あまりにも私的な少女幻想、あるいは束の間の光の雫。少女少年・映画・音楽・文学・絵画・神話・妖精たちとの美しきロマンの旅路♪


by chouchou
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

映画広告芸術★『さよなら子供たち』 監督・ルイ・マル 1987年 フランス映画

b0106921_21342926.jpg

さよなら子供たち / AU REVOIR LES ENFANTS
1987年・フランス/西ドイツ合作映画
監督・脚本:ルイ・マル 製作:ルイ・マル、マラン・カルミッツ 
撮影:レナート・ベルタ 音楽:フランツ・シューベルト、サン=サーンス 
出演:ガスパール・マネス、ラファエル・フェジト、フランソワ・ネグレ、フ
ィリップ=モリエ・ジェヌー、イレーヌ・ジャコブ

ぼくは、あの朝の涙を忘れない。
「その朝に起きたことこそ、自分の処女作の主題にすべきだった」
10年ぶりに母国へ帰還した名匠ルイ・マルが、その朝の記憶を、美しい映画にした。


映画チラシより

日本公開:1988年12月

関連メモ
「私はこの朝の出来事を死ぬまで忘れない。」
「私のキャリアの中で最も重要な作品。」 by ルイ・マル

★ルイ・マル自身の12歳の時の体験を描いた自伝的要素の強い作品。名作を幾つも残されましたが、この『さよなら子供たち』は後期の代表作であり大名作だと思います。ルイ・マル作品の日本公開作品はほぼ鑑賞しているのですが(80年代作品以前は後追いながら)、最も見返す作品はこの『さよなら子供たち』です。ジュリアンとボネの美しい少年たち、そして、「さよなら子供たち。」と云うジャン神父の姿が美し過ぎる映像と共に今も蘇ります。

関連記事:『さよなら子供たち』監督ルイ・マル主演:美しい二人の少年(ガスパール・マネスとラファエル・フェジト)
関連記事:銀幕の美少年★ガスパール・マネスとラファエル・フェジト:GASPARD MANESSE et RAPHAEL FEJTO
[PR]
by claranomori | 2012-01-27 21:16 | 映画広告芸術・資料箱