あまりにも私的な少女幻想、あるいは束の間の光の雫。少女少年・映画・音楽・文学・絵画・神話・妖精たちとの美しきロマンの旅路♪


by chouchou
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

女優館VOL.88★イザベル・ユペール:ISABELLE HUPPERT

b0106921_1943587.jpg
イザベル・ユペール:ISABELLE HUPPERT
1953年3月16日 フランス・パリ生まれ
本名:Isabelle Ann Huppert

★”演技派のフランス女優さま”というとこのユペールが先ず浮かぶ。意識して最初に観たのはゴダールの『パッション』が最初だと思っていたけれど、『夕なぎ』の端役が最初だと後に判明。『主婦マリーがしたこと』はとても衝撃的で、なぜかこの華奢な体型とソバカスと意志の強そうな雰囲気に魅せられ続けている。国際的に活躍を続けているイザベル・ユペールはどんな役でも印象的なのです♪

●代表作●
ガブリエル (2005)
ハッカビーズ (2004)
ジョルジュ・バタイユ ママン (2004)  
アンリ・カルティエ=ブレッソン 瞬間の記憶 (2003)  
タイム・オブ・ザ・ウルフ (2003) 
8人の女たち (2002)
いつか、きっと (2002)
ピアニスト (2001)
ココアをありがとう (2000) 
肉体の学校 (1998)  
愛の破片 (1996)
キュリー夫妻 その愛と情熱 (1996) 
沈黙の女 ロウフィールド館の惨劇 (1995)  
愛・アマチュア (1994)  
愛のあとに (1992)  
ボヴァリー夫人 (1991)
マリーナ (1990) 女の復讐 (1989)  
主婦マリーがしたこと (1988)  
悪霊 (1987)  
窓 ベッドルームの女 (1986)  
女ともだち (1983)
ピエラ・愛の遍歴 (1983)  
パッション (1982)
天国の門 (1981)  
勝手に逃げろ/人生 (1979)  
ブロンテ姉妹 (1978)  
判事と殺人者 (1976)  
ローズバッド (1975)  
まじめに愛して (1974) 
バルスーズ (1973)  
夕なぎ (1972)  
夏の日のフォスティーヌ (1971)
[PR]
by claranomori | 2008-04-23 19:43 | 女優館★銀幕の名花たち