あまりにも私的な少女幻想、あるいは束の間の光の雫。少女少年・映画・音楽・文学・絵画・神話・妖精たちとの美しきロマンの旅路♪


by chouchou
カレンダー

<   2007年 02月 ( 26 )   > この月の画像一覧

b0106921_13491881.jpg
ジュヌヴィエーヴ・ビジョルド:GENEVIEVE BUJOLD
1942年7月1日 カナダ・モントリオール生まれ

★カナダ出身の名女優さまというと先ず浮かびました。お顔のパーツが小さくて特に目と鼻がキュートなお方。幅広い役柄をこなす演技派で今も現役の国際女優さま♪

●代表作●
アガサ・クリスティーの奥さまは名探偵 (2005)
ラ・タービュランス (2002)
氷の接吻 (1999)
ストーム (1997)
ピノキオ (1996)
密室 (1996)
抱きしめたい夏 (1992)
偽りのプロファイル (1990)
戦慄の絆 (1988)
モダーンズ (1988)
トラブル・イン・マインド (1986)
タイトロープ (1984)
チューズ・ミー (1984)
バチカンの嵐 (1982)
名探偵ホームズ 黒馬車の影 (1979)
続・男と女 (1977)
コーマ (1977)
愛のメモリー (1976)
カリブの嵐 (1976)
ベルモンドの怪盗二十面相 (1975)
大地震 (1974)
トロイアの女 (1971)
1000日のアン (1969)
まぼろしの市街戦 (1967)
パリの大泥棒 (1966)
戦争は終った (1965)
[PR]
by claranomori | 2007-02-28 10:48 | 女優館★銀幕の名花たち
b0106921_13412239.jpg
アナ・トレント:ANA TORRENT
1966年7月12日 スペイン・マドリード生まれ

★あの奇蹟の少女子役アナ・トレントちゃんは女優を続けてくださっている。今でも可愛くスラリとした体型と内向的な雰囲気が素敵です。あまりにも子供の時の印象が強いお方なのですが、まだ40代。アナ・トレントは奇蹟★天才子役という讃えもちょっと違うのです。70年代に残した名作たちは、後世ずっと色褪せないものであることでしょう♥

●代表作●
ブーリン家の姉妹 (2008)
テシス 次に私が殺される (1996)
捕らわれた唇 (1994)
バカス (1991)
血と砂 (1989)
エル・ニド (1980)
カラスの飼育 (1975)
ミツバチのささやき (1973)

b0106921_1341753.jpg

[PR]
by claranomori | 2007-02-27 13:40 | 女優館★銀幕の名花たち
b0106921_13364652.jpg
ロビン・ライト・ペン:ROBIN WRIGHT PENN
1966年4月8日 アメリカ・テキサス州ダラス生まれ
本名:Robin Virginia Wright

★1996年にショーン・ペンと再婚されてからはロビン・ライト・ペンとして活躍。いつまでもスタイル良くお美しいお方。役柄も幅を広げこれからも作品を拝見するのが楽しみ♪

●代表作●
消されたヘッドライン (2009)
Disney'sクリスマス・キャロル (2009)
50歳の恋愛白書 (2009)
ニューヨーク、アイラブユー (2008)
トラブル・イン・ハリウッド (2008)  
ベオウルフ/呪われし勇者 (2007)
こわれゆく世界の中で (2006)
美しい人 (2005)
追憶の街 エンパイア・フォールズ (2005)
イノセント・ラブ (2004)
歌う大捜査線 (2003)
ホワイト・オランダー (2002)
デブラ・ウィンガーを探して (2002)
プレッジ (2001)
アンブレイカブル (2000)
舞台よりすてきな生活 (2000)
メッセージ・イン・ア・ボトル (1999)
キャスティング・ディレクター (1998)
シーズ・ソー・ラヴリー (1997)
ギルティ・オブ・ラブ (1996)
モル・フランダース (1996)
クロッシング・ガード (1995)
フォレスト・ガンプ 一期一会 (1994)
トイズ (1992)
トゥルーラブ (1992)
愛に渇いて (1991)
ステート・オブ・グレース (1990)
プリンセス・ブライド・ストーリー (1987)
[PR]
by claranomori | 2007-02-25 11:33 | 女優館★銀幕の名花たち
b0106921_13272219.jpg
フランソワーズ・ファビアン:FRANCOISE FABIAN
1934年5月10日  アルジェリア・トゥゴール生まれ
本名:Michele Cortes de Leon y Fabianera

★60年代から70年代の作品群、どれも素敵。初めて拝見した時から”大人の女性”でした。今もお美しく現役なのもとても嬉しいお方です♪

●代表作●
ふたりの5つの分かれ路 (2004)
ブッシュ・ド・ノエル (1999)
クレーヴの奥方 (1999)
リユニオン 再会 (1989)
想い出のマルセイユ (1988)
ドン・コルレオーネの娘/禁断 (1983)
カジノの男 (1976)
マダム・クロード (1976)
男と女の詩 (1973)
悪霊の家 (1972)
汚れた刑事(でか) (1970)
孤独なアメリカ人 (1969)
スペシャリスト (1969)
モード家の一夜 (1968)
昼顔 (1967)
パリの大泥棒 (1966)
メグレ赤い灯を見る (1963)
火薬に火 (1957)
この神聖なお転婆娘 (1956)
反乱 (1956)
戦いの鐘は高らかに (1956)
[PR]
by claranomori | 2007-02-20 10:26 | 女優館★銀幕の名花たち
b0106921_19455655.jpgハンガー:THE HUNGER
 1983年・イギリス映画
監督:トニー・スコット 製作:リチャード・A・シェファード原作:ホイットリー・ストリーバー 脚本:アイヴァン・デイヴィス、マイケル・トーマス 撮影:スティーヴン・ゴールドブラットメイクアップ:ディック・スミス 音楽:ミシェル・ルビーニ、デニー・ジャガー 出演:カトリーヌ・ドヌーヴ、デヴィッド・ボウイ、スーザン・サランドン、クリフ・デ・ヤング、ソフィー・ウォード、ウィレム・デフォー、アン・マグナソン、ダン・ヘダヤ、ベッシー・ラヴ

★吸血鬼映画にお詳しいお方はこの映画をどのように感じられたのだろうか?私はデヴィッド・ボウイが大好きで、この映画での共演がカトリーヌ・ドヌーヴとスーザン・サランドンという好きな女優さまたちと知り、もう公開前からワクワクしていたのが懐かしい。監督はトニー・スコットなのでとても全編美麗な映像でファッショナブル。そして、この美男美女コンビ(普通のレベルではなく質も異様な美しさ♪)。ボウイは女吸血鬼(カーミラ)ミリアムに拾われた元英国貴族のジョン。18世紀のこと。その頃の回想シーンがとても美しく穏やかで大好き。ミリアムはピアノ、ジョンはチェロ、少女アリスはヴァイオリンという三重奏。ボウイ・ファンとしてはこの後、とても悲しい思いをすることになる...ジョンはミリアムに永遠の命を与えられ吸血鬼になったのだけれど寿命が近づいていたのだ、200歳までしか生きられない。ミリアムは何と8000年も生き続けている美しいままに(こういう魔性の魅力がドヌーヴにはあるのでお似合い)。嗚呼・・・哀れ!老いを感じ始めていたジョンは「眠りと寿命」という本を出版した女性サラの勤める病院へ赴く。しかし、彼女を待つ間の数十分の間に髪がゴッソリと抜け落ちてゆく...その後のボウイは特殊メイクを施された状態での出演で、あの美しいお姿はもう画面では観れなくなり死にゆく。かなりガッカリ!
b0106921_1946813.jpg
しかし、この後はミリアムとサラの関係がとても興味深いもの。ミリアムはサラを誘惑し、遂にはサラも吸血鬼になる決意を。ミリアムの魅力に負けてしまったのだ。二人のレズビアン・シーンも話題となった。ロジェ・ヴァディムの初期の作品の『血とバラ』が重なり合うような吸血鬼映画。モダン・ホラーというのか、かなり耽美的で美しい映像が印象的なので恐怖感は私はあまりないもの。

後、忘れてはならないのは冒頭に登場する我らがバウハウス★ボウイの影響を大きく受けているこの英国のゴシック・バンド(ニュー・ウェイヴ)の歌う曲は『ベラルゴシの死』。もう、この辺りもトニー・スコットならではのセンスが光る計らい。トニー・スコット監督はとてもボウイ・ファンでもあり、『ザ・ハンガー』というカナダのテレビ映画のシリーズにボウイをホスト役で起用している。50代のボウイながらここでもとても素敵で美しい。監督もボウイの美と存在感に魅せられているというお話もされていたので、また、60代のボウイを主役で作品撮って下さい!と熱望♪

※関連記事:『衣装デザイナー★ミレーナ・カノネロ:MILENA CANONERO』(この『ハンガー』のお衣装も担当されたお方です。)
[PR]
by claranomori | 2007-02-19 23:44 | キネマの夢・シネマ万華鏡
b0106921_13161317.jpg
シャルロット・ゲンズブール:CHARLOTTE GAINSBOURG
1971年7月21日 イギリス・ロンドン生まれ

★大好き!シャルロット。普段はナチュラルなメイクやファッションですが、時にドキリとカッコイイお姿も!色んな役をとても楽しみにしるのですが、2009年にはカンヌ国際映画祭にて最優秀女優賞を獲得されました。ラース・フォン・トリアー監督の「アンチクライスト」で。日本公開されていない作品も多いのですが、確実に国際女優として実力が認められています。それでも、笑顔を拝見すると変わらない永遠のシャルロットです。苦しいくらいに大好きです☆

●代表作●
アンチクライスト (2009)
アニエスの浜辺 (2008)
アイム・ノット・ゼア (2007)  
恋愛睡眠のすすめ (2005)
レミング (2005)
フレンチなしあわせのみつけ方 (2004)
21グラム (2003)  
ぼくの妻はシャルロット・ゲンズブール (2001)
フェリックスとローラ (2000)
レ・ミゼラブル (2000)
ニュルンベルク軍事裁判 (2000)  
ブッシュ・ド・ノエル (1999)  
イントルーダー 侵入者 (1999)  
ジェイン・エア (1996)
アンナ・オズ (1996)  
ラブetc. (1996)  
他人のそら似 (1994)  
愛されすぎて (1992)
ルナティック・ラブ 禁断の姉弟 (1992)
愛を止めないで (1991)  
メルシー・ラ・ヴィ (1991)  
太陽は夜も輝く (1990)  
小さな泥棒 (1988)
アニエスv.によるジェーンb. (1987)  
カンフー・マスター! (1987)  
シャルロット・フォー・エヴァー (1986)  
イザベルの誘惑 (1985)  
なまいきシャルロット (1985)
残火 (1984)
b0106921_13163252.jpg

[PR]
by claranomori | 2007-02-19 10:15 | 女優館★銀幕の名花たち
b0106921_1312450.jpg
ペネロペ・クルス:PENELOPE CRUZ
1974年4月28日 スペイン・マドリード生まれ
本名:Penelope Cruz Sanchez

★90年代から現在進行形で国際的に活躍されているスペインを代表する女優さまのおひとり。愛くるしい容姿とお声も好きです♪

●代表作●
セックス・アンド・ザ・シティ2 (2010)  
NINE (2009)
抱擁のかけら (2009)
それでも恋するバルセロナ (2008)
エレジー (2008)
恋愛上手になるために (2007)
ボルベール <帰郷> (2006)
バンディダス (2006)
サハラ 死の砂漠を脱出せよ (2005)
トリコロールに燃えて (2004)
赤いアモーレ (2004)
NOEL ノエル (2004)
ゴシカ (2003)
花咲ける騎士道 (2003)
ボブ・ディランの頭のなか (2003)
ブロウ (2001)
コレリ大尉のマンドリン (2001)
バニラ・スカイ (2001)
ウェルカム!ヘヴン (2001)
ウーマン・オン・トップ (2000)
すべての美しい馬 (2000)
裸のマハ (1999)
イフ・オンリー (1998)
ハイロー・カントリー (1998)
オール・アバウト・マイ・マザー (1998)
美しき虜 (1998)
ドン・ジュアン (1998)
ライブ・フレッシュ (1997)
オープン・ユア・アイズ (1997)
ペネロペ・クルス/情熱の処女(おとめ)~スペインの宝石~ (1996)
ペネロペ・クルスの 抱きしめたい! (1996) 17歳 (1996)
捕らわれた唇 (1994)
ハモンハモン (1992)
ベルエポック (1992)
[PR]
by claranomori | 2007-02-18 11:59 | 女優館★銀幕の名花たち
b0106921_1321272.jpg
ピア・デゲルマルク:PIA DEGERMARK
1949年8月24日 スウェーデン・ストックホルム生まれ

★1967年の『みじかくも美しく燃え』の悲恋物語のヒロインを演じたお姿は忘れられない。生まれ持った高貴さと清純な雰囲気がとても綺麗な女優さま♪貴族のお方と結婚後、惜しまれながら引退。その後の辛い人生も伝え聞くけれど...。

●代表作●
バンパイア・ハプニング/噛みついちゃってごめんなさい (1971)
さよならを言わないで (1970)
鏡の国の戦争 (1968)
みじかくも美しく燃え (1967)
[PR]
by claranomori | 2007-02-18 11:57 | 女優館★銀幕の名花たち
b0106921_1254838.jpg
アンヌ・ヴィアゼムスキー:ANNE WIAZEMSKY
1947年5月14日 ドイツ・ベルリン生まれ

★ブレッソンからゴダール、パゾリーニ、ガレル作品で強い印象を受けた女優さま。主にフランス映画で馴染んでいるお方なのですが、日本では未公開の作品がなんと多いことでしょう...と嘆いてしまう。ドイツ生まれのお方ですがフランス女優さまでもあります♪

●代表作●
ベティの小さな秘密 (2006)
彼女は陽光の下で長い時を過ごした (1985)
秘密の子供 (1979)
離愁 (1973)
イタリアにおける闘争 (1970)
東風 (1969)
豚小屋 (1969)
テオレマ (1968)
ワン・プラス・ワン (1968)
ウイークエンド (1967)
中国女 (1967)
バルタザールどこへ行く (1964)
[PR]
by claranomori | 2007-02-17 10:49 | 女優館★銀幕の名花たち
b0106921_12451334.jpg
シャーリー・マクレーン:SHIRLEY MACLAINE
1934年4月24日 アメリカ・ヴァージニア州リッチモンド生まれ
本名:Shirley MacLean Beatty

★70歳を超えられた今も現役でいつまでもキュートなお方。ミュージカルからコメディ、シリアスと名作多数の名女優さま。潔くてサバサバした雰囲気が好きです。親日家としても有名ですね♪

●代表作●
バレンタインデー (2010)
ココ・シャネル (2008)
あの日の指輪を待つきみへ (2007)
奥さまは魔女 (2005)
イン・ハー・シューズ (2005)
迷い婚 -すべての迷える女性たちへ- (2005)
エリザベス・テイラー ハリウッドの宝石箱 (2003)
だって女優ですもの! (2001)
シャーリー・マクレーン/銀幕に輝いて (2000)
ヴァージン・ブレイド (1999)
ぼくが天使になった日 (1999) 監督・出演
くちづけはタンゴの後で (1996)
夕べの星 (1996)
不機嫌な赤いバラ (1994)
潮風とベーコンサンドとヘミングウェイ (1993)
迷子の大人たち (1992)
あなたの死後にご用心! (1991)
ハリウッドにくちづけ (1990)
ミラクル/バックリーの魔女たち (1990)
マグノリアの花たち (1989)
マダム・スザーツカ (1988)
アウト・オン・ア・リム/自分探しの旅 (1987) 原作・脚本・出演
愛と追憶の日々 (1983)
キャノンボール2 (1983)
ラヴィング・カップル (1980)
LOVEシーズン (1980)
シャーリー・マクレーン・アット・リド (1979)
チャンス (1979)
愛と喝采の日々 (1977)
スイート・チャリティ (1969)
真昼の死闘 (1969)
女と女と女たち (1967)
おかしな夫婦・大逆転!? (1966)
泥棒貴族 (1966)
黄色いロールス・ロイス (1964)
何という行き方! (1964)
あなただけ今晩は (1963)
すれちがいの街角 (1962)
青い目の蝶々さん (1961)
噂の二人 (1961)
アパートの鍵貸します (1960)
オーシャンと十一人の仲間 (1960)
凡ては夜に始まる (1960)
カンカン (1960)
恋の売り込み作戦 (1959)
果てしなき夢 (1959)
縄張り (1958)
走り来る人々 (1958)
花嫁売り込み作戦 (1958)
80日間世界一周 (1956)
画家とモデル (1955)
ハリーの災難 (1955)
[PR]
by claranomori | 2007-02-16 10:40 | 女優館★銀幕の名花たち