あまりにも私的な少女幻想、あるいは束の間の光の雫。少女少年・映画・音楽・文学・絵画・神話・妖精たちとの美しきロマンの旅路♪


by chouchou
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ:ルキノ・ヴィスコンティ( 6 )

b0106921_6332638.jpg
残暑が厳しい(昨年よりはずっと冷夏だけれど)のは毎年のこと。どうにか生きております。お優しい友人達からさり気なく、でも、思いやりに満ちたメールなどを頂いております(マンモスペコリ)♪

相変わらずの作業に埋もれる毎日。体調不良は続くけれど気分だけは元気。その秘訣はやはり好きな音楽や映画を鑑賞して得られる不思議なエネルギー(栄養)。それでも、毎日泣いている。馬鹿みたいに泣いている。そんなテーマの作品ばかりを選んでしまう。映画感想をメモしておかないと!と思いながらもなかなか...。

私はルキノ・ヴィスコンティ映画が大好き!10代からずっとあの美学に感化され続けている。ただ綺麗なだけの映画ではないので幾度も再見を繰り返す。常に新鮮な想いを抱き思考する。そして、その果てしない深遠に慄く。”戦争を知らない子供たち”である私、バブル時代をのんしゃら過ごしてきた私。『地獄に堕ちた勇者ども』はもう10回以上は観ているけれど、まだまだ再見を繰り返すだろう。同じ映画を10回以上も観る作品って、そんなに多くは存在しない。好きな俳優方が集結していること、不謹慎かもしれないけれどナチス将校姿が好きなこと(美的に)、そして、戦争による悲劇を追求してしまう私がいる。『愛の嵐』が最初に好きになった洋画である。また、アンネ・フランクの伝記を幼い頃に読み心に突き刺さったもの、その痛みのようなものの中には目を見据えて凝視せねばならぬものがあるように思う。子供たちが主役の映画が好きだけれど、色々観てしまう。そんな中、最近ようやく自覚してきたのだけれど、私は同じ位に、重なるテーマも含めて”同性愛”に敏感に反応してしまう。好きなのだ!何故かは分からない。けれど、哀しい程に好きで胸が痛くなるということは確か。

久々に傑作と云える映画を見た。生涯忘れがたい映画作品の一つになろう。この壮重にして暗鬱、耽美的にして醜怪、形容を絶するような高度の映画作品を見たあとでは、大ていの映画は歯ごたえのないものになってしまうにちがいない。

このように三島由紀夫氏も讃美された映画。希望の光を微塵も残さずに終えるこの『地獄に堕ちた勇者ども』は、今を生きる私たちの歴史に関係している。ナチズムによる悲劇。断罪されずにいた事実を元に脚本化されたヴィスコンティにしか描ききれない滅びゆく美。デカダン映画としてだけではなく、政治映画でもある。
b0106921_6335033.jpg
ブログというものを2004年頃から始める。使い方が分からなくてパソコンに疎い私に使いやすいサイトを教えて頂き時々綴っていたけれど、最初のサイトに戻り「好きな映画だけ」の感想や覚え書きをこれからも継続することにした。先日移行したばかりで、画像が表示されない箇所や段落が無くなったりと不具合もまだまだ多いので修正しながら続けて行こうと思う。此方に綴ったものを纏めたりもしないと、自分で何を書いたか、書いたつもりが無かったりもするので。「美しき菫色の刻に愛を込めて」と題していたこと。このテーマは私にはやはりとても重要なもの。なので、自分の言葉に責任を持つ上での私見、感想ですのでご理解ください。回りくどい言い方のようですが、私は小学生の頃から好きなものを批判されてきたこと。その理由が分からず口籠る時期も経て、今も愛する世界が深まるばかりである気持ちを優先したいと思います。おかまロック、女の子みたい、ヘンタイ、ロリコン、ファザコン、少女趣味、病的だ...とまあ!色々言われ戸惑いながら生きてきた。好きな世界を愛する気持ち。その揺るぎないものは何かは自分でも分からないけれど。
[PR]
by claranomori | 2009-08-23 08:30 | ♥ルキノ・ヴィスコンティ
b0106921_1463233.jpg
ルキノ・ヴィスコンティ監督の1951年映画『ベリッシマ』。この映画は80年代に劇場で観たのが最初。そして、イタリアの名女優アンナ・マニャーニ出演作としても初めて観たもの。先ず、ヴィスコンティが大好きなので他の作品のこともと思いながらも好き過ぎて纏まらない...でも、思いつくままに。記しておくと便利なので(頭の整頓に)いつもより細かくスタッフ名を挙げておこう。これがまた、私の好きな美が繋がってゆくのだと再確認。

ラジオで”六歳から八歳までの女の子を一名募集”という知らせ。チネチッタ撮影所内のステラ社の最新作『今日と明日と別の日』の「ベリッシマ(美少女)・コンクール」の特設看板も掲げられている。翌日、わが娘を未来のスターにと夢見て多くの親子連れが集まっている。マッダレーナ(アンナ・マニャーニ)も娘マリア(ティーナ・アピチッラ)に夢を馳せて会場にやって来たのだけれど、肝心のマリアがいない。もうコンクールは始まっている。マリアはプールの傍で泣いている。受付に間に合わないのでマッダレーナはマリアをぶってしまう。しかし、親切な青年アルベルト(ワルター・キアーリ)が現れ一次選考を通過して気をよくするマッダレーナ。この青年は関係者でもあった。二次選考に向けてマリアは、元女優の下で演技指導を受けたりという日々が始まる。お洋服を購入したりとマッダレーナは楽しいのだ。夫は反対しているので口論もあるけれど、マッダレーナは映画が大好きな方(劇中、バート・ランカスターやモンゴメリー・クリフトの映画が流れる)。”バート・ランカスターの声って素敵だわ”と言ったりして愉快(バート・ランカスターは後にヴィスコンティ映画に欠かせないお方ともなる)。マリアなのだけれど、本人はあまり楽しくもない(多分5歳で幼いうえに大人しい少女)。ケーキのロウソクも上手く消せず、二次選考では泣いてしまった。そして、決定選考試写の日、居ても立ってもおられずマッダレーナは強引に試写の様子を覗う。マリアの泣きじゃくるフィルムを観て大笑いする製作関係者たち。監督(アレッサンドロ・ブラゼッティ監督が実名で出演)だけはマリアに関心を抱いていた。マッダレーナは泣くだけの娘のフィルムを見て呆れるものの、大笑いしている人達が腹立たしくなってくる。遂にはその部屋まで入ってゆくのだ。我が娘が笑い者にされ喜ぶ親はいないだろう!監督はマリアを気に入っていたので製作者たちは先回りして契約書を持って家にやって来ていた。けれど、バスを待つ帰り道、マッダレーナはマリアにとって良いことではないのだと儚き夢が消え去るのだった。そして、そんな契約書などもう要らないのだと夫に彼等を追い返してもらう。人情喜劇でもある素晴らしさ!
b0106921_345321.jpg
この『ベリッシマ』はもう兎に角、このアンナ・マニャーニの魅力全開!天晴れである。デカダンの巨匠ヴィスコンティはこの時期はネオ・レアリスモ(ネオ・リアリズム)。下町の人々の生活や表情が生き生きと描き出されている。”ヴィスコンティは貴族なので一般庶民の生活など分かりはしない”と言われたことがある。けれど、ヴィスコンティは”赤い貴族”とも呼ばれたお方!大好きなので讃えることしか出来ないけれど、『ベニスに死す』や『ルートヴィヒ』だけが名作ではない!私はヴィスコンティから今なお多くのことを学んでいる過程。『若者のすべて ロッコと兄弟たち』を観て心が張り裂けそうだったのだ。何も知らない10代の私の心が、これ程映像を観て衝撃を受けたのはデヴィッド・ボウイのライヴ映像以来のことだった(その前の衝撃は『愛の嵐』)。後に『揺れる大地』を観て心揺さぶられた!今だと、貴族であるヴィスコンティならではの表現世界があるのだろうと思える。常に徹底しているし役者の選択も見事すぎる。”美学者”として私は敬愛しているお方でもある。監督の言葉(ヴィスコンティ語録)が好き。そんなお言葉のひとつを☆

下級階層にあり、娘を女優に仕立てあげようと夢に見る女を、マニャーニはある人間的な豊かさをもって演じてくれた。この庶民的な母親の顔が自由に生き生きとしていたのは、まったくマニャーニのおかげである。私は俳優の個性をそのまま生かしながら登場人物を描き、掘り下げていく。マニャーニはそういう私にうまく応えてくれる女優である。

ベリッシマ/BELLISSIMA
 1951年・イタリア映画
監督:ルキノ・ヴィスコンティ 助監督:フランチェスコ・ロージ、フランコ・ゼフィレッリ 製作:サルヴォ・ダンジェロ 原作:チェザーレ・ザヴァッティーニ 脚本:スーゾ・チェッキ・ダミーコ、フランチェスコ・ロージ、ルキノ・ヴィスコンティ 撮影:ピエロ・ポルタルーピ、ポール・ロナルド 衣装デザイン:ピエロ・トージ 音楽:フランコ・マンニーノ 出演:アンナ・マニャーニ、ティーナ・アピチッラ、ワルター・キアーリ、アレッサンドロ・ブラゼッティ
[PR]
by claranomori | 2009-04-05 03:17 | ♥ルキノ・ヴィスコンティ
b0106921_8141941.jpg

美の極致

何度見るも感慨はあらたであろう。トーマス・マンの59年前の短編は、ここに色鮮やかにその1911年の時代を甦らせた。
 
夏のベニスのそのホテルの美しさ。華麗豪華とはいうまい。古さびた大理石の美しさでもない。あじさいのピンクブルゥのやさしさの中に沈む夏の日の倦怠。この映画では美術は決定的であり、しかもその美は人間の内面に残酷苛酷である。

初老の作曲家アッシェンバッハは、美少年のタジオに、生涯求めて得られなった美を知った。魂は奪われた。どこまでも跡を追った。少年は14歳。その年齢はものを知る知らぬのけじめもつかぬ冷たい早春。まして乙女ならぬ同性のその少年の気づく気づかぬその意識のいけにえとなってゆく作曲家。
 
夏の海はけだるく、いちご売りの声が長く尾を曳く。少年はひとりロビィで手すざびのピアノ”エリーゼのために”をくり返し弾いていた。これを聞く作曲家は思わず若き日の遊び女の弾いたその同じ曲を思い浮かべ、あわててその思い出をかき消した。魂の愛が、肉体の美を少年に求めたか。
 
初めてホテルでこの少年を見た日に流れていたメリイ・ウィドゥのあの”ヴィーリア”の曲のやさしさが、やがて夏も終わりを告げるその去りゆく夏のベニスをコレラが犯し、作曲家はひたすらタジオの安否に心を痛めた。
 
いま遠く渚にたたずむそのタジオを見つめ、哀れすでに病に犯された作曲家は、その時ひとりさびしく息をひきとった。愛する者は敗者なのであろうか。そしてこの愛の残酷が、この映画を見終わった貴方にどうひびき、どのように理解され得ることか。

淀川長治 (パンフレットより)


★「なんでもない日のお茶会」(私は音楽担当で毎月スタッフ参加させて頂いている大好きなイベント♪)で、不定期に私と司会のレベッカ様との映画トークのコーナー「映画大好き!Cinema Chouchou」というまったりコーナーを設けてくださっているのですが、第五回目を昨日終えました。GWということもありお若い可愛らしい少女や麗しいお方の夏っぽい装いを前にドキドキしながら始めました(打ち合わせは無し)。でも、私をいつもお優しくさり気なく誘導くださるレベッカ様と、あたたかな眼差しでお聞きくださるお客様たちのお陰で愉しく終えることができました。まだまだ後何時間でもお家では相方にお喋りは続く程に、大好きな映画『ベニスに死す』。出来るだけ、レンタル屋さんにもあり、購入可能な好きな映画をと心掛けています。次は秋頃の予定です。お若いお方がヴィスコンティ映画やビヨルンの美しさ!また、名優ダーク・ボガードやシルヴァーナ・マンガーノをご存じなくて当然だと想う。いったいどんな反応が得られるのか...と想っていましたが、やはりビヨルンの美しさは時空を超えたもの。”観てみたい”と想ってくださったお方がいてくださってとても嬉しかったのです。また、既にご覧のお方と後でお話させて頂くことも出来ました。そして、私の拙いお喋りをあたたかく見守ってくださりサポートしてくださる友人たちがブース周辺や最前列にいてくださったこと。皆様に感謝しています。ありがとうございます☆
[PR]
by claranomori | 2008-05-05 08:45 | ♥ルキノ・ヴィスコンティ
b0106921_20251295.jpg★ルキノ・ヴィスコンティ(Luchino Visconti:1906年11月2日~1976年3月17日)は11世紀から続くミラノの貴族ヴィスコンティ・ディ・モドローネ公爵の四男(7人兄弟の4番目)として生まれる。ヴィスコンティについて、ヴィスコンティの映画は一生愛し続けるであろう、私の敬愛する芸術家であり映画人であり作品たち。オペラの舞台も手掛けておられるけれど、それらもいつの日か観てみたいもの。日本公開された映画は全て拝見できどれも大好き。幸いなことに、劇場の大画面でその多数を体験できたこと、それらの焼きつく映像は永遠☆ヴィスコンティ映画は大好きなお方と苦手なお方に別れるようだけれど、それも納得。私はたまらなく大好き!ネオレアリズモ時代も当然のこと。耽美でデカダンの巨匠との呼称では足りない。”赤い貴族”と呼ばれる由縁は作品群の中でも重要なものとして、問題提起されているとても深いもの。また、”家族”特に”母親”という存在がとても象徴的に描かれることも見逃せないと思う。ヴィスコンティがいなければ私は今、こんなに映画が大好きだったか...と思う程、思春期から今日まで自分では計り知れない影響を受けてきたのだと思う。『映画の宝石箱』に「ルキノ・ヴィスコンティ」というカテゴリーを作っているので、不定期ですが関連する事柄は連携してゆきます♪

貴族に生まれた男の子は、よくスカートを穿いているので女の子のようで可愛いです♪左上のお写真は1920年のルキノ少年(13歳頃)の凛々しくもお美しいお姿にうっとりなのですが、この頃から既に音楽の才能に秀でておられたらしく、以下のような当時の記事が残っている。

「昨夜、音楽学校においてチェロを学ぶ三人の学生が、デ・パオリス教授により聴衆に紹介された。彼らは予定された曲目を見事に演じて、その才能のほどを示し、非常な喝采を博した。なかで最も若いルキノ・ヴィスコンティ・ディ・モドローネはB・マルチェロのソナタを演奏し、アマチュアとは思われぬ技量を示した。」(1920年6月8日付のミラノの新聞「ラ・セーラ」より)

b0106921_195658.jpg
       ♥お母様と美形揃いのルキノと兄弟たち(1911年)♪
b0106921_19562469.jpg
           ♥3.4歳頃のルキノ少年(1910年)♪
[PR]
by claranomori | 2007-10-16 21:12 | ♥ルキノ・ヴィスコンティ
b0106921_21254729.jpg

★永遠の銀幕の妖精!オードリー・ヘプバーンにルキノ・ヴィスコンティ監督は出演依頼をされていた。かの『家族の肖像』のビアンカ・ブルモンティ侯爵夫人の役。ヘルムート・バーガーが愛人役のあの名作。オードリーは、「いい年をして若い愛人がいる」という設定が気に入らず断ったそうだ。

ヴィスコンティ監督は怒り、「彼女は、いまだに『ローマの休日』のアン王女のイメージを追い続けている!」と仰ったという。

※役者さんにも様々なタイプがあり、色んな役に挑戦したい、演じてみたいという方や、自分のイメージや信念に反する役は断固として断る方とか。オードリーはもうお一方の巨匠ヒッチコックの出演依頼も断っていて、当然ヒッチコックも激怒し決裂してしまった...既に作品の企画が進んでいたそうなので、こちらは私は観てみたかったなぁって思ったりもする。でも、ブルモンティ夫人はシルヴァーナ・マンガーノで良かったと思う。というよりも、既に脳裏に焼きついてしまっている。あの美しくも頽廃的な身勝手ぶりがブルモンティ夫人の魅力なので、オードリーだと作品も、永遠の妖精もかなり違ったものになっていた様に思える。でも、オードリーをヴィスコンティ映画で観てみたかったとも思います♪
[PR]
by claranomori | 2006-07-04 21:25 | ♥ルキノ・ヴィスコンティ
b0106921_14251542.jpg
★この作品はいつ、何年経っても素晴らしい!。でも、困った事に私はルキノ・ヴィスコンティ無しでは生きていけない位に常日頃から離れないのだ、各作品の各シーンが。10代,20代,30代,40代・・・ときっと一生離れないであろう「美」の結晶の様な存在。ルキノ・ヴィスコンティは一等大好きな映画監督である事は変わることは無い。しかしながら、そんな大好きなお方の作品を語るのは難しいのだ。鑑賞した作品は全て好き。でも、今回この有名な『ベニスに死す』について先ず、何か綴っておきたいと思ったのはあまりにもダーク・ボガードの内面演技の素晴らしさに驚愕せずにはいられない新鮮な感動を得たから。また年を重ねる毎に違う感動が得られると思うけれど。初めて観た時は10代。当然の如くビョルン・アンドレセンの美しさに卒倒しそうになり釘付け!息を呑む様な美少年にただただ魅入ったものだ。今も永遠の美として焼き付いている。

さて、この作品を何度観ているだろう?好きな作品は思い出した様に幾度と観る気質故、とてもその間隔にムラが有る。遂先月久しぶりに観る事になり、その感動は今までのものを継続していながらも何かが違う...「死んでしまうくらいに美しい!」と真面目に思ったのだ。私は自分でもハッキリとは分からないけれどロマン派に影響されてきた様だし、どうしてもそこから逃れられないものをいつも感じている。それは時に心の葛藤の要因ともなる様だけれど。そんなロマン派最後の人とも称されていた音楽家:グスタフ・マーラー。この『ベニスに死す』の原作であるトーマス・マンはアッシェンバッハを小説家として描いていたけれど、ヴィスコンティは音楽家として設定した。そして、その役は『地獄に堕ちた勇者ども』の名演に続いてダーク・ボガードに!
b0106921_14111552.jpg
「アッシェンバッハはその少年が完全に美しいのに気づいた。蒼白で上品に表情のとざされた顔、密いろの捲毛にとりまかれた顔、まっすぐにとおった鼻とかわいい口を持った顔、やさしい神々しいまじめさを浮かべている顔─彼の顔は、最も高貴な時代にできたギリシャの彫像を思わせた。」

正しくこの文中通りの美少年:タジオ(ビョルン・アンドレセン)に療養先のリドのホテルで出会う初老の音楽家:グスタフ・アッシェンバッハ(ダーク・ボガード)。季節風の暑さと街中に実はコレラが蔓延していたという中、アッシェンバッハの身体は蝕まれていき死に近づいていくのだけれど、そんな中彼が求めていた美と精神の一致、英知の到達を現前したかの様なタジオ少年との出会いは異常で純粋な抑えきれない思いへと募る。今の私が特に感動したのはそんな初老の老いや病いとの闘いの中でも「美だけが神聖なのだ。」と呟き砂浜で静かに死んでいくまでの内面演技の見事さ。胸が締め付けられた。友人のアルフレッドは芸術は曖昧なものだと語り、アッシェンバッハと美を巡る精神論で口論するシーン。それ以外はただただ物静かに台詞も抑えた難解な演技力が必要とされる役柄を演じきっている。それは歩き方ひとつ、タジオと視線を交わす瞬間、見つめる表情...ボガードの役者人生の中でも永遠に語り継がれる名作となって私の心に再び刻印されてしまった。「この原作を映画化する事が生涯の夢だった。」とヴィスコンティは語ったけれど、完璧な配役、完璧な音楽・美術・衣装で目が眩む様な文芸大作を作ってしまったのだ!

ポーランドからのタジオ一家。その母親役のシルヴァーナ・マンガーノの気品溢れる優雅さは何と讃えようか!嘗ての『にがい米』のグラマー女優から一変した貴婦人へ。『家族の肖像』の中の母、ピエール・パゾリーニ監督の『テオレマ』で見せる雰囲気とも違う。ピエロ・トージの衣装デザインも完璧!そのイタリア貴族のドレスたちは全編に気品と優雅さを面々に飾っている。それらのドレスを纏ったマンガーノの美しいこと!時代設定は1911年。全てに於いて完璧!細部をひとつひとつチェックしてみるとため息の嵐なのだ。

ビョルンはほとんど台詞は無く、若さと美の象徴の様に映像の中でこれまた永遠化を可能にした。振り向き腰に手を当てるポーズ。アッシェンバッハとすれ違う時に見せるほのかな微笑。そして、「他人にそんな笑顔を見せるな、愛してる。」と自分の中で呟くボガードのあの様に感動の矢が突き刺さる。老人を不純なもの、もう純粋ではないとその衰弱して行く身でありながらも内に秘めた美への執着と苦悩の表現を全身で物静かに演じているのだ。英国の誇り!英国の至宝!ダーク・ボガードよ、永遠なれ★

この「美の極致」を映像化したヴィスコンティ。私はその数々の作品たちとの出会いの中から美の残酷さを学んだ様に思う...40代、50代、60代...の私はどう思うかは分からないけれど。ラストシーン近く、アッシェンバッハは若さを取り戻したい思いで、床屋で顔にはおしろいを、唇には紅を、白髪は黒く染色する。でも、その施しは浜辺の太陽と暑さの中崩れて行く...。私は涙を堪える事が出来ない。ギリシャ神話の中の「タナトス」という言葉が連想される瞬間でもある。それは「死」を意味するのだから、アッシェンバッハのあの浜辺での静かな死は「人間と芸術はひとつになり、君の音楽を墓へ」と語ったアルフレッドの言葉があながち間違ってはいないとも。表裏一体である「エロス」とも切り離せないけれど、タナトスの兄弟である「ヒュプノス」とはあの真っ白なスーツの胸に飾られた真っ赤な薔薇なのだろうか?等とも思えた。美と死が一体となる恍惚の瞬間に涙が溢れてならないのだ。

ベニスに死す:MORTE A VENEZIA
1971年・イタリア/フランス合作
監督:ルキノ・ヴィスコンティ 原作:トーマス・マン 
撮影:パスクァリーノ・デ・サンティス 音楽:グスタフ・マーラー
出演:ダーク・ボガード、ビヨルン・アンドレセン、シルヴァーナ・マンガーノ、 ロモロ・ヴァリ、マーク・バーンズ、ノラ・リッチ、マリサ・ベレンソン、キャロル・アンドレ、フランコ・ファブリッツィ

関連:『ベニスに死す』★映画(ルキノ・ヴィスコンティ)と原作(トーマス・マン)を混同記憶しています♪
[PR]
by claranomori | 2004-07-15 02:14 | ♥ルキノ・ヴィスコンティ