あまりにも私的な少女幻想、あるいは束の間の光の雫。少女少年・映画・音楽・文学・絵画・神話・妖精たちとの美しきロマンの旅路♪


by chouchou
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

『綴り字のシーズン』 少女イライザ(フローラ・クロス:FLORA CROSS)♪

b0106921_2554790.jpg
スコット・マクギー&デヴィッド・シーゲル監督の『綴り字のシーズン』(2005年)は、宗教学者の大学教授ソール・ナウマン(リチャード・ギア)一家のお話。一見何不自由のない幸せな家庭、ナウマン一家。でも、それぞれに家族の誰にも言えない秘密の心があり、次第に均衡が崩れバラバラになろうとする。そのバラバラになったものをまた再生へと向かう優しい力に最後は泣いてしまった...。
b0106921_25301.jpg
完璧過ぎる夫を愛しながらも、実は息が詰まりそうな日々の妻ミリアム(ジュリエット・ビノシュ)。二人には可愛い息子アーロンと娘イライザがいる。父は優秀な息子アーロンに愛情を注ぎ、アーロンもまた誇りに思う父であり尊敬していた。しかし、ある日娘イライザが学校でスペリング大会に優勝して帰ってきた。地区大会でも優勝。とんでもないスペリングの才能を持つ11歳の少女イライザ(フローラ・クロス)。彼女は”目を瞑ると文字が浮かんでくるの”と母に語る。そんな娘の才能を知り、父の愛情の傾きがイライザに大きくなってゆく。イライザは父に抱きしめられ会話する時間が増えとても嬉しい。それまで兄を羨ましく思っていたので。でも、今度は兄が心寂しくなる。何となく分かるなぁ~という感じ...。意外な展開だったのは、ミリアムには幼い頃に両親を失ったことでのトラウマが今も心に強くあった。そのことはソールも知らない。ミリアムには窃盗癖がありその発覚に驚くソール。全国大会が近づく中、家族がバラバラになってゆく。イライザはその様子を見ながら戸惑うけれど、全国大会優勝目前でワザと間違う終わりのシーン、スペルは折り紙《origami》だった。崩れそうな家族の絆を結びつける役目となるこの少女。ミリアムも盗んだ破片たちで形にしていくという秘密の場所、それは心でもあるので、何となく普通の主婦のようで謎めいた役、次第に人格が破綻してゆくミリアムをビノシュは流石に上手く演じていたと思う。
b0106921_2504052.jpg
知らない単語が出てきてもイメージして答える大会。ただの暗記大会ではないので新鮮な感じ。映画初出演となるイライザ役のフローラ・クロスは、パリ生まれのフランス人なので次はフランス映画でお会い出来るかも?台詞は多くはないのだけれど静かな大きな役柄を見事にこなしていた。髪どめのスタイルと大きな瞳、万華鏡を覗くシーンなど、とても可愛く印象強く今も残っている!※この下のお写真のフローラちゃんにキュンとなります!!大スターのリチャード・ギアの手を小さな両手でこの表情☆こんな可愛い少女を見ると心に栄養を頂けます♪
b0106921_250319.jpg

綴り字のシーズン/BEE SEASON
    2005年・アメリカ映画
監督:スコット・マクギー、デヴィッド・シーゲル 原作:マイラ・ゴールドバーグ 脚本:ナオミ・フォナー・ギレンホール 撮影:ジャイルズ・ナットジェンズ 出演:リチャード・ギア、ジュリエット・ビノシュ、フローラ・クロス、マックス・ミンゲラ 

※2007年3月8日に綴ったものに画像を追加いたしました。この少女イライザ役のフローラ・クロスの愛らしさは今もしっかりと焼きついています!嘗てはあまり興味のなかったリチャード・ギアなのですが、実は結構作品を追っています。歳を重ねるごと素敵なお方で今では好きな男優さまとなりました。今年還暦ですね☆そして、ジュリエット・ビノシュも演技力のあるお方でオスカー女優さまでもあります。今年は関西では開催されず寂しいのですが、『フランス映画祭』の団長として来日です☆確定申告を終えたあと、風邪気味となりましたが、積もる一方のお仕事も頑張ってはおります。此方の『少女愛惜』に綴ったつもりでいたもの(『映画の宝石箱』に綴っていたもの)を此方へも記録しておきたいと思います。平行して新しい記事も更新してゆきます。いつもご覧頂いている皆様、ありがとうございます☆
[PR]
by claranomori | 2009-03-13 03:07 | 銀幕の少女たち・少女映画