あまりにも私的な少女幻想、あるいは束の間の光の雫。少女少年・映画・音楽・文学・絵画・神話・妖精たちとの美しきロマンの旅路♪


by chouchou
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

明けましておめでとうございます☆今年も宜しくお願い致します!2011年の最初はやはりシャルロットと共に♪

b0106921_161247100.jpg
☆新年、明けましておめでとうございます☆

★2010年を振り返り、私個人にとって最も大きな出来事はシャルロット・ゲンズブール!あの大阪公演は生涯忘れることはないであろう、喜ばしき大事件であったと。年末にそのことを綴って終えようと想いながら2011年になりました。時は想い出と共につづれ織り、記憶として心に刻まれ続けてゆく。忘れたようであってもその記憶の扉をふと開けてしまうこともある。意図せず開いてしまい戸惑うこともある...悲しい想い出が今は微笑みを伴うものであることも...本当に心というものは不思議です。今年も、私の心の住人たちと愛する美しきものたちと共に、気ままに私的な思いを綴ってゆくのだと思います。どうぞ宜しくお願いいたします!

2011年の今の私。私にとっての「聖少女」は年月と共にあまりにも素敵に綺麗な存在であり続けてくださる。「往還する女と少女」は私の愛しき鍵でもあります。そんなシャルロット!ずっと大好きで居られることがしあわせでもあります。嗚呼、シャルロット・ゲンズブール!シャルロットを想い、こうしてシャルロットと書くだけで心トキメキます。来日公演でお聴きすることはできなかったのですが、エチエンヌ・ダオとのデュエット曲『IF』を!エチエンヌ・ダオも80年代からずっと好きなアーティストのお一人です♪

★Etienne Daho & Charlotte Gainsbourg /If♪

[PR]
by claranomori | 2011-01-02 16:03 | 想い・鑑賞・読書メモ