あまりにも私的な少女幻想、あるいは束の間の光の雫。少女少年・映画・音楽・文学・絵画・神話・妖精たちとの美しきロマンの旅路♪


by chouchou
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

素敵なフランソワーズ・アルディ☆フレンチ・ポップスとして最初に好きになったお方♪

b0106921_10472655.jpg
私の好きな女性ヴォーカル・・・フランソワーズ・アルデイは欠かせない。素敵なアルディ、ちょっと風変わりな女の子、文学少女の風情と洗練された都会の女性、知的でエレガント。”アンニュイ”という言葉が流行した頃、ジェーン・バーキンが紙面を飾っていたけれど、私はアルディを直ぐに想起してしまう。学生の頃、よく通っていたレコード屋さんの店長さんに「バーキンとアルディ、どっちが好きですか?」と訊かれた事がある。私はどちらも好きなのだけれど、迷わず「アルデイさんです♪」と答えたら、その店長さんも「僕もアルディが昔から好きでね。」ってお話してくださった。懐かしい想い出、もうそのお店は無くなってしまったけれど、買わせて頂いたレコードたちは今も私のお部屋にいる。作業をしながらだとCDが便利。リピート再生も可能。すっかり棚に置かれっぱなしの愛すべきレコードたち。でも、大切なもの。特にアルディは個人的にジャケットが欲しいのでお小遣いを随分使ってきた。曲はダブっていて針すら置いていないものもある。別にコレクター意識はないのだけれど、アルディに限ってはツイツイ。

”フレンチ・ポップス”という意識で最初に好きになったお方(ブリジット・フォンテーヌが少し先だけれど、フレンチとかそういうジャンルを超えていたので...でも同じ頃で16歳だった)。俯いたお顔に長い髪のアルディのベスト盤だった(それは今でもアナログ盤でしか発売されていないジャケット)。中には大きな大きなポスターが付いていて嬉しかった。貼るには勿体無いのでレコードの中に入れたまま。日本盤のレコードだと邦題が付いているので、当時はフランス語が読めなかったのでその邦題で曲を覚えていた。その言葉たちから連想されるイメージ、その世界がとても心地良く大好きだったし、今も変わらない。アルディはデビュー初期はカバー曲が多かったけれど、次第に自作曲が主になってゆく。シンガー・ソング&ライターだ。フォーク・ギターを抱えたお姿の数々のお写真、斬新なデザインの粋なファションに身を包んだスラリとした長身のアルデイ♪なんて!素敵なのだろう。

お声について何も書いていない...でも、好きなアーティストって姿形から奏でる音楽やお声、全てに魅力を感じるのだから仕方の無いこと。ルックスに弱い私だし。さて、アルデイのお声、歌唱スタイルは画期的だと思う。その後、今日まで影響を与え続けているように思う。歌い上げる、歌い込むという対極に位置するかのような自然な歌い方。声量が乏しい(ご本人も語っておられた)、それが魅力、個性となったように思う。ブラジルではアストラッド・ジルベルトがいる。歌い手は歌唱力という最大の技量以外にもチャームポイントがあれば!アルディの歌(詩)は私的で寂しく、儚い幻想のようなものが数多くあるけれど、そんな曲にあのお声。囁くかのようにか細く、でも伝わるものはとても深く大きい。

何度か引退宣言をされて悲しい思いをしたけれど、マイペースに今も新作が届くアルディ♪セルジュ亡き後、実はエチエンヌ・ダオーの存在、貢献度はとても大きなもの(アルディのファンでもあるダオはカムバックに一役買っている)。今はもう60代のアルディながら、実にカッコイイ!髪はショートで銀髪に近く、ジャック・デュトロンは夫であり続けているのだ。60年代から今日まで常に素敵なカップル☆

※2007年4月1日に閉鎖した『魅せられし声の美力』で綴ったものです。ブログの整理をしているところ。基本的に少女時代から大好きなお方のことは此方へと思います。『BRIGITTE』内の各コンテンツと連携しながら(重複もありますがご了承ください)♪
[PR]
by claranomori | 2009-02-04 10:46 | 私的少女音楽★愛しき歌姫