あまりにも私的な少女幻想、あるいは束の間の光の雫。少女少年・映画・音楽・文学・絵画・神話・妖精たちとの美しきロマンの旅路♪


by chouchou
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

シベールの日曜日 (セルジュ・ブールギニョン監督)

b0106921_041388.jpg


シベールの日曜日/CYBELE OU LES DIMANCHES DE VILLE 

1962年 フランス映画

監督:セルジュ・ブールギニョン 
原作:ベルナール・エシャスリオー 
脚本:セルジュ・ブールギニョン、アントワーヌ・チュダル 
撮影:アンリ・ドカエ 
音楽:モーリス・ジャール 

出演:ハーディ・クリューガー、パトシリア・ゴッジ、ニコール・クールセル、ダニエル・イヴェルネル、アンドレ・オウマンスキー 

◆あらすじ◆
インドシナ戦争中パイロットだったピエール(ハーディ・クリューガー)は少女を射殺したと思いこみ、以来、墜落のショックから記憶喪失性となっていた。恋人マドレーヌ(ニコール・クールセル)と同棲し、芸術家の友人カルロスもピエールを優しく見守っていた。ある日、ピエールは一人の少女(パトリシア・ゴッジ)に出会う。少女の名はフランソワーズで父親に見放され寄宿学校に入れられた日だった。父と娘を装い、二人は日曜日毎に森で会い遊んでいるうちに、互いの孤独な心は笑顔を甦らせ、次第に愛情が生まれていた。森で楽しいクリスマスを過ごし、少女は本当の名前はシベールだと告げる。マドレーヌがピエールの不在に気づき、友人が不審感(偏見)から警察に連絡する。警察は勘違いしピエールにピストルを向けた。ピエールの死はシベールをまた一人ぼっちにしてしまった。泣き叫ぶ悲痛なシベール、悲しい結末。美しいモノクロームな映像と純粋で孤独な二人、愛くるしいシベールの表情や仕草・・・いつまでも色褪せないでいる。

★この映画が大好きで、色んなところに「好き」と馬鹿みたいに書いたりしてしまう。とても古いフランス映画なのに、何度観ても号泣。時空を超える。ピエールは大人の男性だけれど、純粋な少年の心を持つ。そんな清らさがお互いの孤独をうめていたのだと思う。でも、ハッピーエンドではない。この名作がまだDVD化されない。色眼鏡や偏見の周囲の眼差し...日本でも少年少女の被害が多発している。色んな事を考える事が出来る、今では。
[PR]
by Claranomori | 2006-05-26 00:21 | 銀幕の少女たち・少女映画