あまりにも私的な少女幻想、あるいは束の間の光の雫。少女少年・映画・音楽・文学・絵画・神話・妖精たちとの美しきロマンの旅路♪


by chouchou
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

大好きな映画監督VOL.3 ★ フランソワ・トリュフォー:FRANCOIS TRUFFAUT

b0106921_7171797.jpg

フランソワ・トリュフォー:FRANCOIS TRUFFAUT
生年月日:1932年2月6日 水瓶座 フランス・パリ生まれ 
没年:1984年10月21日

★父は設計技師、母は雑誌社の秘書。しかし、両親はトリュフォーの生後間もなく離婚し、母の再婚後、叔母たちの家に預けられる。幼少期から映画に熱中し、初等教育を終え、15歳から工場で働き始める。しかし長続きはせず職を転々としている内に、友人と映画狂サークルを作り始める。その間にトラブルなどを起こし少年保護観察所に入所したりもしている。1950年には会社をサボりシネマテーク通いを始め、そこの常連のエリック・ロメール、ジャック・リヴェット、ジャン=リュック・ゴダール、クロード・シャブロルらと同人誌を刊行。翌年、失恋の痛手から軍隊に志願するものの、脱走し「カイエ・デュ・シネマ」の映画欄を執筆し、辛辣な批評を発表。1956年にロベルト・ロッセリーニ監督の助手となる。1957年、映画会社の令嬢マドレーヌ・モンゲンステルヌと結婚、翌年短編『あこがれ』を発表し絶賛される。この後、自伝的な処女長編『大人は判ってくれない』でカンヌ映画祭の監督賞を受賞。ヌーヴェル・ヴァーグの旗手として注目され、1962年には『突然炎のごとく』(61年作品)、1968年の『夜霧の恋人たち』、その後も各作品でフランス・シネマ大賞など映画賞を多数受賞。『隣の女』の主演女優ファニー・アルダンと公私に渡る関係となり、1984年に娘ジョゼフィーヌをもうけたが、癌のため10月21日に死去された。遺稿の『小さな泥棒』はクロード・ミレール監督、シャルロット・ゲンズブール主演によって映画化された。

フランソワ・トリュフォーというと「アントワーヌ・ドワネルの冒険」と題されたシリーズと、そのドワネル役のジャン・ピエール・レオーの存在、ジャンヌ・モロー、ナタリー・バイ、デリフィーヌ・セイリグ、イザベル・アジャーニ、カトリーヌ・ドヌーヴ、ファニー・アルダン...と素晴らしきフランス女優さま達、ジュリー・クリスティやジャクリーン・ビセットの英国女優さまたちも♪そういう私の好きな女優さまたちを拝見できると共に、どの作品にも平凡な私のような人間にも共鳴を与えることの出来る、普遍的なテーマを扱ってきたのも、好きな要因だと思う。初めて観たトリュフォー作品はテレビでの『黒衣の花嫁』だった。劇場でのリアルタイムは『日曜日が待ち遠しい』のみ(まさかの早世だったので)。その後、特集などが組まれて過去の作品も徐々に観る機会に恵まれたり、あまりにも大好きな作品はビデオを購入したりして、今もそれらの映画たちが好き♪トリュフォー監督作品で嫌いな作品は全くない程、とても好きな監督☆

●代表作●
フランソワ・トリュフォー/盗まれた肖像 (1993) ドキュメンタリー
小さな泥棒 (1988) 原作
日曜日が待ち遠しい! (1982)
隣の女 (1981)
終電車 (1980)
未知との遭遇 特別編 (1980) 出演
逃げ去る恋 (1978)
緑色の部屋 (1978)
未知との遭遇 (1977) 出演
恋愛日記 (1977)
トリュフォーの思春期 (1976)
アデルの恋の物語 (1975)
映画に愛をこめて アメリカの夜 (1973)
私のように美しい娘 (1972)
恋のエチュード (1971)
家庭 (1970)
暗くなるまでこの恋を (1969)
野性の少年 (1969)
黒衣の花嫁 (1968)
夜霧の恋人たち (1968)
華氏451 (1966)
彼女について私が知っている二、三の事柄 (1966) 製作
マタ・ハリ (1964) 脚本
柔らかい肌 (1963)
二十歳の恋 (1962)
突然炎のごとく (1961)
ピアニストを撃て (1960)
大人は判ってくれない (1959)
勝手にしやがれ (1959) 原案
あこがれ (1958)
水の話/プチ・シネマ・バザール (1957~1989)
王手飛車取り (1956) 出演
[PR]
by claranomori | 2007-05-17 07:06 | 大好きな映画監督