あまりにも私的な少女幻想、あるいは束の間の光の雫。少女少年・映画・音楽・文学・絵画・神話・妖精たちとの美しきロマンの旅路♪


by chouchou
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2006年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧

b0106921_18562831.jpg
「悲劇を成就せねばならぬ。崩れるものはすべて醜い。」という全篇の主題は、登場人物の心理というよりは、この詩人の作者の制作心理に近いのである。映画という即戦即決の、はかないジャンルに対するコクトオの熱情をも、この主題が告白しているようにも思われる。

この映画を見たあとで、ふしぎに細部を思い出さない。コクトオの映画では、いちばん大味なもので、また大味なところを狙ったものであろう。この大味が気に入らない人は、きっと悪口をいうだろう。しかし私はコクトオびいきだから、この作品ではわざと、粗い太い線を使ったのだと考えたい。

by 三島由紀夫

★三島由紀夫の映画評論は多数残されて嬉しい。ジャン・コクトーを「コクトオ」と書かれているので、私も若い頃は作文を書くとき等はこの様なカタカナ表示を使っていたことを思い出す。三島の映画好き、ことにジャン・コクトー好きは有名でコクトーに関する興味深い文章はとても多いので、また他にも色々綴らせて頂くと思う。私は単純に綺麗で壮大なドラマティックなこの映画(映像もお話も)『双頭の鷲』が好き。美輪明宏さまのお芝居も素晴らしいものだったので、この様な方々の繋がりに慄く。
b0106921_18542760.jpg
ジャン・コクトーとエドウィジュ・フィエール♪

双頭の鷲/L' AIGLE A DEUX TETES
1947年・フランス映画
監督・原作・脚本:ジャン・コクトー 製作:アレクサンドル・ムヌーシュキン
撮影:クリスチャン・マトラ 音楽:ジョルジュ・オーリック
出演:エドウィジュ・フィエール、ジャン・マレー、ジャック・ヴァレーヌ、シルヴィア・モンフォール、ジャン・ドビュクール、イヴォンヌ・ド・ブレー

[PR]
by claranomori | 2006-10-26 18:37 | キネマの夢・シネマ万華鏡
b0106921_15271387.jpg1971年 イギリス映画

監督:ケン・ラッセル
製作:トニー・ウォルトン、ケン・ラッセル
脚本:ケン・ラッセル
撮影:デヴィッド・ワトキン
音楽:ピーター・マックスウェル・デイヴィス、ピーター・グリーンウェル

出演:
ツイッギー、クリストファー・ゲイブル、マックス・エイドリアン、マレイ・メルビン、
グレンダ・ジャクソン、ジョージナ・ヘイル、ブライアン・ブリングル、トミー・チューン

ボーイフレンド/THE BOY FRIEND

b0106921_1458383.jpg◆あらすじ◆
1920年代の英国の港町ポーツマスの劇場では、マックス(マックス・エイドリアン)一座のミュージカル「ボーイフレンド」の準備に追われていた。舞台監督助手兼使い走りの少女ポリー(ツイッギー)が客席を覗くと、一握りの観客しかいない。主演女優のリタ(グレンダ・ジャクソン)が足をケガして舞台に立てなくなり、マックスはポリーを代役に起用する。ポリーはおたおたしながらも何とかこなしていた。しかし、秘かに恋するハンサムなトニー(クリストファー・ゲイブル)が他の女性と話しているのを見ては心痛めるのだった。ハリウッドの大監督が観に来ているので皆は大ハッスル。ポリーはその監督からハリウッド入りを勧められるのだけれど、トニーとの恋を確かなものにした彼女は、誘いを断りトニーと手をとって去ってゆくのだった。

★TWIGGYの映画デビュー作となるもの。それも主演!しかし脇にはケン・ラッセル映画の常連方がしっかり。可憐でカラフル、そして幻想的な映像はラッセルのお得意とするところ。このミュージカルの主役を見事にこなしたTWIGGYはゴールデン・グローブ賞も受賞している。中で歌声も聴けるのも嬉しい。お気に入りの監督とお気に入りの俳優陣。鮮やかなアールデコ調のお衣装もとても素敵で、担当しているのは当時の監督夫人であったシャーリー・ラッセル。勿論、音楽も素晴らしく高く評価された。私個人的にラッセル作品の一等好きなものは他にもあるので、また「映画の宝石箱★輝きの館」で気ままに綴らせて頂こうと思います。

b0106921_14585997.jpg

[PR]
by claranomori | 2006-10-24 14:32 | バレエ・オペラ・ミュージカル

ツイッギー:TWIGGY

b0106921_1357594.jpg

b0106921_13574143.jpg音楽・映画・ファッション...は切り離せない。そんな象徴のお一人でもあるTwiggy。現在は結婚後の名前ツイッギー・ローソン (Twiggy Lawson) として活動されている。でも、やっぱり60年代のTWIGGYが最高にキュート♥スウィンギング・ロンドン、ビートルズ、マリー・クワント、ミニ・スカートの女王。”小枝のように細い”ということからツイッギーの愛称で呼ばれるようになったという。ツィギーマネキン(ツィギードール)が登場したり、当時の人気は凄まじいものだったのだと想像できる。主に1966年~1977年(16~17歳)頃のお写真を眺めていると、どれもこれもあまりにも可愛くてお人形のようで胸トキメク♪モデル、歌手、女優でもあるお方。映画『ボーイ・フレンド』も大好きなので、ちょっとTWIGGY関連ものを続けてみようと思います。

b0106921_13581177.jpg

              ★ツィッギー:TWIGGY 1966年
[PR]
by claranomori | 2006-10-20 14:15 | 少女イコン・不滅の少女