あまりにも私的な少女幻想、あるいは束の間の光の雫。少女少年・映画・音楽・文学・絵画・神話・妖精たちとの美しきロマンの旅路♪


by chouchou
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

アンナソフィア・ロブ:ANNASOPHIA ROBB 『アメリカン・ガール サマンサの休日』で知った可愛い少女♪

b0106921_16231249.jpg
アンナソフィア・ロブ(AnnaSophia Robb)はアメリカ・コロラド州デンヴァー(1993年12月8日)生まれの着々と人気実力を高めている可愛い子役少女♪最近は”第二のダコタ・ファニング!”と呼ばれることも多くなっている。観る度に成長している(当たり前ながら)姿を追い始めたのは、『サマンサの休日』を観た時から。ミア・ファローの出演作という事で観たのだけれど、こうして可愛い少女子役たちも発見でき二重の喜びだった。お話も温かなもので涙腺がとても脆いので感動して泣いていた。再放送も含めて3度観た。『チャーリーとチョコレート工場』 でのチューインガムの生意気な少女役、ヒラリー・スワンク主演のサスペンス・ホラーの『リーピング』、『きいてほしいの、あたしのこと ウィン・ディキシーのいた夏』も感動した。間もなく公開の『テラビシアにかける橋』も楽しみにしているところ♪
b0106921_1623263.jpg
初めて観たアンナソフィア・ロブちゃんは『アメリカン・ガール サマンサの休日』だった。その時の彼女の髪はロングでダーク・ブラウンだったけれど、それ以降ブロンドになっている...どちらが本来の色だろう...と気になる。特徴は眼と引きつったような笑顔だろうか。でも可愛いしまだ15歳になったばかり!これからが楽しみだけれど、ハリウッドには優秀な美少女が次から次へとやって来る。なので、女優として生き残るのは大変だろうけれど応援したいなぁ~と想う。大好きなミア・ファローはアメリカのユニセフの親善大使でもあるので、『サマンサの休日』でも気品のあるお優しいお祖母様役もぴったりで、お話も良かったのでソフト化を切望!(こればっかり☆)
b0106921_16243747.jpg
※また、作品の感想ほか追記予定です♪
[PR]
by claranomori | 2008-01-23 11:56 | 銀幕の少女たち・少女映画