あまりにも私的な少女幻想、あるいは束の間の光の雫。少女少年・映画・音楽・文学・絵画・神話・妖精たちとの美しきロマンの旅路♪


by chouchou
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

『コーラス』 ピエール少年(ジャン=バティスト・モニエ)とペピノ少年(マクサンス・ペラン)♪

b0106921_21214435.jpg
★クリストフ・バラティエ監督の自伝的内容でもあるという映画『コーラス』(2004年)。早くこの映画のことを~と想っていた大好きな作品。問題児のピエール・モランジュ少年を演じるのはジャン=バティスト・モニエ(JEAN-BAPTISTE MAUNIER)で映画は今作が初出演。劇中でも素晴らしい美声を聞かせてくれるのだけれど、それもそのはず正真正銘のソリスト。彼の所属するサン・マルク少年少女合唱団が合唱を担当している。でも、主役は失業中の音楽教師クレマン・マチュー(ジェラール・ジュニョ)!なんとも言えない名優さまで幾度も感動させられて来たお方。舞台となるのは戦後間もない1949年の田舎町の”池の底”という名の寄宿学校。ここの少年たちは家庭に問題があったり、親のいない子ども、素行の悪い問題児たちが一緒に生活している学校。その学校に赴任してきたクレマン先生はまとまりのない彼らをなんとかしたい。将来の夢を書かせると皆それぞれ希望を持っている未来のある子供たちなのだ。そこで、”歌”を通じて彼らの心を素直にできないものかと合唱団を結成する。ある施設からやって来たかなりの問題児ピエール少年。お顔は美しいがそういう役柄。しかし、彼はとんでもない美声の持ち主だったのだ。彼らは日増しに上達し発表会も開く。先生は作曲も捗り、ピエールの才能をなんとか伸ばしてやりたいと面会に来た母親に告げる。そんな中、私が最も好きだった少年は小さなペピノ君(マクサンス・ペラン)。彼はこの映画の製作者でもあり50年後のピエール役でも出演しているジャック・ペランの息子さんなのだそうだ。とってもかわいい!彼はいつも両親が迎えに来てくれる日を望み学校の門を眺めている。けれど、決してその夢は叶わないのだった。上手く事は運ばない。ある遠足の日、何者かに校舎を放火されてしまう。校長の怒りや憤りも分かるけれど、貴重な音楽教師をクビにしてしまう...先生が学校を去る時、後ろから生徒達のメッセージが書かれた紙飛行機が飛んでくる。ああ感涙!そして、私の気になっていた小さなペピノ君がトコトコとバスに乗る先生のあとをついてゆく。先生は一緒に連れてゆけないというけれど、結局彼は一緒に行った。そのペピノとピエールが50年後に再会し、ペピノは一冊の日記をピエールに見せる。クレマン先生の残した大切な形見を☆
b0106921_21221532.jpg
子供時代の思い出は、
後になって大きな意味を持つようになります。
無意味なことは一つもありません。
そして音楽や歌は
その頃を美しく鮮やかに蘇らせてくれます。
どうかこの映画を、あなたの子供時代と
重ね合わせて思い出してください。
あの無心で一生懸命だった日々を・・・。

ジャック・ペラン

b0106921_21223656.jpg
★今もこのペラン氏のお言葉を打ちながら胸が熱くなります。そして心穏やかながら涙に溢れます。私はこの映画が大好きです!生まれ育った国や環境は様々でも、誰もが子供時代を体験している。そして、その時の楽しい想い出も辛い想い出もあるけれど、それでも一生懸命生きていたのだと想います。私もきっとそうだっただろうし、今の子供たちもそれぞれに。なので、私はこうした少年少女の映画が好きなのかもしれません。いつでも想い出せるのです...困る時もありますが。

コーラス/LES CHORISTES
  2004年・フランス映画
監督:クリストフ・バラティエ 音楽:ブリュノ・クーレ 合唱:サン・マルク少年少女合唱団 
出演:ジェラール・ジュニョ、ジャン=バティスト・モニエ、ジャック・ペラン、マクサンス・ペラン、フランソワ・ベルレアン

[PR]
by claranomori | 2008-10-28 22:21 | 銀幕の美少年・少年映画