるキース役のリー・ウィリアムズです。
[PR]
by claranomori | 2007-08-23 22:11 | キネマの夢・シネマ万華鏡
b0106921_18102424.jpg
           ♥『こびとと妖精たち』(1916年)より♪

b0106921_18104328.jpg
             ♥『妖精の国』(1926年)より♪

★イダ・レントール・アウスウェイト(Ida Rentoul Outhwaite:1988 - 1960)は英国領だった頃のオーストラリアの挿絵画家。姉アーニィの文章に絵を添えるという最初のお仕事は、僅か15歳の頃。ビアズリーの絵にとても影響を受けたという。白黒の幻想的な絵はカラーの優しく甘い雰囲気の作品よりも評価が高かったそうだ。イダの描く妖精たちは自然と一緒に、いつまでも少女の夢を描き続けていて大好き♪

b0106921_18105814.jpg
             ♥『魔法の森』(1922年)より♪
[PR]
by claranomori | 2007-08-22 18:52 | 童話・絵本・挿絵画家
b0106921_15364889.jpg
b0106921_15372974.jpg

b0106921_15383463.jpgイーディ(本名イーデス・ミンターン・セジウィック:Edith Minturn Sedgwick 1943年4月20日~1971年11月16日) は、60年代をあまりの速さで駆け抜け、僅か28歳の若さでこの世を去ったミューズ。とても大好きなのでいつもの如く上手くは綴れそうにはないけれど、嘗て勢いで綴った『チャオ!マンハッタン』。イーディの死後完成され長らく埋もれていたもの。イーディは大富豪のお嬢様、それも伝統のある超良家。ドラッグや荒んだ生活と人気の絶頂期も借金まみれだった時期も、いつも実家が取り計らっていたという。寄宿学校に通う頃から拒食症で、19歳で躁鬱病で精神病院に入院(最初の)。詳しく分からないけれど、どうも父フランシスの父権家庭の問題は大きいようだ。イーディの兄も自殺しているし、弟は事故死している。イーディは父親に対する複雑な感情を最期まで心に抱いたまま、この世を去ってしまったように思う。”愛憎”まみれのまま。大人になれずに少女のままこの世を去ったイーディ。

アンディ・ウォーホルのファクトリーに入りスーパースターのお一人となる。ボブ・ディランとの恋の噂もあった。その頃のイーディを描いた映画『ファクトリー・ガール』(2006)では、イーディ役を何かとお騒がせなお方シエナ・ミラーがダイエットの末、かなり良い雰囲気を出しているようだけれど公開はまだ未定。ルー・リードやボブ・ディランも酷評していたけれど、是非、観てみたい!イーディを1965年に『ヴォーグ』は”ユースクエイカー”と名づけている。そのレオタード姿のお写真は初めて私がイーディを知ったもの(後追いなのでヴォーグではない)。そしてそして!何と!!まだ無名の頃(ニュージャージー時代)のパティ・スミスはこの22歳のイーディのお写真と出会い(こちらはリアルタイム★)、「とても強烈なイメージで、私はまさに”これだ”と思ったわ。時代としっかり結びついた知性とほとばしり、スピード感、私にとってあの写真にはすべてがある!と思ったの。」と語っている。パティがイーディに憧れていたことはその時点では知りもしなかった。でも、今ではパティもイーディもマリアンヌ・フェイスフルもニコも繋がっている、私にとってのある種のイコンとして。同じ時期、ロンドンにはツイッギーが!ジェーン・バーキンやミア・ファローもツイッギーに憧れていたと語っていた。ニューヨークにはイーディ!パティ・スミスに信号を送ったお方。ウォーホルの『チェルシー・ガールズ』(1965年)のDVD化を熱望している。以前、ウォーホル・フェスティヴァルのような企画で観ることができたのだけれど、何度でも観たい!私が勝手に思う少女像にも色々有るのだけれど、持て囃されている”ロリータ”とか”ゴスロリ”という言葉から遠くにいるように思うことがある。時代やファッションに流されるものではない、普遍的なもの、不滅の少女が大好き♥イーディはもう10代ではなかったけれど時代を彩ったミューズであり、私にとっての美しい少女のおひとりなので、ズレた感覚かもしれないけれど、敢えて、「少女イコン」とさせて頂きました♪
b0106921_1538611.jpg

[PR]
by claranomori | 2007-08-21 15:39 | 少女イコン・不滅の少女