あまりにも私的な少女幻想、あるいは束の間の光の雫。少女少年・映画・音楽・文学・絵画・神話・妖精たちとの美しきロマンの旅路♪


by chouchou
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

フランソワーズ・アルディ:FRANÇOISE HARDY

b0106921_6224743.jpg
フランソワーズ・アルディは1944年1月17日のパリ生まれの山羊座(ボウイ様もマリアンヌ様も同じで何故だか憧れの星座だったりする、単なるミーハー♪)。今なお!フランスを代表する素敵なアルディ♥私は”フランスの歌手”というと、このアルディから入ったもので、とてもとても大好き!!なので、想いは果てしなく、上手く綴れそうにもなく、ドキドキする...。少しずつ、好きなことを綴ってゆきたいのでやっと今頃カテゴリーを設置。此処では60年代から70年代初頭辺りまでのお若い頃のものを。それ以降は『音楽と映画の宝石箱』にて(こういう作業って、きっと死ぬまでというか指先が動くまで続けても限りないようにも想う...まあ、それも愉しい!)。
b0106921_6231853.jpg
フランソワーズ・アルディというと、最も有名な曲は『さよならを教えて(Comment te dire adieu)』ではないでしょうか。フランス・ギャルやシルヴィー・ヴァルタンと大きく違うのは、アルディは英語圏での人気がとても高いお方でもある。60年代からそうで、アメリカでも英国でもあのフランス語訛りのキュートな英語で歌われた楽曲たち・アルバムが幾種類もある。歌手であり、シンガー・ソングライターでもあるので多くの楽曲は自作。日本でも松任谷由実(ユーミン)や五輪真弓という方々にも早くから影響を与えておられるアルディ♪”アンニュイ”という言葉、物憂げな寂しいトーンは歌詞やメロディ、そして歌声と共に私を魅了し続けている。”ギターを持つ少女”としても鮮烈だった!また、奇抜で斬新なスタイルのファッションも好き。そして、アルディが時々カバーする曲のお陰でその原曲を聴きたくなり、そのアーティストを知ることにもなった...多くの私の思春期に出会ったアーティスト方は今もずっと心の中に居る。住人なのだ。自分では分からないけれど年月の経過、私の人生の傍らにずっと一緒に居てくださるのだと想う♪

※やっと大好きなアルディさん!こんな調子ですが気長にこれからもよろしくお願い致します。いつもご覧くださっている皆様ありがとうございます☆
[PR]
by claranomori | 2008-01-10 23:42 | 少女イコン・不滅の少女