あまりにも私的な少女幻想、あるいは束の間の光の雫。少女少年・映画・音楽・文学・絵画・神話・妖精たちとの美しきロマンの旅路♪


by chouchou
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

ニュー・ウェイヴ界の貴公子ビド★ザ・モノクローム・セット 『EINE SYMPHONIE DES GRAUENS』(1979年)

b0106921_1641139.jpg
The Monochrome Set/
Eine Symphonie Des Grauens

1979年 2ndシングル
ROUGH TRADE RT 019
SIDE A:Eine Symphonie Des Grauens (Bid)
SIDE B:Lester Leaps In (Lester Square)


★ザ・モノクローム・セット(THE MONOCHROME SET)の『EINE SYMPHONIE DES GRAUENS』(1979年)2ndシングルです。在庫の整理をしながら、今もトキメク音楽や映画のことは、随時ドンドン書いてゆこうと想います。英国インディー・レーベルの『ラフ・トレード(ROUGH TRADE)』は最初にレーベル買いを始めた思い入れの強いレーベルです。ヴォーカルのビドのお声が大好き!モノクローム・セット(白黒テレビ)は「ネオ・アコ」の代表とも云われますが、「ネオ・アコ」も「ニュー・ウェイヴ」!そして、私はモノクローム・セットというと「ニュー・ウェイヴ界の貴公子:ビド」となります。この『吸血鬼ノスフェラトゥ』捩りの歪んだ奇妙なメロディと歌詞。アート・ロック好きなのでやはりこうした捻じ曲がった美学のアート・ポップがたまらなく好きです。このシングルでのメンバー以下の構成です。ギターのレスター・スクエアもお気に入りです。元アダム&ジ・アンツに居られました。耽美派ロック少女時代の私は、やはり王子様や貴公子風の美形に弱いミーハーで、今も映像を拝見すると嬉しくてトキメクのです。まだまだ蒼い幻想を胸に生きているようです。美形かつ歌声良し!これは凄いことです。耽美派ロック系に限らず、パンク~ニュー・ウェイヴのヴォーカリストは個性的な歌声で上手な方が実は多いです。奇を衒ったようなサウンドやビジュアル面ゆえに見逃されがちなのですが♪

Bass・Percussion - Jeremy Harrington
Drums - J.D. Haney
Guitar・Vocals - Bid
Lead Guitar・Backing Vocals - Lester Square
Mixed By - Dave Hunt
Producer - The Monochrome Set

★1979年のライヴ映像です。スタジオ録音されたものより素敵に歪んだアート・ポップ感!それにしてもビドのハンサム声♪

[PR]
by claranomori | 2010-11-25 17:50 | 耽美派少女の愛した音楽たち